PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 伊藤裕美 > [Anime bless you!]Vol.03 政府と業界の合意で進むスウェーデン産業・文化振興

News

[Anime bless you!]Vol.03 政府と業界の合意で進むスウェーデン産業・文化振興

2009-02-10 掲載

前回は北欧パワーの3DCGアニメーション長編映画『Niko & the Way to the Stars』(監督:Michael Hegner、Kari Juusonen、仮題『ニコとスターへの道』)の快進撃をお伝えした。フランスでは12月17日に封切られ、最大391スクリーンで5週間に55万人を超す記録を残した。100万人を超すとヒットと言われる同国で、無名に近いアニメーションの実績としては立派なものだ。同時期に封切られたドリームワークスの『マダガスカル2』と共にトップテン入りもした。他の国でも快調だ。

この快進撃が例外かといえば、そうでない。そこが、今のヨーロッパのおもしろさだ。アニメーションが広がっている、市場性も、そして制作も。引き続き北欧の1つ、スウェーデンの事例を紹介しょう。

アニメーションの広がり、スウェーデンの長編『メトロピア』

ストックホルムの映像制作会社Atmo Media Network(以下、アトモ)を司令塔に制作された、長編アニメーション『Metropia(メトロピア)』(監督:タリック・サレ)が2009年に公開される見通しだ。石油が枯渇した近未来、都市間が巨大な地下交通網で結ばれるヨーロッパで、地下鉄に乗ると不快さを感じる主人公が自分の生活の細部までコントロールされていることに気づき、その世界からの脱出を試みるという、SF風サスペンスだ。

Metropia.jpg

スウェーデンの長編アニメーション映画『Metropia(メトロピア)』 (c)2008 Atmo

SVT(スウェーデン・テレビ)の実写、アニメーションの番組などの商業制作を通じて実績をあげてきたアトモは、イタリア出身、エジプト系スウェーデン人、そしてスウェーデン出身の4人の若手映画作家、プロデューサーが集まって、2000年に設立された若いスタジオだ。今回の『メトロピア』では、創立メンバーの一人でもあるタリック・サレ氏が監督を務めた。

北欧の映画事情に詳しい、ノルディックシネマ・インフォメーションの塩田敦士氏によると、「声のキャストにヴィンセント・ギャロ、ジュリエット・ルイス、ステラン・スカシュゴート、アレクサンデル・スカシュゴート、ウド・キアーと、かなり豪華なメンバーがそろっている」と言う。配給についても、「スウェーデン国内でSandrew Metronome、海外セールスはデンマークのTrust Filmで、共同製作には『ダンサー・イン・ザ・ダーク』などのラース・フォン・トリアー作品で知られるZentropa、近年多くのスウェーデン映画を手がけるFilm i Västなどの名前もみられ、(北欧としては)そうそうたる製作・販売体制がとられていて、スウェーデン初のおとな向け長編CG作品としての意気込みが伺える」。

本作は500ものキャラクターを登場させるCGアニメーションであるにもかかわらず、製作費は約400万ユーロ(約4億8,000万円/換算レート120円/ユーロ)しかかかっていないのだ。国内アニメーション産業が小さいため、制作スタッフの一部はデンマーク、ノルウェー、英国、ベルギーから集めた。スウェーデン人のアニメーターでも外国でトレーニングを受けた人や、アメリカ、ドイツ、台湾などで働いていた人が参加した。交流が活発なヨーロッパでは、純血主義にこだわらない人たちによって、アニメーション制作市場が広げられているのだ。

短編作家も活躍する、『メトロピア』

『メトロピア』は、CGアニメーションの長編にしては低予算のため、3DCGのように見える”3Dカットアウト・テクニック”を用いた。そのスタイルの開発で重要な役割を担ったのが、独立系のアニメーション作家、エーリック・ローゼンルンド氏だ。

1975年生まれのローゼンルンド監督は、初監督作品『The Dark Side of the Morning』で世界デビューした。とりわけカンヌ国際映画祭での評価が高く、2作目の『Compulsion(強迫観念)』(03年)は批評家週間に、4作目の『Looking Glass(鏡の中に)』(07年)は公式コンペティションに出品された。しかし、アニメーション作家としてのスタートは遅い。20代前半にはコミックス作家として活躍した後に、独学でアニメーションを始めた。今はコースがなくなってしまったが、スウェーデン・エクショの美術工芸大学で2年間アニメーションを学び、20代後半で自主制作を始めた。卒業制作となった『The Dark Side of the Morning』への評価が後押しをした。

Rosenlund_LookingGlass.jpg エーリック・ローゼンルンド監督作品『Looking Glass(鏡の中に)』 (c)Erik Rosenlund

独立後は経済的に「かなり厳しいものだった」と、ローゼンルンド氏は振り返る。しかし、カンヌ映画祭での評価は公的助成を受けるきっかけになり、以来生活の不安なく製作に没頭できるようになった。また、公共放送のSVTとYLE(フィンランド国営放送)が共同製作として資金提供する。欧州のテレビ局は独立系作家やプロデューサーの企画に共同製作者として参加するのだ。知的所有権は作家やプロデューサーの手に残るため、放映権のプリセールスに近い。制作主体も強調する日本のテレビ局と異なり、メディアとしての分をわきまえた振る舞いだ。

