PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 萩原正喜
  6.  > 
  7. [コロラド紀行]Vol.57 太平洋戦争中のアメリカでの日系人抑留キャンプの記録展示
News

[コロラド紀行]Vol.57 太平洋戦争中のアメリカでの日系人抑留キャンプの記録展示

#コロラド紀行

2010-09-07 掲載

今年の夏は日本では大変暑い夏日が続いたと聞かされていますが、コロラドでも異常と思える程の大変暑い日が続きました。9月に入って、夜には気温が少し下がって寝苦しいと言う事は無くなりましたが、それでもまだ日中の日差しは強く、我が家の2頭の犬のうち長い毛のジャーマンシェパードの方は外へ出て行きたがりません。

しかしながら、9月2日にはコロラドでは気温が急激に下がって快晴の日中だったのですが、それでも半袖のシャツでは薄ら寒い感じとなり、あわてて長袖のシャツを取り出して着ました。

北のカナダからの寒気団が南下したための一時的な現象だったので、その後再び暑さが戻って来ましたが、日差しが南に傾いてきて、もう今迄の刺す様な暑さはありません。この分では今年の冬は寒い冬となるのではないか?と人々が噂している最近のコロラドです。

9月6日(月)はアメリカでは国民の祝日であるLabor Dayで、土、日、月と3連休となっています。

各お店での「Back to School Sale」(新学期の為の準備特別セール)の売り出しが終わって、その後の「Labor Day Sale」を展開中ですが、11月2日の「Election Day」に向けて今年はこの日にコロラドでは州知事の選挙が行われますので、その選挙戦が激しくなって来ました。

太平洋戦争中のアメリカでの日系人抑留キャンプの記録展示

第2次世界大戦時の日本軍によるハワイ真珠湾攻撃に端を発した太平洋戦争中にアメリカでは時のルーズベルト大統領による大統領令(Executive Order ) 9066号が1942年2月19日に発令されて、アメリカ本土内に当時在住していた日系アメリカ人約12万人の人々に対して1週間以内に指定された場所に集合した後全米で10カ所の土地に設けられた収容所へと輸送されて抑留される事となりました。

コロラド州にはその10カ所のうちの一つである俗称「Amache Camp」と呼ばれている収容所(Internment Camp)が、州の南東の端に在る広大な平地のGranadaの村から約1.7マイル(2.7km)西に、1942年8月27日に設営されてオープンし、日系アメリカ人の人達、最大人口時で7318名が太平洋戦争終結の少し前の1945年10月15日に同キャンプが閉鎖される迄の約3年間の期間抑留生活を過ごしています。

オローラ歴史博物館の全景
オローラ市が運営している「Aurora History Museum」はオローラ市庁舎の脇に造られた平屋建てのこの建物で、その南側に広がる市庁舎前の広場に造られた市のシンボルマークを象った噴水の方から眺めた全景です。周囲を樹木で囲まれていますが、建屋の上に少し顔を出しているビルがオローラ市警察の本署で、左側に遠景のドーム型の屋根が見えているのがArapaphoe郡の地方裁判所となっています。

オローラ市の発足以来及び以前の歴史的な記録を保存展示するために造られた建物ですが、中にはオローラ市の住民の生活や市としてのサービス活動などのPRを含めた展示なども行われています。

このAmache Campのいろいろな記録を保存している資料が7月27日から私の住んでいるオローラ市の私立歴史博物館(Aurora History Museum)で10月31日迄の約3ヶ月間一般公開展示されています。

この太平洋戦争中のアメリカでの日系アメリカ人の抑留については、先にアメリカ政府の犯した人権上の大きな過ちと言う事で連邦議会で討議の結果、大統領書簡でこの過ちを認め、その為に抑留された日系アメリカ人の人達に対して公式な謝罪と金銭的な保証とを時のアメリカ政府が行った事で、われわれ日本に住んでいる人達もこの出来事を知る事となりました。

