PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山本久之 > [Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.13 Final Cut Pro Xを3週間使って見えたこと

News

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.13 Final Cut Pro Xを3週間使って見えたこと

2011-07-22 掲載

評判の良くないFCP X

これほど評判が良くなかったApple製品は久しぶりではないだろうかというほど、このFinal Cut Pro Xの機能が既存ユーザーにとっては気に入られていないようです。iMovieのインターフェースを受け継いだGUI、マルチクリップ編集ができない、EDLをサポートしていない、このあたりが評判を悪くしているベスト3でしょうか。確かに機能のリストをFCP7とFCP Xで比較したとすれば、FCP Xの方が少なくなっているのは歴然です。

yamaQ1201.jpg

私がFCP7に感じていた物足りなさの最大の理由は、バージョン1.0から長く続き過ぎた変化のなさでした。現時点でもまだ、旧来のソフトウエアのしきたりであるCarbonを採用している点や、64bit化していないアーキテクチャなど、レガシーな部分を引きずり過ぎていると不満を感じていました。しかし、日々ルーチンワークの業務で使っているユーザーには、そんな改革よりも安定を望む声が大きかった。その声が大きかっただけに、いかにFCP7が現在の映像制作に大きな役割で食い込んでいたかを証明したことになります。

今や映像業界でApple製品を使うことは、ニッチからメジャーになっていると感じます。これは特にフリーランスのディレクターでは高い比率で浸透しているでしょう。他の職種では若干比率は下がると思いますが、今後Apple製品を使ってみたいという予備軍は少なくないでしょう。FCP7のユーザーをクリエイティビティ(創造性)とプロダクティビティ(生産性)の面から見ると、後者の目的で使っているユーザーから、今回の低い評価が多く出ているように私には見受けられました。FCP Xに移行しようとして、毎日使っている機能がそこにはないのであれば、クレームが出て当然。みんなが新しいFCPを使いたいと思っていただけに、そこでの落胆は大きかったと想像できます。これまでのFCP7には、少なからず物足りないと感じていたからこそ、余計にその反動は大きかったのではないかと思います。

FCP X肯定派の私から見ても、FCP7に比べて足りない部分は明らかです。しかし、秘められたコンセプトには、期待を膨らませてしまう新しい未来を感じるのです。もしも機能面で足りないと感じるのであれば、すぐにはFCP Xにスイッチするのは見送り、当面様子見をすることも選択できます。OS X Lionでも、FCP7は動くことがAppleからアナウンスされています。ただし、同じシステムディスク内にFCP7とFCP Xの共存はお勧めできないともアナウンスされていますので、パーティションを分けて併用するか、FCP7だけにするかの選択になります。

決して悪くない編集機能

yamaQ1203.jpg

マグネティックタイムラインと、AppleはこのFCP Xの新機能をマーケティング的に表現しました。しかし、オーナーとなったユーザー視点から見れば、クリップを押しのけるように磁石が反発し合うようなギミックよりも、一新されたタイムライン全体に私は興奮を感じました。新しい定義のPrimary Storyline(基本シナリオ)、Storyline(シナリオ)、Connected Clip(関連づけされたクリップ)の3タイプのトラックが、これまでのV1、A1のVTRから受け継がれて来た、リニア編集から延長した概念をリセットしました。Primary Storylineではなんと、映像と音声を同じStoryline内に混在することまでできてしまいます。今や映像と音声はタイムライン内では独立したトラックではなく、分類上のクラスでしかありません。

FCP7では独立したトリムウインドウがありましたが、FCP Xではすべてタイムライン上でトリムをはじめとするエディティングを行います。トリム機能の補足として、From/To側のフレームを二分割する機能はPreferenceメニューから有効にはできます。しかし、基本はすべての編集行為はタイムラインで済ませてしまおう、というのがFCP Xのコンセプトです。

タイムラインに配置されたクリップのIN側かOUT側の不要な部分を削除するには、みなさんこれまでどうされていましたか?私の場合は、不要な部分の境界にControl+Vで編集点を追加して、その不要になった新しいクリップをShift+Deleteで削除していました。FCP Xでは不要な部分に再生ヘッドかスキマーを持って行き、Option+[を実行するだけです。これは特別なことではなく、他のいくつかの編集機能でも同様に、これまで複数アクションが必要だった編集を、少ないキーボードショートカットやトラックパッドアクションから実行できるようになっています。これとタイムラインセントリックな編集コンセプトにより、私はFCP7に比べて編集機能の面ではFCP Xのエレガントさを強く感じています。純粋に編集に集中したいエディターにとっては、FCP Xの方が気持ちよく編集できると考える理由がそこにあります。

オーバーライトに関してもFCP Xでは、考え方を改めた方が賢くタイムラインを利用できると思います。V1/A1的なトラックの概念では、VTR編集のようなインサート編集を使っていたと思います。これがノンリニア編集ではオーバーライトモードに相当します。ビデオテープのように上書きはしていますが、実際にはなくなってしまった元の映像もハードディスクの中には残っています。FCP Xではこのオーバーライトが一歩進んだ考え方になり、Connected Clipになりました。メインの編集はPrimary Storylineという「車線」に並べて行きます。それに対して、これまでのようなインサートカットを加えたい場合には、車線を変えてConnected Clipという隣の車線に配置するのです。レイヤー的に見ると上側にあるConnected Clipの方が優先度が高いので、こちらがPrimary Storylineを隠すことになります。

