PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [OnGoing Re:View]Vol.06 AG-AF105 Panasonic〜工夫が活きるシネマUstの魅せ方

News

[OnGoing Re:View]Vol.06 AG-AF105 Panasonic〜工夫が活きるシネマUstの魅せ方

2012-10-24 掲載

スタンダードになったライブ配信メディア

OGRV_06_kawai_1.JPG

Ustreamなどのライブ配信メディアは、テレビをお手本とした構成で進行する。TVドラマ「家族ゲーム」のようなレイアウトで出演者が並びバラエティ番組のスタイルがほとんどだ。これに対して映画のようなカットの切り返しで対談などをライブ配信することを「シネUst」方式と言う。映像的にはパンフォーカスで隅々までピントが合っているテレビバラエティとは異なり、被写界深度を浅くして人物を映画のように印象的に見せるという特徴がある。

近頃隆盛になってきた大判センサー特有の映像をライブ配信でも積極的に活用していこうというものだ。特に最終的な視聴解像度が640×360程度であることが多いライブ配信ではちょっとした絵作りが印象を左右する。

シネUstに響くAG-AF105の魅力

OGRV_kawai_2.JPG

ライブ配信ではマルチカメラによるスイッチングが一般的になっているが「シネUst」でも複数のカメラを組合せることになる。対談などではメインの1、2カメを切り返し用に同じ焦点距離のレンズで揃えてイマジナリーラインを守ったアングルで切り取る。この時、手前の人物をかじることで前ボケを使うとより映画的な印象となる。3、4カメは全体を捉えるカット用とインサートカット用に使うのが一般的だ。この「シネUst」形式の場合、当然のことながらレンズも複数必要になるのでそれぞれのカメラのボディとレンズを何にするか?というのが最初の悩みどころとなる。

被写界深度をコントロールすることを前提とする「シネUst」の場合、レンズ交換が出来るフォーマットを使うというのが大前提となる。フルサイズのデジカメもライブ配信のために外部に信号を出している機種はいくつか存在するが、装着レンズの選択肢の多さとボディの安さなどから私はマイクロフォーサーズを使っている。

「シネUst」をコンポジット信号で行う場合、もっとも安価な選択肢はパナソニックのマイクロフォーサーズカメラGF1になる。このシリーズはすでにGF5が現行機でありGF1はその初期型ということになるが、GF2以降はタッチパネル化したことでコンポジットアウトの信号に文字表示が残ってしまう仕様となってしまった。GF1はこの問題がなく中古でもボディが1万円程度になっているので安価にマルチカメラを始めることが出来る。HDMIアウトを使うことになると現行機種でもあるGH2を使うことになる。さらにHD-SDIにしたい場合はAG-AF105(以下AF105)という選択肢になってくる。全方向位で「シネUst」が行えるパナソニックのラインナップはありがたい。

AF105をそれぞれチューニング

OGRV_kawai_3.JPG

今回AF105を3台借り、自前の1台と合わせて4台のマルチカメラで「シネUst」する機会を得た。スチルカメラとして作られたGH2が4台の場合と比べてボディサイズはかなり大きくなるがモノクロを前提とする場合GH2のフィルムモードの擬似モノクロと違いAF105はリアルモノクロームを使うことが出来る。レンズセットはすでに「シネUst」として20本以上の作品で使ってきた「ライカDRズミクロン50mm/F2.0」を2本と「ライカズミルックス25mm/F1.4」「ズイコーデジタル12mm/F2.0」の計4本を使った。

大きなAF105のボディにこれらのレンズをつけると、まるで昭和の報道用16mmフィルムカメラのような不思議なムードとなった。メーカーも製造年代も違う4本のレンズをマルチカメラにして色合わせするのは至難の業だが、モノクロームだと比較的短時間に設定で違いを吸収できた。特にAF105はGH2より映像の設定項目が細かくカスタマイズできるのがありがたい。ダイナミックレンジストレッチャーを使うことで全体の階調を映画ルックに出来たし、ガンマやマトリックスの設定を変えることで素性の異なるレンズのマルチカメラでも違和感を軽減することが出来た。

