PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 稲田出
  6.  > 
  7. [ファイルベース収録カメラ最新案内]番外編 ~メリット、デメリットとAVCHD運用の実態~
News

[ファイルベース収録カメラ最新案内]番外編 ~メリット、デメリットとAVCHD運用の実態~

#AVCHD #ファイルベース #ファイルベース収録カメラ最新案内

2010-05-31 掲載

AVCHDの存在をどう考えるか?訊いてみた

AVCHD.jpg
AVCHDロゴ。AVCHD(Advanced Video Codec High Definition)は2006年5月にパナソニックとソニーが基本仕様を策定したハイビジョン動画記録フォーマット。映像にはH.264/MPEG-4 AVC方式が採用されている

気になるフォーマットといえば、「AVCHD」に他ならない。小型ビデオカメラを始めとした収録にはAVCHDフォーマットを採用した機材が増えてきた。ファイルベースカメラも隆盛の昨今、民生用、業務用を含めて小型ビデオカメラのほとんどがAVCHDフォーマットを採用しているといっても過言ではない。

AVCHDは、2006年にソニーとパナソニックが基本的な仕様を策定したフォーマットで、当初は記録媒体にDVDやHDD、メモリーに画像を記録する民生用ビデオ機器のためのフォーマットだったということもあり、非常に効率的な圧縮を行っている半面編集に向いているフォーマットとはいえなかった。

現在では、業務用のビデオカメラもAVCHDで記録するものが増えてきており、編集ソフトもApple Final Cut ProやAdobe Premiere、Sony Vegas、Canopus EDIUSなどが対応しており、当初のように中間コーデックへの変換やインジェストなどを行わなくともAVCHDネイティブでも編集が行える環境が整ってきた。

AVCHDフォーマットは予想以上に業務用ビデオの世界にも普及しているわけだが、ユーザーはどう受け止めているのだろうか、今回AVCHDに関するアンケートを行った。そこで私稲田がそれを元にAVCHDを考察してみようと思う。

今回のアンケートは、過去にAVCHDフォーマットの業務用ビデオカメラを購入したユーザーを対象に調査を行った。

graph1.gif
クリックで拡大

回答者のプロフィールは、映像プロダクション、ビデオソフト制作会社、一般企業の広報映像関係者といった仕事でビデオを利用しているユーザーを合計すると41%で、趣味のユーザーは31%となっている。他のフォーマットよりも趣味のユーザーが高いという点は興味深い。現状、ミドルレンジからローエンドのユーザーが多いといった印象だ。HDVフォーマットのように、ハイエンドからローエンドまで幅広く使われるようになるにはもう少し時間がかかりそうだ。それには、AVCHDがHDV同様、コストや運用面での手軽さを如何にユーザーに訴えることが出来るかにかかっていると言えそうだ。年齢的には40代を中心に50代、30代、20代と続いている。60代以上になると極端に減っているのが特徴だ。


1)AVCHDは手軽に扱えるフォーマットなのか

記録媒体にメモリーやHDDを採用しているので、PCとはUSBなどのインターフェースを使って手軽にマウントすることが可能で、PCのローカルディスクにコピーしても従来のように実時間あるいはそれ以上の時間がかかるということはない。きわめて効率的なワークフローを構築可能なのだが、ユーザーがどう受け止めているのだろうか。

まず、第一印象に関する回答だが、52%と半数以上が良い印象をもっており、良くない印象をもっていたユーザーは14%となっている。すでにAVCHDフォーマットのカメラを所有している以上良い印象をもったユーザーが多いのは当たり前とも言えるが、どちらでもないという回答をしたユーザーが34%いる。第一印象の半数以上は良い印象をもっていたが、実際にAVCHDフォーマットを扱ってみて最初のイメージはどのように推移したのだろうか。

graph2.gif graph3.gif
クリックで拡大

2)食わず嫌いは一生の損。そのイメージと実際の間にあるものは何か

良いイメージを持っていたが、イメージ通りであったが31%あるものの、逆にイメージが悪くなったというユーザーが14%いるのも見逃せない。ただ、個々の感想をみると編集システムのマシンスペックが足りないとか予想以上に重たいという意見が多い。また、少数だが、ファイル管理が面倒という意見もあった。編集環境はやはり高スペックのマシンが必要ということだろう。また、ファイル管理は、テープのように素材をそのまま保存するわけにはいかないので、MXFなどの利用環境など今後に期待したいところだ。