このように制作実績と国際評価を積んだローゼンルンド氏は、短編の自主制作をする一方で、『メトロピア』のような大型企画に参加する。さらに自身の長編企画も温めている。欧州でも収益が出るのは、テレビ向けの制作と劇場公開作品になる。しかし、日本と異なるのは、日本で”アートアニメーション”と呼ばれる短編と商業映画の間の壁が低いことだ。クリエーターたちは企画の内容や自身の意志で、その間を行き来している。

スウェーデンの映画・映像振興政策

欧州各国は、映画や映像を21世紀型産業と位置づけ、文化産業振興に力を入れる。スウェーデンも同様だ。Svenska Filminstitutet(スウェーデン映画インスティチュート、以下SFI)が、制作から配給までを支援する総合センターとして機能する制度が確立している。その後ろ盾になるのが、スウェーデン政府と業界が取り結ぶ”Government Bill: Focus on film- a new Swedish film policy(政府案:映画に焦点を当てる新しいスウェーデンの映画政策)”の合意(以下、合意)だ。

このような合意は1963年以来続く慣習で、93年からはテレビ局も参加している。06年に発効した合意は、政府と民間のSwedish Exhibitors Association、Swedish Film Producers Association、Swedish Film Distributors Association、SVT、TV4、Temperance Centers’ Association、National Federation of People’s Parks and Community Centres、Association of Swedish Film Distributors、ModernTimes Group MTG、Kanal 5、C More Entertainmentとの間で取り結ばれた。2006年合意には、次のような内容が盛り込まれている。

制作支援:プリプロダクション、実制作、ポストプロダクションへの支援。前払い制度もある。地域制作センターへも支援する。支援の対象は、長編、青少年向け映画、短編、ドキュメンタリー、そしてアニメーション。
開発支援:脚本家、プロデューサー、監督の育成支援、プロジェクト支援がある。また、独立系プロデューサーに対するビジネス支援も行う。
配給と上映支援:国内での上映や劇場公開、海外販売への支援をおこなう。監督派遣などの人的交流も行う。
国際共同製作支援:欧州のEurimagesや北欧のNordic Film and TV Fundの枠組みでの共同製作に必要となるフィーの支援。 作品の不正使用対策。
男女比の是正:女性監督などを増やし、ジェンダー格差をなくすこと。

現在、2010年改訂に向けて協議がなされている。このマネジメントを行っているのがSFIで、”スウェーデン映画・映像の窓口”として内外に門戸を開いている。資金源の1つが映画入場料で、その10%が自動的にSFIに入る仕組みだ。ハリウッド映画の売上も自国の映画産業振興に寄与することになる。さらに、映画業界とテレビ局も資金を供出する。2006年には、SFIは総額3億3700万スウェーデンクローネ(約50億5500万円/換算レート15円/スウェーデンクローネ)を運用した。これとは別にテレビ局は、年間5800万スウェーデンクローネ を、長編、短編、ドキュメンタリーの新作の共同ファイナンス、共同製作そして放映権購入に充てる。合意外にも政府は1億2500万スウェーデンクローネを投入しており、毎年総額5億3000万スウェーデンクローネ(約80億円)が映画・映像の産業・文化振興に投入される。

官民の資金提供を無駄なく活用するために、SFIのような専門機関の役割が重要だ。SFIでは、合意に基づき、1年間に20~25本の長編、約20本のドキュメンタリー、約40本の短編に助成を行う。先のローゼンルンド監督作品や『メトロピア』も、このような助成を受けている。以前は、より多くの作品を助成したが、現在は企画・作品の本数を絞ることで、より優れた作品への助成金額を増やしている。

スウェーデンは、アニメーションの高等教育機関が不足している現状もある。ローゼンルンド氏によると、スウェーデンでは多くの人が国外で教育や研修を受ける。北欧の人の交流状況を見れば、国内だけで人材育成の全てを完結する必要はなく、SFIのような総合センターが見極めをした人や企画に適切な支援をすることで、プロとして意欲と才能ある人たちが国境を越えて活動する姿が見える。日本でも、コンテンツ分野に対する総合的な産業・文化支援が議論されるようになってきたが、人口900万人の小国ながら、スウェーデンの先例は示唆に富む。このような文化産業政策と官民協働の動きが、ヨーロッパのアニメーションを広げているのだ。

伊藤裕美(オフィスH


WRITER PROFILE

伊藤裕美 オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。


[ Writer : 伊藤裕美 ]
[ DATE : 2009-02-10 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Anime bless you!]Vol.04 スイスにおける技術の研究開発と産業化の連携

前回まで、ヨーロッパのアニメーションの拡大をお伝えした。今回は視点を変え、技術の研究開発と産業化の連携を考えてみたい。 ローザンヌのレマン湖 経済産業省は昨年の... 続きを読む

[Anime bless you!]Vol.02 北欧のスタジオが中心となって製作した長編アニメが快進撃

フィンランドが放った3DCGの長編アニメーション映画『Niko & the Way to the Stars』(監督:Michael Hegner、Kari Juusonen)が、... 続きを読む

[Anime bless you!]Vol.01 アニメで世界へ! ヨーロッパのアニメーションが熱い!

ヨーロッパ・アニメーションの躍進には、いくつかの共通点が見られる:  制作拠点の広がり  独立系スタジオ、プロデューサーの活躍  中小規模の連携、国際的な共同制作  官民連携の人... 続きを読む

WRITER PROFILE

伊藤裕美 オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 伊藤裕美 > [Anime bless you!]Vol.03 政府と業界の合意で進むスウェーデン産業・文化振興