PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山本久之 > [Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.14 有形から無形へ、その中心に人がいる

News

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.14 有形から無形へ、その中心に人がいる

2011-08-23 掲載

ワークフロー構築のむずかしさ

yamaq20110801.jpg

twitter上で最近のワークフローについてディスカッションしている中で、一度みんなで顔を合わせて生身の話をしてみようということになりました。突然の思いつきにも関わらず、20人近くの映像系関係者が渋谷に集まり、あっという間の2時間半を過ごしました。今回は初めてなのでまだどんな方が集まるのかも未知数で、まずは各自が持っている課題を共通のテーブルに載せることから始めたい、という気持ちがありました。そのため、急いで結論を出すことはせずに、参加者それぞれの事情も同時に持ち寄って、さまざまな事情を出し合いました。

出席された方は、ディレクター、制作と技術、ディーラー、システムエンジニア、ポストプロ、など現在のデジタルワークフローの最前線で課題に向き合っている方たちでした。たとえば、アーカイブメディアの候補の話題になっても、HDD、LTO、Blu-ray、クラウドなど、活動の場によって考え方に違いが見えてきたことが興味深かったです。単純にLTOで、みたいな結論にならなかったことこそ意味があり、ファイルベースのワークフローの難しさが浮き彫りになった一面でした。

ファイルベースワークフローは、誤解を恐れずにひとことで片づけてしまえば、ビデオテープを使わない「制約のない」ワークフローと表現できます。言ってみれば勝手気ままに構築することも可能なわけです。それ故に受け取れる側によっては、拡大解釈が生まれることもあります。同じ専門用語を使っても、受け止める側の知識レベルの違いにより、現場で異なる行動になることもあり得ます。

歴史のある定着していたテープベースのワークフローを採用しない方法に進むということは、言い換えればこのようなスタンダードを設定しにくい制作スタイルへの移行を意味します。そんなつかみ所が探しにくくなる要因は、人間がそれぞれの中心で活動し始めるからです。これまでは、システムが中心で、それに対して人間が機械に合わせてきたことが大半でした。

FCP Xが与えた別の意味

yamaq20110802.jpg

当コラムでも何度も取り上げたように、FCP XはこれまでのFCP 7から一気にコンセプトをジャンプさせて、まったく別の次元に進もうとしています。機能面での違いについては、ネット上や雑誌の誌面でも多くの議論が繰り広げられて、総合するとAppleに対する抗議が大半を占めているように感じます。FCP Xをどのように使っていくかは、各ユーザーによってその数だけ方法論が異なります。新しいツールをどう活かしていけるのかは、まさにユーザーの技量によります。

今回はFCP Xの機能面ではなく、その配布形態やアプリケーションとしての存在について見てみましょう。AppleがMac版のApp Storeを立ち上げたときに、当コラムではこの先アプリケーションはもっとコンパクトになるべきではないかと提案しました。重厚長大なソフトウエアはユーザーに負担になるだけで、柔軟なクリエイティブには不向きではないかと考えたからです。映像に限らず、創る行為の中心にはひとがいます。ひとが何を考えてなにを生み出すかがスタートにあり、その次に目標に向かってどんな方法を選択するかになります。決してこの順番は入れ替わることはあり得ません。

映像制作では、これまで高価なシステムがなければ映像を作ることが不可能でした。コンピュータが進化して安価になって、ソフトウエアが発達したことで、映像制作のすべてがソフトウエアベースに移行しました。それを支えているのはハードウエアではありますが、すでにシステム化することは必須ではなくなっています。この流れが具体的に変化したことが、テープベースからファイルベースへの移行という形になって、私たちの制作スタイルに影響を与えています。特に撮影するカメラがビデオテープを必須としなくなったことがこれに拍車をかけて、テープレスのワークフローへと一気にシフトしようとしています。

FCP Xがパッケージではなく、ダウンロードできるコンパクトなソフトウエアになったことは、制作ツールが今後小さな道具へ変わっていくことの変化なのだと感じました。先日あるUstreamに参加したときに高野光太郎さんがおっしゃっていたことで、とても印象的な言葉がありました。AfterEffectsやFinal Cut Proなどアプリケーションは自分にとってはすべてプラグインのようなもので、制作内容によって使い分けるだけ、そうおっしゃっていました。

常に何をどのように創るかは自分次第なのだ。私は高野さんのその言葉の先にあるものをこのように受け止めました。自分自身が最も重要なアプリケーションであって、自分が使うソフトウエアはすべてその自分アプリが利用するプラグインのような位置づけなのです。私の場合ならいわば、Yamaq.appなのです。Yamaq.appは場合によって、FCP XやMotionでコンテンツを創ることもありますし、時にはKeynoteやPagesでプレゼンテーションのスライドを作ることもあります。