さて、悪いイメージをもっていたが、良くなったというユーザーが、悪くなったというユーザー14%の倍の28%もあり、良いイメージをもっていたが、イメージ通りだったというユーザーを含めるとトータルで59%になっている。最終的には最初に良い印象を持っていたユーザー52%を上回っており、食わず嫌いだったユーザーが結構いたといった印象だ。

3)重いといわれているAVCHD編集の対応

イメージが悪くなったというユーザー14%は、どのような編集ソフトを使っているのだろうか。マシーンのスペックが必要なのは一般的な共通認識といえるだろうが、編集ソフトによっても編集が重い・軽いに影響するはずだ。結論からいうとFinal Cut Proユーザーが大半を占めており、それに次いでPremiere Proとなっている。

面白いことに最初から悪いイメージを持っているユーザーもほぼ同様な結果になっている。逆に良いと判断したユーザーの多くはEDIUSで、次いでVegas Pro、Premiere Proとなっている。

これを見る限りは、AVCHDに対する編集ソフトの優位はEDIUSといえる。Final Cut Proのバージョン(インテルMacか否か)やPremiere ProもMacかWindowsプラットホームまでは、アンケートはとっておらず、CPUの違いやOSの違い、またはソフトのバージョンによるところもあるのかもしれない。 いずれにしてもAVCHDフォーマットを行うには最新のマシーンというだけでなく、最新ソフトが必須といえそうだ。

graph4.gif graph5.gif
クリックで拡大

4)テープからメモリーへ。アーカイブの実態を探る

graph6.gif
クリックで拡大

AVCHDユーザーは撮影した素材の管理・アーカイブをどうしているのだろうか。AVCHDの編集では必然的にファイルベースの編集ということになるので、これは予想通りHDDへ保存が大半を占めている。ただ、納品形態の関係からか、テープやDVDやBlu-rayディスクへ保存しているユーザーも存在する。

このあたり、素材をそのまま保存しているのか納品したものと同じものをバックアップ的に保存しているかでも異なっている。納品形態はやはりDVDが圧倒的多数とはいえ、テープや中にはファイルの状態で納品など実に様々だ。

すでにHD納品が当前かと思われたが、業務用の世界では、インフラがまだDVDが圧倒的多数のため、現状ではBlu-rayは少数派だ。しかしながら、Blu-rayオーサリングはよく行っている、たまに行っている回答を合わせると42%で、今後必要と考えているユーザーも34%いることから、ちょうど今年がDVDからBlu-rayへの変わり目ということになりそうだ。


5)実用期に入ったファイルベース(設問ではテープレス)の運用

テープレスへの課題やフォーマットについてはユーザーによって様々だが、メディアの信頼性やファイルの管理に関しては概ね共通した問題のようだ。実際にメモリーやHDDへ保存したデータが壊れたといった報告はないが、何らかのバックアップは必須と思っているユーザーが大半である。これは、業務でビデオを扱うユーザーであるかぎり避けられない問題で、テープでの収録でも同様であった。

とはいっても、収録から編集にかけての運用は効率的になったと思っているユーザーが多いので、ワークフロー上ここまでの運用はメリットになっているといえそうだ。ただ、メディアのコストを問題にしているユーザーもおり、実際の運用は各ユーザーとも知恵をしぼっている様子が伺われる。

管理の問題は、納品形態に左右されるとともにコストと保存性の問題も関心が高い。HDDにしろ、ディスクメディアにしろ、歴史のあるテープほど経済的かつ長期保存に耐えられないと考えているようだ。このあたりは業務用ユーザーにとっては切実な問題であろう。なかには、放送局の納品がテープからファイルになって欲しいと望んでいるユーザーもおり、運用上のネックは編集からアーカイブにかけて存在しているといえよう。

