PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.07 iVIS miniは誰にでも使えるアクションカメラ!

News

[ライブ配信手帖]Vol.07 iVIS miniは誰にでも使えるアクションカメラ!

2013-10-15 掲載

化粧品のコンパクトのようなカメラらしくないスタイル。自分撮りに特化した形状。パッと見て何に使うかこれほどはっきりしているカメラもない。ニコニコ動画の「やってみた」「歌ってみた」「踊ってみた」にぴったりのカメラが登場である。早速実機を触ってみたところ実に面白い!これほど使い手のアイデアを刺激するカメラも近年ない。動画カメラが4Kなどの高解像度、交換式レンズの絵作りにシフトしていく中で「自分を撮る」「置いて撮る」というコンセプトに絞ったマーケティングの英断を讃えたい。では、何がそんなに面白いのか?解説していこう。

三脚なしでどのような角度でも保持できるスタイルが面白い!

kawai_07_1.jpg

カメラというのはそれ単体では撮る機能に特化し、どう設置するかは三脚などの外部機器に依存するのが常だ。ところがiVIS miniはカメラ内に内蔵されているスタンドであらゆる角度での撮影を可能にしている。自分撮りの場合、化粧品のコンパクトを開けるように(この喩えがPRONEWSの読者にフィットしているかはさておき)液晶を開ける。カメラの底部には粘りのあるスタンドがありどの角度でもピタッと止まる。自分ではなく相手を撮る場合は液晶を閉じると映像が上下反転する。そして今度は液晶のレンズを逆に開けると通常のビデオカメラのようなスタイルになる。実に考えられている。スタンドを完全に開くと撮ったファイルを再生して見るのに便利。自在に動く液晶のヒンジと粘り気のある底面のスタンドだけで三脚なしにあらゆる方向への固定を可能にしているのだ。

誰にでも使えるアクションカメラとしても面白い!

kawai_07_4-.jpg

GoProを筆頭とするアクションカメラがヒットしているが、サーフィンやパラグライダーなどのスポーツをしない人にとっては買ってみても大量のアタッチメントとケースに戸惑い宝の持ち腐れになることも多い。アクションカメラの特長は魚眼レンズに近い超広角レンズによる主観撮影であり、GoProの場合は170度の画角を持っている。自分撮りに特化したビデオカメラというスタイルのiVIS miniだが、実は画角は160度でGoProにかなり近い魚眼具合なのだ。これは人間が視覚的に認知している視野角に近く、主観撮影の場合は臨場感が出やすい。また自分撮りしながら歩くと回りの風景が大きく映り込み、二人で並んで歩いても余裕で画角に人物が入る。さらにセンターだけを切り出すズーム機能もあるので通常のビデオカメラ的な絵も撮れる。静止画も専用のシャッターボタンが装備されているので魚眼系のスチルカメラとしても面白い使い方が出来る。

ビデオカメラ譲りの細かい設定項目!

kawai07_08.jpg

iVIS miniの設定メニューを見るとどこかで見たような画面だなと感じる。G10やG20などのキヤノン製ビデオカメラと同じメニュー構造なのだ。アクションカメラの多くはホワイトバランスもオートのものが多いがiVIS miniでは屋外、屋内の設定はもちろん白い紙でプリセットも取れるのである。さらにマイク感度なども人の声、音楽など状況に応じてのプリセットも用意されておりきめ細かい。さらに撮影したファイルから任意のファイルを選び1つのファイルに結合変換するときにはG10/G20などについているシネマモードと同等のフィルターを適用できる。カラー映像をモノクロにしたりトイカメラ風にしたりとカメラ内だけで出来て楽しい。撮影時にはこのフィルターは使えないがファイル結合変換の時だけ適用できるという判断は見事だと思う。

動画インターバルが圧倒的に面白い!

もっとも気に入ったのがこの機能だ。インターバル撮影というと静止画の連続が動画になるというのが主流だが、iVIS miniが面白いのは0.5秒の動画をインターバル撮影出来るという機能である。インターバル間隔は5秒、10秒、30秒、1分、10分が選べる。5秒、10秒は液晶がついたままで撮影が続きそれ以上の間隔設定だと撮影するたびにスリープに入りまた復帰するという動作を繰り返す。この機能に関して、百聞は一見にしかずということでサンプルをお見せしよう。

インターバル撮影のサンプル映像

これはタクシーを探しながら歩いて乗り込むまでを、iVIS miniを手に持って自分撮りしながら歩いただけの映像である。自分撮りしているのに他人が撮影しているかのようなワイド感、タクシーに乗っても後部座席全体が入る160度の画角を実感してもらえると思う。そして何より0.5秒の動画の連続体によるインターバル撮影というのが実にイキイキとして面白くないだろうか?バックパッカーが世界を旅しながらこの手法で撮影したら新しいアメリカンニューシネマになるんじゃないか?とさえ思ってしまった。インターバル機能では、間隔は調整できるが1カットあたり撮影出来る動画は0.5秒しか選べない。しかしこの0.5秒という長さは絶妙である。どんなカットでも飽きずに見られてしまうしその連続体もテンポがいい。残念なのは音が録音されないということ。音があればまた違った印象になると感じた。動画インターバルは他にもいろいろ撮影してみたので興味ある人は参照して欲しい。





ビデオスナップと動画インターバルを比較してみる!

