PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 伊藤裕美 > [Anime bless you!]Vol.02 北欧のスタジオが中心となって製作した長編アニメが快進撃

News

[Anime bless you!]Vol.02 北欧のスタジオが中心となって製作した長編アニメが快進撃

2009-01-13 掲載

フィンランドが放った3DCGの長編アニメーション映画『Niko & the Way to the Stars』(監督:Michael Hegner、Kari Juusonen)が、人口5億人を抱えるヨーロッパで快進中だ。(編注:日本での配給は決まっていないため、ここでは仮題として『ニコとスターへの道』と記載する)

サンタクロースのソリを引くトナカイを父に持つ、少年トナカイが尊敬する父のように空を飛ぶトナカイになりたいと困難を乗り越える冒険劇である『ニコとスターへの道』は、フィンランド、ドイツ、デンマーク、アイルランドの合作だ。その中心にいるのは、2000年にフィンランドのヘルシンキに設立されたスタジオのAnima Vitae(アニマ・ヴィタエ)だ。

フィンランドのアニメがトップテン入り

still_niko.jpg 3DCG長編アニメーション映画『Niko & the Way to the Stars』 (C) Anima Vitae, Cinemaker, Ulysses,A.Film & Magma Films
 

『ニコとスターへの道』は、2008年のクリスマス休暇のファミリーをターゲットに公開され、7カ国でトップテン入りした。デンマークで1位を獲得し、注目のフランスでも公開週に6位となった。独走態勢の『マダガスカル2』に続いて、3週目になってもアニメーションジャンルの2位を維持する。そんな本作は、完成前に米国を含む100カ国以上へのセールスに成功していた。わずか数年前まで、フィンランドがアニメーションでこのような快挙をなすと誰が予想できただろうか。

企画開発から進行まで、製作の中心にいたのがAnima Vitaeだ。日本でこの名を知る人は少ないどころか、フィンランド人ですら、社名の呼び方はアニマ・ヴィタエ、アニマ・ヴィーテのどちらでもいいというほど知られていない。2000年にアニマ・ヴィタエを立ち上げたのは、CEO兼プロデューサーのペッテリ・パサネン氏ら若き仲間たち。外部の出資を受けず、独立独歩を維持する精鋭らだ。

人口520万のフィンランドでは、メディアミックスやら、キャラクターのマーチャンダイジングを展開するのは無理がある。メディア産業といっても公共TV局YLE(Finnish Broadcasting Company)が発注する番組や広告の制作が中心だ。アニメーターとて、隣国のエストニアなど旧東欧圏の影響もあり、伝統技法を用いるアニメーション作家が主流だった。そんな中でアニマ・ヴィタエは、CGスタジオとして商業的実績を残してきた。これまでに、テレビ番組では45分ものを6本、22分ものを22本、プライムタイムに週1回放送された15分ものを233話制作している。さらに、200本以上のCMは、数々の受賞に輝いた。パネサン氏らは「週当たりのテレビシリーズで世界有数の競争力をもつ制作パイプラインを目指した」と戦略的な取り組みを明かす。

そんな彼らの目指す先には、長編アニメーションの世界進出という野望があったのだ。設立8年にして製作した長編アニメーション『ニコとスターへの道』は、フィンランドで1970年代以来初めての劇場公開アニメーションとなっただけでなく、世界100カ国以上で公開されるに至った。

多文化・多言語のヨーロッパ制覇の鍵は、共同製作の枠組み

Niko_Poster_France.jpg
『Niko & the Way to the Stars』フランス公開時のポスター
(C)Anima Vitae, Cinemaker, Ulysses, A.Film & Magma Films
American Film Market poster 2007 for international clients

前回のコラムで、ヨーロッパ・アニメーションの躍進の共通点を挙げた。制作拠点の広がり、独立系スタジオやプロデューサーの活躍、中小規模の連携、国際的な共同制作、官民連携の制作支援というものだ。『ニコとスターへの道』は、その模範回答のようなものと言える。

アニマ・ヴィタエは、フィンランド最大規模のスタジオではあるが、40名ほどの中規模であり、若手の独立系プロデューサーらのスタジオとなっている。パサネン氏は、同じCGアニメーションで国際実績を上げていた、デンマークのA. Film(Aフィルム)に共同製作を持ちかける。05年に合意が成立すると、アイルランドのMagma Films、ドイツのUlysses、そしてフィンランドのCinemakerに、ドイツの配給会社Telepoolを加え、国際共同製作の枠組みを作った。その後、カンヌ映画祭受賞者やオスカー候補など、欧州から選りすぐりのスタッフを集め、フィンランド、デンマーク、アイルランド、そしてドイツの4カ国に制作行程ごとに分散させた。こうした制作の背景もあって、完成版は英語、フィンランド語、デンマーク語、ドイツ語の4カ国語となった。当初から国際合作の枠組みであったことから、煩雑な多国語展開に頭を悩ます必要もなかった。