このようなクリエイティブシーンをイメージするときに足かせになるのは、柔軟性のない仕組みです。その場所に行かなければ使えないシステム、高額過ぎるソフトウエア、これらは柔軟なクリエイティブを妨害することになるでしょう。またこんなことを書くと各所からお叱りを受けるのですが、コンパクトなツールだけですべてが制作できるわけでないのはどなたでもご存知なことです。創ることの初期の段階、企画からプランニングくらいまではいろんな試行錯誤や検証が必要です。その最も産みの苦しみを感じるところでは、このようなコンパクトなツールが必要なのだと思うわけです。

実際に制作が軌道に乗れば、規模によっては生産性の高い強力なツールが欠かせなくなることもあります。そんな場合はためらわずポストプロなどのパワフルなシステムを使えばいいのです。言いたいのは、どんなケースでも重厚なシステムでなければダメ、みたいな思考停止はやめましょうという提案です。

無形のサービスからの価値

Appleとは、ユーザーのクリエイティブを開放することを目指している企業です。Macを入手したひとには、それを使うことでそれまでにはなかった経験を与えてくれるでしょう。目を引くテンプレートを使うことで、見る人を引きつけるプレゼンテーションをアピールできるかもしれません。自分で撮影した映像は、思い入れと共にその瞬間の感動と共に風化させずに、貴重な想い出としてデジタル化できるかもしれません。これらを支えているのは、Appleが提供するハードウエアとソフトウエアが連携した製品です。

Apple製品を手にした人たちは、きっとこれを使うことでこれまでにできなかったなにかが可能になるのではないか?そんな良い意味での錯覚を感じることが多いのではないかと思います。その錯覚が、新しいクリエイティブに結びついていくのだと私は思います。

日本はモノづくりの国だと言われてきましたが、その実直で勤勉だと評価される国民性も背中を押して、高い品質の工業製品を生み出してきました。今後はこの流れに加えて形にできない製品、言い換えれば良質なサービスを多く生み出していくことが課題だと思います。ちょうど私たちのいる映像業界はそんな産業ではないですか。映像コンテンツは花火のようで、一瞬のイメージがそのあと長く観る側の記憶に残るものです。

システムインテグレーターからサービスプロバイダーへ

Final Cut Proがバージョン2から3の頃、私は業務用ノンリニア編集システムの構築に多く関わっていました。当時はまだFCPを業務用途で使うことはポピュラーではなく、高価な1,000万円を超えるシステムが幅をきかせていたころです。Mac OS Xなど業務用途で使えるのか?と真顔で言われていた頃です。私はそんな逆風の中で細々とではありますが、でも着実に手応えを感じていました。そして、今やMacベースの編集システムはしっかりと地に足ついたシステムとして定着しています。

そんなMacでノンリニア編集システムを構築していた同業者さんから漏れる声として、FCP Xが出て以来Macの編集システムでは商売になりにくくなる、という意見があります。確かにFinal Cut Proを使ったシステムの出荷数はこれまでに比べて右肩上がりになることはないでしょう。しかし、FCPを使っていきたいと考えている層は決して少なくないですし、微増していくはずだと私は考えています。なぜならば、映像を使ってメッセージを伝えたいと考えている人たちが、業務用以外のところからも現れるからです。

映像のプロの人口は、映像を必要とする人口の中のほんの一握りです。映像を使いたがっている人たちは、プロが知らないところにたくさんいるのです。そう考えれば、これまでの高い技術知識を持っていれば、映像を欲している人たちに向けたビジネスが生まれるのではないでしょうか。ですから、システムインテグレーターだった人たちは、そのノウハウを持って新しいサービスの提供ができるはずです。

そんな途方もないことをイメージさせるきっかけがFCP Xにはありました。単なるひとつの映像編集のアプリケーションなのですが、ユーザーにそんな刺激を与えるAppleは、やはりこれまでにはなかった集団なのです。


WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


[ Writer : 山本久之 ]
[ DATE : 2011-08-23 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.18 2011を振り返る。Appleにとって大きな節目

今年はAppleにとって大きな節目の年 今年の前半からすでに最大の決定権を持っていると考えられるSteve Jobsは現場から姿を消し、そして10月には実質的にも現場から姿を消しま... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.17 この先もMacは業務で使えるか?

増加するMac対応 11月はInterBEEもあり、今年は例年以上にカメラの新製品が各社から出てくるので、それを取り巻く周辺も含めて見逃したくない製品が映像分野では多くなっています... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.16 Steve Jobsが遺したもの

ついにその日が来てしまった AppleのiPhone4S発表イベントの翌日だったことも、訃報に衝撃を強めたのではないかと思います。Jobsは今年の前半から休養しており、さらにCEO... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.15 姿を消す光学ドライブから見えること

姿を消す光学ドライブ OS X Lionは、Snow LeopardやLeopardに比べて、外見上のユーザーインターフェースも目に見えて進化しましたが、その導入する際の手... 続きを読む

[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.13 Final Cut Pro Xを3週間使って見えたこと

評判の良くないFCP X これほど評判が良くなかったApple製品は久しぶりではないだろうかというほど、このFinal Cut Pro Xの機能が既存ユーザーにとっては気に入られて... 続きを読む

WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山本久之 > [Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.14 有形から無形へ、その中心に人がいる