一方、コロラド州においては、当時コロラド州知事を務めていたRalph Carr知事が「日系人と言えどもアメリカ人である。今回の政府の命令でコロラドのAmache Campへ収容された人達はコロラド州内に居る限り保護され自由な活動を保証する。」という当時の反日感情の溢れるアメリカの状況下としては異例とも思われる知事発令を行い、日系アメリカ人の人達の人権保護を公式に表明した事で知られています。


オローラ歴史博物館の入り口
「Aurora History Museum」の立ち木の左下に見えるのが入り口です。中には基本的に2つの広い部屋となっていて、現在その一つはオローラ市の市民生活の様子を紹介するPR展示、もう一つが今回の「Amache Campでの日系人の生活を紹介する展示」となっていました。

コジンマリとした博物館ですが、オローラ市やコロラド州の歴史を市民へ紹介し関心を持ってもらおうという熱意が内部の各展示に現れているのを感じました

こうした日米2国間での戦争と言う異常事態の間に在って突然の強制収容という環境に対応しなくてはならなくなった日系アメリカ人の人達は大変な体験をする事になったと思われます。

今回のオローラ市歴史博物館での展示会場ではその一角に当時のAmache Campに設けられたバラック建ての仮設住居の1戸分(1部屋)の実物大の部屋が模して造られて、当時の生活状況を知る上で大変有効な展示となっています。

また、展示場の各壁面にはいろいろな解説パネルや日常生活の状況を示す数多くの写真、そして当時人々が使っていた生活用品の数々、さらに当時このAmache Campに収容されていた人々へのインタビューによる当時の回顧談をビデオに収めてモニターTVを通して流しており、非常に多くの当時の資料が大変うまくアレンジされて展示されており、非常に強い感銘を受けました。

記録によりますと、このAmache Campに収容された総勢7318名の人々のうち、その収容期間中に亡くなられた人の数は107名で、新生児として産まれた人の数は415名、住居の総戸数は569戸、そして全米の日系アメリカ人収容の実施を行う為に特別編成された政府機関「War Relocation Authority」のもとでこのAmache Campに勤務していた職員数は953名に及んでいます。

Amache Camp内には学校や病院施設も設けられ、収容された人々の中から先生となって子供達への教育が行われ、特に全体の約半数の人々は農業の経験者であったことから、周囲の広大な土地を耕して本格的な農場が構成され、その収穫農産物は人々の日常を潤す食料となりました。

また、収容者の中にはシルクスクリーン印刷の技術を持った人がおり、収容所では本格的なシルクスクリーン印刷が行われて、その作品なども会場に展示されていました。その他いろいろな日本の手芸、料理、生け花、茶道などのクラスも開催されており、人々が努めて日常生活を有意義に過ごそうと努力されていた事が伺われます。

今回の展示を見学して、強制収容と言う厳しい環境下にあって日系人の人々がいろいろな面でポジテイブ思考で日常生活を過ごしていたと言う事を知り、私にとっては一種の救いとなりました。

太平洋戦争中は日本でも大変な環境にあったのですが、その体験者も日常的に徐々に少なくなってくる年代になって来ています。戦争中の日本人の体験した事柄は多くに記録や展示で日本の人々には知る機会が有りますが、こうした日本とアメリカの2国間に挟まれた日系アメリカ人の人々の体験を通して記録された事実を日本の人々にも展示して見学する機会が出来ると大変良いのではないかと思いました。

[参考検索]

以前のこのコロラド紀行の「Vol.18」で、このAmache Campに抑留されていたことのある経験者でそのキャンプ跡へ毎年訪れている人が居る事を報告しました。今回のレポートと併せて再度ご覧頂けると良いと思います。

[コロラド紀行]Vol.18 コロラドでのIndepenndence Day(独立記念日)

オローラ歴史博物館の開催展示内容の横断幕

現在この「Aurora History Museum」で展示が行われている催し物内容を紹介している横断幕による看板が出ていました。

「Amache:Colorado’s Japanese Internment Camp」July 27 ~ October 31, 2010と言う表示と「Moving Portraits Illustrating Native America」August 17 ~ October 31となっています。