プロデューサーらは、制作段階から「B級は作らない」と公言してパートナーを募った。その結果、英語圏に強い配給会社の米The Weinstein Company(ワインスタイン・カンパニー)と成約。完成前の段階から、100カ国以上での公開が決まったのだ。

「低予算であっても、B級は作らない」

国際的な共同製作を行ってはいるが、低予算という面でも特筆に値する。P&A費(Print(印刷)とAdvertiging(広告)の費用)を除く製作費は、わずか610万ユーロ(約8億円)。同じ3DCGアニメーションの『マダガスカル2』にドリームワークスらが投じた予算の何十分の一という規模でしかない。それでも日本の映画製作予算から見れば大きな額だが、人件費などの高い欧米では、長編で、しかもCGアニメーションでは”低予算”の部類になる。この製作費の半分は、フィンランド以外から集まっていることも特徴だ。

欧米では、製作に必要な最低限の人件費を削ってまで、(日本のように)異常な低予算では製作しないというのが常識だ。それを下支えしているのが、ヨーロッパ内の公的支援だ。製作予算における比率は明らかにされていないが、今回も、資金提供者に、Finnish Film Foundation、Eurimages、Nordic Film & TV Fund、MEDIA Plus、Hamburg Film Fund、Danish Film Institute、Irish Filmboardなどが名を連ねており、製作費の3割程度、あるいはそれ以上の公的資金が入ったと想像できる。

ヨーロッパでは、この公的支援が一種の信用保証になる。だからこそ、「作れれば満足」などという戯言ではなく、「より質の高いものを制作したい」という優秀なスタッフや独立系プロデューサーが、アニメーションスタジオに集まってくる。アニメーターの層が薄かったフィンランドで、長編アニメーションの製作ができた秘密もそこにあるだろう。「当たりそうな劇場アニメーション」と言う噂は、制作段階からヨーロッパのマーケットを駆けめぐる。パサネン氏らの元には、いくつかの配給オファーが早くから来ていたという。

ヘルシンキに興った独立系スタジオの挑戦は、極めて現実的、戦略的だった。仮にハリウッドを真似て巨費を投じることができたとしても、コケてしまえば、次はない。信用を勝ち得たアニマ・ヴィタエは、次の企画を着々と準備している。『ニコとスターへの道』は、ハリウッド的常識の外で、北欧の制作者集団に成功の道筋を与えたようだ。

伊藤裕美(オフィスH


WRITER PROFILE

伊藤裕美 オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。


[ Writer : 伊藤裕美 ]
[ DATE : 2009-01-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[3D&バーチャルリアリティ展]4Kディスプレイや関連カメラ、次世代映像や放送技術の展示も充実

映像業界をカバーする傾向になった3D&バーチャルリアリティ展 6月22日より24日まで東京ビッグサイトで「第19回 3D&バーチャルリアリティ展」が開催された。設計・製造ソリューシ... 続きを読む

[IVR 2010]ステレオスコピック3D関連分野が加わり、会場活性化

第18回 3D & バーチャルリアリティ展が6月23~25日の3日間、東京ビッグサイト東1ホールで開催された。このコンベンションは、これまで産業用バーチャルリアリティ展(IVR)と... 続きを読む

[Cutting Edge]Vol.09 オートデスク制作ワークフローにおけるS3D戦略

オートデスクは、4月に米ラスベガスで開催された2010 NAB Showにおいて、ビジュアルエフェクト製品Flint/Flame/Inferno、エディトリアルフィニッシング製品S... 続きを読む

[DVJ BUZZ TV]Vol.11 3Dブームは、本物なのか?今一度考えてみる!

民生3D対応TV熱が沸騰!新映像市場を席巻する 今年1月の米ラスベガスのCESまでの半年間、各展示会に共通の話題といえば、やはり3Dステレオスコピックの世界的潮流だ。そして今までと... 続きを読む

[Point of View]Vol.21 QTAKE HDソフトウェアのビデオアシストって何?

アスク(東京都千代田区)が、In2Core(スロバキア)製のHDビデオアシストソフトウェアQTAKE HDの取り扱いを開始した。このソフトウェアに、AJA Video System... 続きを読む

WRITER PROFILE

伊藤裕美 オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 伊藤裕美 > [Anime bless you!]Vol.02 北欧のスタジオが中心となって製作した長編アニメが快進撃