PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 鍋潤太郎
  6.  > 
  7. [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.18 『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』の魅力に迫る
News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.18 『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』の魅力に迫る

#鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線

2012-01-06 掲載

Picture credit : OSA Images /Costume credit : Zaldy Goco / ©2011 Cirque-Jackson I.P., LLC

…さて。新年まっさかりである。今月はちょっと趣向を変えてラスベガスのエンターテインメント最前線の話題を、VFXトピックスも絡めて皆さんにご紹介する事にしよう。

『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』とは

MJTIWT_OSA-IMAGES_14.JPGPicture credit : OSA Images /Costume credit : Zaldy Goco / ©2011 Cirque-Jackson I.P., LLC

北米を中心に世界中のファンを魅了しているシルク・ドゥ・ソレイユ(以下:シルク)が、”King of Pop”マイケル・ジャクソンをテーマにしたツアーショウ『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』を昨年10月よりスタートさせた。筆者はこれ迄に「ミスティア」「O(オー)」、そして現在ハリウッドのコダック・シアターで上映されている「アイリス」も含め、シルクの代表的ステージの数々を鑑賞してきた事もあり、超人的なアクロバットによるステージで有名&強烈な個性を放つ彼らが、「一体どうやってマイケルの世界観を表現するか」という点に個人的にも大変興味があった。

そもそもマイケルとシルクの接点は、1987年に遡るという。サンタモニカ・ピアのテントで行われた公演をマイケルは初めて鑑賞し、大変感銘を受けたのがルーツだそうだ。マイケルはそれ以降、チャンスがあれば公演へ行き、シルクの本拠地であるカナダのモントリオールまで足を運ぶなど、熱心なファンだったという。そうしたシルクとの長年のリスペクト&信頼関係があった背景もあり、シルクとマイケル・ジャクソン・エステートが「これ以上の追悼となる場はないだろう」とパートナーシップを組み、今回のショウの実現に繋がったのだそうだ。このショウは昨年10月2日にモントリオール(カナダ)におけるワールドプレミアで開幕後、全米各地でのツアーを経て、2013年よりラスベガスの常設シアターで上演される予定だという。その一環として、ラスベガスのマンダレイ・ベイ ホテル&カジノにて、昨年12月3日~27日の期間限定公演が開催された。筆者は、早速ラスベガスに飛び、この公演に足を運んでみる事にした。

一路、ベガスへ

筆者の住むロサンゼルスからラスベガスまでは1時間程度のフライトだ。ラスベガスのマッカラン国際空港からシャトルに乗り、目指すはマンダレイ・ベイ ホテル&カジノ。このホテル内の、コンベンションセンターに設置された仮設ステージで、『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル』は上演されていた。コンベンションセンターは、バスケットの試合に使用する広いスポーツ・アリーナという感じだった。アリーナにはメイン・ステージが組まれ、そこから花道がアリーナ席を貫く形でせり出していた。さて、夜7時になり会場の照明が落ちると、いよいよショウの開演である。冒頭では、まずマイケルの生い立ちや栄光の軌跡が、ステージの幕に映し出された。この映像はデジタル・プロジェクター4台によって投影され、画面を上下左右の4象限に分割する事で、高解像度と鮮明な映像を実現。広い会場の遠くの席へも臨場感が伝わっていた。

マイケルの世界観を実現する、数々の『こだわり』

MJTIWT_OSA-IMAGES_20.JPG Picture credit : OSA Images /Costume credit : Zaldy Goco / ©2011 Cirque-Jackson I.P., LLC

言うまでもなく、ショウは非常に素晴らしいものだった。おそらくマイケル・ファンの方は、細部に渡る数々の『こだわり』に、筆者以上に気がついたはずである。ステージでは、「Childhood」「Wanna Be Startin’ Somethin’」「Heartbreak Hotel」など、コアなファンでなくとも必ず何処かで耳にしたであろう、数々のヒットソングが次々に登場。そして、それぞれの曲に合わせて、シルク独特の仕掛けに富んだ舞台セットとアクロバティックなパフォーマンスが展開された。中でも何と言っても圧巻だったのは、「Smooth Criminal」「Monster-Thriller」と「They Don’t Care About Us」だろう。筆者自身は残念な事にマイケルのステージを生で観た経験はないが、この3曲のステージは、「もし『This Is It』のコンサートが実現していたら、きっとこんな感じだったんだろうな」と思う程の大迫力であった。

MJTIWT_OSA-IMAGES_24.JPGPicture credit : OSA Images /Costume credit : Zaldy Goco / ©2011 Cirque-Jackson I.P., LLC

調べてみると、振り付けに参加しているのは映画『This Is It』でもお馴染み、トラヴィス・ペイン氏。シルクのショウでありながら、マイケルのコンサートさながらの臨場感が伝わってきた事にも納得である。また、メイン・ステージ上のダンサーがこれらの楽曲で身に付けていたコスチュームも、『This Is It』コンサートの衣装デザインを担当したザルディ・ゴコが手掛けており、ある意味『This Is It』コンサートの再現に近い雰囲気が味わえると言っても過言ではないだろう。振り付けや衣装のみならず、演奏面でもこだわりが見られた。シルク・ドゥ・ソレイユのステージでは、「あて振り」ではなく本物のミュージシャンが楽器を生演奏するショウが多いが、今回ミュージシャンの顔ぶれを見て驚いた。キーボードは80年代の「BADツアー」で音楽監督として日本にも来日しているグレッグ・フィリンゲインズ。ドラムは、なんと「This Is It」のドラマー、ジョナサン・”シュガーフット”・モフェットだった。音楽面でも、マイケルとゆかりのあったミュージシャン達が起用され、本物の『マイケル・サウンド』が、生演奏で会場内に響き渡っていたのである。