今回のAmache Campの展示とは別にアメリカインデイアンのいろいろな生活の様子を示す絵画や写真の展示が行われていました。


Amache Campの展示会場の入り口の展示

「Amache Colorado’s Internment Camp」のサインがこの各展示の始まり部分です。この日系人抑留の事態がどうして起きたのか?と言う背景の解説から展示の導入部となっています。


Executive Order NO.9066の文章ボード

アメリカ国内の日系人の抑留行動のきっかけとなった、時のアメリカ大統領であったフランクリンルーズベルトより1942年2月19日に発せられた大統領令9066号の文章を表示しています。


全米に10カ所設けられた収容所の解説ボード

ボードの上の部分には、10カ所の収容所のリストが載っていて、

Camp Location Amache Colorado
Camp Population 7318
Date Camps Opened August 27, 1942

ボードの下部にはアメリカの地図に示された各収容所の位置を表示しており、併せて全米各地での大統領令により日系人の人々が集合させられた場所も示されています。

当時日系人の人達は特にカリフォルニア州に多くの人々が広く住んでいた事が分かります。また、収容所はアメリカの最も東に設けられたのが中部のアーカンソー州の2カ所の収容所で、それ以外は全てコロラドのAmache Campより西に在ったと言う事が分かります。


Camp Amache での日系人の人達が住んでいた部屋の再現モデル

展示会場の内部にはAmache収容所での実際の住居の内部を実物大で再現した部屋が設営されて、日系人の人達が3年間過ごした住居の様子が示されています。質素なベッドと冬の寒さに対応するだるまストーブが配置されていますが、燃料は石炭が供給されたのでしょうか?

夜間の照明は裸電球一灯のみで、窓は一重ガラスの大きめなものとなっていますが、開閉が出来ないようになっていた様です。冬の寒さよりも夏の暑さの方が凌ぐのに大変だったのではないかと思われます。

個人の所有物としてはキャンプへの移動に付いて個人が持ち運べるもの迄の持参が許されていましたので、ごく限られた物だけを持ち込まれた事になります。

トイレや風呂/シャワーなどは別の建物にあって共同使用となっていました。これらの部屋の建物は一棟が120フィート(36.6m)X20フィート(6.1m)の広さのバラック建ての家をその内部が6戸に区切られており、

  • 16フィート(4.9m)X 20フィート(6.1m)が2戸
  • 24フィート(7.3m)X 20フィート(6.1m)が2戸
  • 20フィート(6.1m)X 20フィート(6.1m)が2戸

という構成となっていて同居人数に応じて決める様になっていました。


部屋の入り口側から覗いた光景

右側のドアーや窓の外は家の外となっています。家の周囲には日系人の人達が工夫して小さな花壇などが造られた事が展示されている写真で分かります。この造りからするとコロラドとしてはかなり夏は暑く、冬は寒い環境だった事が想像されます。


部屋のベッドの側を見た光景

それぞれの日系人の人達が家から持って来たものを部屋に飾って住居らしくして生活をしていた事が偲ばれます。ベッドは移動型の金属パイプを組み合わせたごく簡易型の物だった様です。


Amache Campの日系人の人達の写真

全てモノクロ写真ですが、キャンプに抑留されていた日系人の人達の写真が壁に沢山展示されていました。いずれも若い人達が撮影されていて皆さん元気にされていた様な光景が救いです。


部屋の窓越しに外から中を覗いた光景

裸電球の照明にだるまストーブといった光景が見られます。


部屋の中から入り口のドアー側を望む光景

入り口のドアーの脇の壁にはこのAmache Campの展示を見学に来た人達の感想をメモ用紙に書いてボードに留めて帰ってもらう様になっていました。既に多くの見学者の印象がメモとして寄せられていました。左の端に和箒が立てかけてありますが、この様な形の箒はこちらでもお店で入手出来ます。