コペルニクスの探求、被写界深度の探求

OGRV_kawai_4.JPG

今回のライブ配信は「コペルニクスの探求」という鼎談もので演者は3人。ズイコー12mmを全体を捉える下手カメラに、2本のライカズミクロン50mmを人物切り返し用として上手と下手に配置、ライカズミルックス25mmを上手からの2ショットに配置した。最終的にもっとも使用率の高い人物切り返し用のアングルは背景の本棚のレイアウトなどにも細心の注意を注いだ。本の背表紙の色や揃え方、色なども調整し知的な番組のイメージを作りこんだ。

技術スタッフは3名で、一人が配信とタイトルを、もう一人がスイッチングと上手の50mmを左右に振るカメラマンを兼任、もう一人がサウンドミキサーである。スイッチャーはパナソニックのAW-HS50を使用したが業務機特有の内蔵ファンの音がやや大きく、今回のように話者の2m横でスイッチングをするというような状況には向いていないと感じたが、このファンの音は液晶モニターをパーテーションのように被写体との間に立てることで、高感度なコンデンサマイクに入らないように工夫した。

AW-HS50のボディは小さくスイッチングのボタンのストロークも浅く操作音が出ないのは非常によかった。AW-HS50からのHD-SDI信号は別系統の音声ミキサーからのXLRと共にBlackmagic DesignのUltraStudio 3Dに入力。そこからThuderboltでMacBook Airに入力してUstream Producer Proで配信した。MacBook AirでのCPU使用率はモノクロということもあって常時40%以下で推移した。UltraStudio 3Dは設定によりHD-SDIへのスルーも出るので、それをAG-HMR10Uに入力しエンベデッドされた音声と共にSDHCカードにAVCHDとしてバックアップ録画した。

ただしこの配信機器であるUltraStudio 3Dより下流に収録機であるAG-HMR10Uが位置するレイアウトは、通常の配信ではオススメできない。配信が万が一機材トラブルで落ちた場合、収録も落ちる可能性があるからだ。自前機材でやる場合は必ず映像と音声を一本化した機材から配信と収録に2分岐させる。映像はHD-SDI経由で16:9をマスターとしたが配信ではさらにマスク状のタイトルを乗せることで1:2.35シネマスコープサイズにした。この比率はこれまでの配信でも数多く試しているが、無人カメラで人物が本来の位置からズレた際そのままにしても16:9より自然に見えるというのが採用理由である。さらにそのマスク部分に番組タイトルやスポンサー名を入れることで、Ustreamのどのコマが採用されるか分からないサムネイルでも確実に番組名が見えるというメリットもある。

OGRV_kawai_5.JPG

こうしてAF105のHD-SDIを使いSD高帯域で配信されたアーカイブがこちら。デジタルキャプチャーならではのクリアさと圧縮され小さくリサイズされた配信映像でも印象的な映像となっているのをご確認いただけるだろう。「シネUst」はカメラ目線になる必要がない対談や鼎談ものに用途は限定されるものの印象的なライブ配信には向いているのでないだろうか?大判センサーのビデオカメラも充実してきたのでまた機会があればレポートしたい。


WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


[ Writer : ヒマナイヌ ]
[ DATE : 2012-10-24 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.32 バレットタイム機能を新搭載!次世代360°自撮りカメラInsta360 ONE

©日本テレビ txt:駿河由知 構成:編集部 協力:日本テレビ放送網株式会社、株式会社オールアバウトナビ、Facebook navi 4K・2400万画素の36... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.31 最大25枚のSDカードにリアルタイム収録が可能なBlackmagic Duplicator 4K

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 H.264&H.265エンコーディングをリアルタイムで実行するSDカード・デュプリケーターBlackmagic Duplic... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.30 プロ仕様設計のコンバーター-~Blackmagic Design Teranex AV

txt:稲田出 構成:編集部 Teranexシリーズの上位機種「Teranex AV」 Blackmagic Designは小型コンバーターを得意としたメーカー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.29 一歩進んだGoPro映像制作を~GoPro Karma Grip

txt:松本敦 構成:編集部 GoPro Karma Gripの半年使用レビュー GoPro社から撮影時の手ブレを抑える純正ジンバル「Karma Grip」が発売してか... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.28 ATEM Television Studio Pro HD

txt:井上晃 構成:編集部 Blackmagic Design ATEMシリーズに一体型スイッチャーが登場 本年3月に簡易なコントロールパネルを備えてリニューアル... 続きを読む

WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [OnGoing Re:View]Vol.06 AG-AF105 Panasonic〜工夫が活きるシネマUstの魅せ方