変則的なConnected ClipとしてPrimary Storyline下側にも配置できるので、この場合には配置しただけで表示されることはありません。使い道はいろいろ想定できますが、この新しいタイムラインにはこのようなこれまでにない性格を持っているのです。Connected Clipにより、これまでのような何が何でもオーバーライトのような編集ではなく、いつでもPrimary Storylineから分離可能なクリップとして「浮かせておく」ことで、編集のダイナミック性を維持して行くのがFCP X的な活用したい編集テクニックです。

これまでにも生まれ変わるタイミングはあった

これまでにも新しいFCPをリリースする時期は何度かあったと思います。少なくとも2度はあったと思います。それはver5の時とver7でした。ver5の頃はMac OS Xの認知度も高まり、Cocoaへの移行が予想できた時期です。サードパーティではなくAppleが自らリリースするソフトウエアですから、他社に遅れを取ることは無いはずだろう。そう感じていたのと、アプリケーションが迎えるver5という成熟した時期という背景もあったと記憶しています。

ver7の段階では、もはや背水の陣の感で、この時期に生まれ変わらないのであれば、この先のFCPに未来は無いとすら考えていました。ではどうしてこれら二度の好機を見送って、今年の6月までずれ込んだのでしょうか。AppleはFCPに対して「いつまでもプロ専用のツールでいいのか?」と考えていたのではないか。FCP Xをしばらく使ってみて私はそう感じました。

iPhoneやiPod Touch、iPadには、高品位な映像が記録できるカメラが搭載されています。すでに高品質な映像が簡単に誰にでも撮影できる時代になっています。しかし、iMovieという一般消費者には溶け込みやすそうなアプリケーションがあるにもかかわらず、なかなか映像を撮影後に加工するというステップには進みにくい現状があります。これはMacの中だけではなく、他の環境でも同様です。PowerPointを使ってスライドでプレゼンテーションしたり、Wordを使って書類を整形したりするのは一般にも定着しています。しかし、映像をこれらと同じような感覚で気軽に料理するのは、まだ敷居が高いのです。

撮ることは一般的になりつつある映像を、もっと身近な存在に解放できないか?そんなAppleの期待と戦略があり、FCP Xはそれに弾みをつけるための仕掛けなのではないかと思うわけです。そのため、エディティングツールとしての立ち位置を、これまでのプロフェッショナル向けではなく、映像を制作するすべてのユーザーに広めたのです。映像という表現手法は、活字や写真よりも強烈にインパクトを伝えることができる場合があります。そんな強烈なポテンシャルを秘めたツールを積極的に活用することを、Appleはユーザーに示したいのではないかと思います。

FCP Xは映像を解放する

yamaQ1202.jpg

これまではこの図のように、映像を作るプロは映像に触れることのできるひとたちの一部のグループでした。しかし、映像制作予備軍はこんなにたくさんいるはずで、そんなひとたちにももっと身近に映像を作ることに触れてほしい、そう願ってFCP Xを一般的なユーザーにも使いやすいような仕組みに変更したのではないかと思うのです。今や映像を加工することは特別なものではないのです。

過去にAppleは、FCPはプロフェッショナルが選択する業務用としてのツール、とマーケティング展開した時期がありました。プロだからこそ安定したMac OS Xを使い、その中で動く先進的な編集ツールがFCPであると。FCP Xの登場でそのターゲットがプロだけではなく、映像を使うことができるすべてのユーザーに広げたい意思を感じます。

映像は効果的にメッセージ伝達できるツールにも関わらず、扱いにくいという先入観が高い映像と言うコミュニケーション手法をもっと一般に開放しよう。その中でAppleは人々の創造性を高めるためのツールを提供できる強烈な自信があるのです。その新しいマーケットでAppleは成長できるし、結果的にApple製品を購入した顧客たちに高い満足度を提供できる自信があると考えているのではないでしょうか。


WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


[ Writer : 山本久之 ]
[ DATE : 2011-07-22 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.18 2011を振り返る。Appleにとって大きな節目

今年はAppleにとって大きな節目の年 今年の前半からすでに最大の決定権を持っていると考えられるSteve Jobsは現場から姿を消し、そして10月には実質的にも現場から姿を消しま... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.17 この先もMacは業務で使えるか?

増加するMac対応 11月はInterBEEもあり、今年は例年以上にカメラの新製品が各社から出てくるので、それを取り巻く周辺も含めて見逃したくない製品が映像分野では多くなっています... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.16 Steve Jobsが遺したもの

ついにその日が来てしまった AppleのiPhone4S発表イベントの翌日だったことも、訃報に衝撃を強めたのではないかと思います。Jobsは今年の前半から休養しており、さらにCEO... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.15 姿を消す光学ドライブから見えること

姿を消す光学ドライブ OS X Lionは、Snow LeopardやLeopardに比べて、外見上のユーザーインターフェースも目に見えて進化しましたが、その導入する際の手... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.14 有形から無形へ、その中心に人がいる

ワークフロー構築のむずかしさ twitter上で最近のワークフローについてディスカッションしている中で、一度みんなで顔を合わせて生身の話をしてみようということになりました。突然の... 続きを読む

WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山本久之 > [Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.13 Final Cut Pro Xを3週間使って見えたこと