動画インターバルが無音なので音が入るビデオスナップと比較してみる。ビデオスナップはiVISシリーズが以前から搭載しているユニークな機能で、1カットの動画の長さを2秒、4秒などに固定できるという機能で音声も同時に記録される。最短のビデオスナップは2秒なので動画インターバル機能の1カット0.5秒よりは長いがこれも自然にダイジェスト映像が出来るので面白い。

意図的に撮影しているということと、2秒であることで動画インターバルとはだいぶ印象が違う。動画インターバルがビデオスナップよりダイナミックに感じるのは、撮影者がいつ撮影されているか意識していない点と、0.5秒動画の連続体によるスピード感にあるのだろう。今はYouTubeなどで権利が処理された音楽をアフレコすることも出来るのでBPM的に0.5秒に合う音楽をセレクトすれば面白いかもしれない。

その他の機能も充実!数少ない欠点は…

インターバル撮影やビデオスナップなどの撮影機能に加えて1/2、1/4のスローモーション撮影などもありスポーツやダンスなどのセルフチェックにも使えそうだ。Wi-Fiを装備していて、スマホのアプリからも撮影のオンオフが出来るので少し離れた場所からも操作できる。アプリは再生ファイルの再生も可能なので、複数人で見る時にも便利。このあたりは最近のビデオカメラ、アクションカメラのトレンドをしっかり取り入れている。数少ない欠点としてはバッテリーが小型なので持ちが悪いこと。特にインターバル撮影のような機能を使うと消耗も激しくスペアバッテリーは必須となるだろう。外部電源は純正オプションとしてACアダプターが用意されている。USB端子も本体についているが、撮影データの吸い上げ用でモバイルバッテリーからのUSB給電は出来なかった。汎用品を使って使用時間を伸ばしたいユーザーは多いと思うのでここは今後改良してもらいたい。もうひとつは動画の撮影ボタンについて。ハードボタンとしては静止画シャッターボタンがついているのだが、動画は画面の中の録画ボタンを押すかスマホのアプリで押すしかない。静止画シャッターボタンに設定で動画の録画ボタンを割り振れればと思うことは多かった。

好奇心旺盛でアクティブなライフスタイルな人にオススメの新世代ガジェット!

kawai_07_6.jpg

iVIS miniはこれまでのビデオカメラともアクションカメラともスチルカメラとも違う新世代のガジェットだ。使ったのは数日にすぎなかったが持っている間は常にワクワクさせられた。自分たちの身体表現やバンドの演奏、ダンスなどを記録するのはもちろん、移動しながらの自分撮りでロードムービー風のセルフドキュメンタリーを撮ることができ、これまでの常識にとらわれないアイデアで使えそうだ。自分撮りに特化したユニークな形状、アクションカメラ顔負けの160度の超広角レンズ、音楽や人の声もクリアに録れるステレオマイク、撮り手の発想を刺激するインターバルやスロー撮影機能。スマホやビデオカメラでは代用できない機能が盛りだくさんのユニークさに筆者は予想を上回るヒットを予感している。


WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


[ Writer : ヒマナイヌ ]
[ DATE : 2013-10-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[ライブ配信手帖]Vol.23 擬似空撮!都市でドローン風映像を撮影するには?〜DJI OsmoとZ-Axis

txt:川井拓也 構成:編集部 一脚で簡単に撮れるドローン風映像の擬似空撮は都市部にぴったり! 「どうも、川井拓也46歳です」 DJI Osmoの発売時にこれ... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.22 野外映像編集を実現するために〜Surface Pro 4とSSD

撮影したあとのデータを事務所や自宅に現場からどう安全に持ち帰るか? 収録メディアが大きなテープから、今や切手より小さいSDカードやmicroSDカードになってきました。撮影し... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.21 DJI Osmoで幕張メッセをウォークスルー!Inter BEEスペシャル!

IntetBEEで実戦投入!俺のOsmo ようやく個人的に入手しましたDJI Osmo!自撮りレポートの新時代を切り開くべく今日は外部マイクのテストであります!今日はオーディオテ... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.20 Roland V-1HD最速レビューその1〜果たしてV-1HDはどんなサイズ感なのか?

txt:川井拓也 構成:編集部 そのスケール感に刮目せよ!なんだこのコンパクトさは! マルチカメラ収録やライブ配信をやっているユーザーが「待ってました!」とおもわず声を出してし... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.18 ジンバル一体型4KカメラOsmoに外部マイクはどうだ?

Osmoの内蔵マイクと外部マイクの音の違いを聞いてみる! 今回は、音声部分についてテストしてみたい。Osmoはほとんどの人にとって擬似空撮や擬似ステディカム、擬似スライダー的... 続きを読む

WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.07 iVIS miniは誰にでも使えるアクションカメラ!