コンサートの為に制作されたVFXも”復活”

nabe1805.JPG平野淳司氏 近影

それだけではない。元々ロンドンで予定されていたコンサート用に制作されたVFXも、このショウで”復活”していた。しかも、映画「This Is It」の中で採用されていたVFXショット以外にも、なんと未公開のショットが一部”復活”、ステージ上のLEDパネルに大きく映し出されていた。どんなショットが復活したかは、ここではナイショにしておくので、公演を鑑賞した際に見つけて頂きたい。

以前筆者がレポートしたように、このVFX制作には、日本人デジタル・アーティスト平野淳司氏が関わっていた。平野氏は当時、勤務していたEntityFXにて、2009年7月にロンドンで開催予定の「This Is It」コンサート用映像のVFX制作作業に参加していた。この中で平野氏は「Smooth Criminal」を中心に数ショットを担当。映画「This Is It」でもお馴染み、マイケルがガラスを突き破るシーンは平野氏が手掛けたものだが、この映像もショウの中で登場していた。では、ここで平野氏のコメントをご紹介してみよう。

私が参加したのは、元々2009年にコンサート『This Is It』の為に制作され、後に映画の中でも採用されたVFXですが、これらは版権の関係で、『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』では使われないだろうと思っていました。しかし、鍋 潤太郎氏からラスベガスのショウで自分のショットが使われていたと聞いてビックリしました。

私が担当したマイケルが窓ガラスを突き破って飛び出してくる「Smooth Criminal」のショットは、MAYAの「Blastcode」というプラグインを使用してガラスの破片を制作しました。制作当時、短期間で仕上げなくてはならず、技術的には高度ではないものの見栄えのあるショットに仕上げてみました。その結果、今回のショウでも使われたのだろうなと思います。この作品には本当にいろいろな思いが残っています。

マイケルの音楽は多感な中高時代に大ブームとなり、そのミュージックビデオもよく見ていたので、当時彼の復活コンサートに関われる事は光栄でした。残念ながら、彼はコンサートの直前に急逝され、「制作したVFXは日の目を見る事が無いのか」と不安もよぎりましたが、後にソニーがドキュメンタリー映画として公開した「This Is It」の中で自分の担当ショットも採用された事で報われました。しかし、映画は短期間しか公開されなかったので、ちょっと残念な気持ちはありました。その映像が、このような形でショウの中で使用され、再び人の目に触れることは予想もしておらず、大変嬉しい事です。

日本人キャストの活躍も

このショウでは、日本人キャストの活躍も見られる。男子新体操選手の鈴木大輔、高橋雄太、田村充宏、谷本竜也、外崎成仁、清水翔吾、野呂昴大の各氏による7名の団体競技は完成度が高く、印象的だった。また、ダンサーとして辻本 知彦氏が参加している他、パーカッション(打楽器)の平野 卓氏がステージにせり出した花道で、華麗なスティック捌きを披露してくれる。このように、見所満載の『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』。必ずしもマイケル・ファンでなくとも、充分堪能出来るエンターテインメントに仕上がっている。特にシルクのファンは必見であろう。皆さんも、是非北米での公演に足を運んでみては如何だろうか。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2012-01-06 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.121 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のVFXスーパーバイザー、ケン・ローストンはかく語りき

芸術の秋なので、秋らしい画像を貼ってみた。なんだかデロリアンが飛んできそうな風景である(笑) 取材&写真:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに 芸術の秋である。本来であ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.120 SIGGRAPH2020 エレクトロニック・シアターレポート

Courtesy ACM SIGGRAPH 自宅のリビングで観るエレクトロニック・シアター。なんかとっても不思議な気分である 取材&写真:鍋 潤太郎 構成:編集部 ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.119 SIGGRAPH 2020の見どころ

昨年のSIGGRAPH 2019にて(筆者撮影)取材:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに さて、夏である。夏と言えばSIGGRAPHである。今年のSIGGRAPH ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.118 バンクーバー在住のVFXアーティストに聞く、現地の動向&新型コロナウイルスの影響について

取材:鍋 潤太郎 写真提供:井崎 崇光 構成:編集部 はじめに 前回は、コロナ禍のモントリオールVFX業界の動向をお伝えしたが、「バンクーバーの動向も知りたいです」とい... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.117 モントリオール在住のVFXアーティストに聞く、現地VFX業界の動向

オールドポートにて(鈴木氏提供) 取材:鍋 潤太郎 写真提供:鈴木 睦英 構成:編集部 はじめに ハリウッドの「VFXハブ」が、カナダのバンクーバーからモントリオ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 鍋潤太郎
  6.  > 
  7. [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.18 『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』の魅力に迫る