日系人抑留キャンプがコロラドに開設された時のコロラド州知事Ralph Carr氏の胸像

デンバーのダウンタウンには「サクラスクエアー」と呼ばれる場所が在ってその一部が日本庭園式のアレンジとなっていますが、その一角にこの胸像が建てられています。

太平洋戦争の初期に日系アメリカ人を抑留する事となって、コロラドにもAmache Campが設営されたときに「日系人と言えどもアメリカ人だ。」と言う事で、その安全の保証やコロラド州内であれば自由に行動して良い,と言った通達を出して、現在になって改めて「人権の大切さ」の見本として高い評価をされています。

この胸像はコロラドに住む日系人の人達がその時の彼の対応に感謝して建てたもので、後世の今に彼のその時の偉業が讃えられています。


あとがき

今から134年前の1876年8月1日にコロラドはアメリカ合衆国の州として連邦議会とアメリカ大統領の承認を受けてその州としての活動が始まりました。

当時コロラド地区は「Colorado the West」と言う事で、アメリカの西部開拓の最先端の土地柄だったので、その殆どの土地は連邦政府の所有地でしたが、現在でもその名残が残されていて、コロラド州の全体の30%以上の土地はいまだにアメリカ連邦政府の所有管理の土地となっています。

また、太平洋戦争中には日本の広島や長崎に投下された原子爆弾の開発製造計画のいわゆる「マンハッタン計画」の為のウラニュームの採掘がコロラドのロッキー山脈の西斜面の数カ所の鉱山で行われ、併せて、その精製所もコロラド州内に数カ所設けられて、原子爆弾の製造に供給されました。

その後、これらのウラニューム鉱山は原子力発電所の燃料供給に寄与していたのですが、アメリカでの「3マイルアイランド」の原子力発電所の大事故以来アメリカでの原子力発電事業が凍結されてこれらの鉱山は閉山となって現在に至っています。

そして、最近ではこれらの鉱山からの大量な廃棄鉱滓が放置されていて、それらに高レベルの放射能を含んでいる事から、特に河川への流失が大問題となっており、アメリカ政府からの資金援助を受けてこれらの廃棄鉱滓の処置を行わなくてはならないというコロラド州としての環境汚染の一大テーマとなっています。


WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


[ Writer : 萩原正喜 ]
[ DATE : 2010-09-07 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[コロラド紀行]Vol.73 アメリカ特許商標局の分室がデンバーに新設

今年の3月11日から始まったアメリカでのDaylight Saving Time(夏時間)が11月4日で終了して、その午前2時を期して時計の針を1時間遅らせます。これによって、日... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.72 ゴールドラッシュの再現なるか?

アメリカで最も標高の高い所まで自動車で上れる舗装された道路であるコロラドロッキーのMount Evans Highwayは、冬期は多くの積雪の為閉鎖となっていますが、毎年5月下旬... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.71 映画「Jiro Dreams of Sushi」がデンバーで上映

今年の3月はとうとうデンバー地区では降雨、降雪が見られず記録的にも異常な暖かい気候の日が継続しました。そして、4月に入っても1日だけ気温が急激に下がり、一面が真っ白になるほどの降... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.70 創業100周年を迎えるデンバーのGates Corporation

3月11日(日)の午前2時を期して時計を1時間進めるDay Light Saving Time(夏時間)が始まりました。 これにより冬の間日本とコロラドの間の時差は16時間であっ... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.69 アメリカの郵便制度の台所事情

コロラドのデンバーの町の1月のメインイベントで、全米から畜産業者、カウボーイ、そして食肉業者などを集めて開かれる家畜の取引市、それに付帯したロデオ競技会などを含む各種競技でその年... 続きを読む

WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 萩原正喜
  6.  > 
  7. [コロラド紀行]Vol.57 太平洋戦争中のアメリカでの日系人抑留キャンプの記録展示