テープレス化についてどのように思われますか?
  • コストや運用の手軽さは魅力。だが、不意のトラブルが怖い。バックアップが本当にバックアップしているのか不安。やはりテープに頼ってしまう。
  • 納品フォーマットとメディアがバラバラで対応しきれない現状がある。
  • 保管が省スペース。しかし、HDDなので、バックアップをとっていないと不安。バックアップが面倒とちょっとコストがかかる。
  • データの扱いが、簡単になったことはよいが、仮想的にどのフッテージがどこにあるのかを意識しないと、メディアを使いまわすことから、マスターの管理が以前(テープ)よりもシビアになる。
  • 放送局の納品がファイルベースでおこなえると効率アップ&コストダウンに繋がる。
  • 取り込み作業に掛かる時間と手間が大幅に削減されて助かる。32GBの撮影データをHDDに保管しているが、ブルーレイメディアの価格が今のDVD-R並に下がってくれば、HDDとブルーレイにバックアップできて安心。
  • 振動に強く長時間記録でき、ユニットを取り付ければメディアへのラベリングからも開放されるので、非常に便利。
  • テープレス化はいいと思う。HDDやメモリーを使うとテープに戻れない。
  • 映像管理に非常に困っています。
  • テープレス化は当たり前になっていくだろうが、データ納品を受け付けない(特に放送局)場合は、テープに変換しないといけないので、面倒である。また、ムービーデータの形式も膨大になるので、変換できない、読み込まないなど支障が起きている。その垣根を取り払って欲しい。
  • 記録のエラーが無く、コストがかからなければ、取材等は問題ないと思いますが、保存に不安があります。
  • モーターノイズもないし、よいと思うが、操作ミスによるデータの損傷、消去などが怖い。
  • テープレスになって編集が早い。結構満足。
  • バックアップがとれればOK。
  • 基本は手軽で賛成。
  • 複数の記録形式があり煩雑であるが、技術の進歩によるものとあきらめるが、せめて、その間のコンバート方法が確立することを希望。
  • メモリー、HDDなど容量が少ない上に高額である。
  • 便利である反面、デジタルデータであるがゆえにいつデータが飛んでもおかしくないという不安がある。
  • メディアを低価格化し、撮影素材の保管方法システム化、体系化しやすくすることを望む。
  • データの保存が大きな問題だと思う。安価な保存のためのメディアが必要となる。大きな容量で高速な保存装置が必要となる。
  • HDDは、保存メディアにはならず、無機色素のBlu-rayディスクも、テープほど長期の保存は不可能と思われる為、データの長期保存の方法が必要。

6)AVCHDの満足度

今後テープレス化を進めた場合、採用ファイルフォーマットは何をお考えですか?の設問では圧倒的にAVCHDとの回答が多いものの、AppleProResやXDCAMEXとの回答もあり、現状はAVCHDで満足しているが、より上位のフォーマットも視野に入れているといったところだろうか。もちろん、制作内容によって使い分けているという現状もあると思う。

アンケートユーザーが全員何らかのAVCHDフォーマットの機材を使用していることもあり、満足度は非常に高いものの、時代の流れだから仕方がないといった意見もあり、AVCHDよりも良いフォーマットがあれば、いつでも乗り換えるという見方もできる。今後さらなるAVCHDフォーマットの普及の鍵はメディアコストとファイルの管理にありそうだ。


WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


[ Writer : 稲田出 ]
[ DATE : 2010-05-31 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[新・ファイルベース収録カメラ最新案内]Vol.01 カメラ新時代のキヤノンの回答が浮かび上がるXF105

新時代に向けてキヤノンが送り出す異彩を放つカメラとは? カメラメーカーがこぞってビデオを扱い始めた80年代、メーカーは、VHSやベータのデッキを電機メーカーからOEM供給していた... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 ソニーNEX-VG10レビュー

変わりゆくカメラの仕様と分類 デジタル一眼による動画撮影は、最近のトレンドとなっているが、そもそもの始まりは、DOFアダプターであったり、RED ONEだったといえよう。これらは、... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 ソニーPMW-320

小型ビデオカメラは民生機並みのサイクルとバリエーションで次々と新製品が発売され、肩乗せタイプのカメラの領域までもカバーしつつある。特に業務用のカメラは小型ビデオカメラの普及が著しく... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 キヤノンXF300/305開発者が語る

ファイルベース収録カメラシリーズとして、今回は、実際にXF300/305を開発者に話を聞く事が出来た。前回、前々回と合わせて読んでいただければ幸いだ。 XF300/305はど... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 キヤノンXF305によるクロマキー合成トライアル

前回のキヤノンXF305によるレビューを行いたい。今回は、クロマキー合成だ。 ビデオ画像を合成する方法としては色をキーにしたクロマキーと輝度をキーにしたルミナンスキーがあるが、いず... 続きを読む

WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 稲田出
  6.  > 
  7. [ファイルベース収録カメラ最新案内]番外編 ~メリット、デメリットとAVCHD運用の実態~