PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 鍋潤太郎
  6.  > 
  7. [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.42 「ジュラシック・パーク」のスタッフが語る当時のVFXとは?
News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.42 「ジュラシック・パーク」のスタッフが語る当時のVFXとは?

#鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線

2014-01-07 掲載

取材:鍋 潤太郎、撮影:山下 奈津子、取材協力:Mike Amron / Chair, LA ACM SIGGRAPH

はじめに

ここ明るく楽しい平和なロサンゼルスには、ACM SIGGRAPHの地方分科会である「LA SIGGRAPH」というものが存在する。LA SIGGRAPHでは毎月、月例会を開催している。内容は毎月異なり、新作映画のお披露目やメーキング講演だったり、目新しいテクノロジーの紹介だったりする。

さて、前置きが長くなったが、先ごろ、映画「ジュラシック・パーク」の公開20周年を記念し、VFXに参加したアーティストの方々をパネラーとしてお招きし、当時の思い出を語って頂こうというイベントが行われた。今回は、その模様をレポートする事にしよう。

LA SIGGRAPH / The Digital Artists of Jurassic Park

今でこそ、VFXによるデジタルの恐竜やクリーチャーは珍しい存在ではなくなったが、1993年当時、映画「ジュラシック・パーク」を見た観客は、「生きている恐竜」にド肝を抜かれた。公開から20年が経過した今、当時SFX全盛のハリウッドにデジタル革命をもたらし、同作品を手掛けたデジタル・アーティスト達が、90年代のILMでの体験談や、「ジュラシック・パーク」での苦労話をパネル・ディスカッション形式で披露した。

ここで、パネラーの顔ぶれを紹介しておこう。

スティーブ・ウィリアムズ氏 / 監督、VFXスーパーバイザー、アニメーター、モデラー
NABE_vol42_Steve.jpg 代表作:「アビス」「ターミネーター2」「ジュラシック・パーク」「マスク」「ジュマンジ」等
マーク・ディッペ氏 / 監督、VFXスーパーバイザー
NABE_vol42_Mark.jpg 代表作:「アビス」「ターミネーター2」「ジュラシック・パーク」、監督作「スポーン」
ステファン・ファングマイヤー氏 / 監督、VFXスーパーバイザー
NABE_vol42_Stephen.jpg 代表作:「ターミネーター2」「ジュラシック・パーク」「ツイスター」「パーフェクト・ストーム」「ドリーム・クエスト」「プライベート・ライアン」他
ランダル・デュトラ氏 / VFXスーパーバイザー、アニメーター
NABE_vol42_Randall.jpg 代表作:「ロボコップ」「ロボコップ2」「ジュラシック・パーク」「101ダルメシアン」他

マーク・ディッペ氏:90年代、我々はILMに在籍していました。当時、CGはまだ新しいテクノロジーで、チャレンジの連続でした。しかしILMには潤沢な予算があり、新しい映像表現をめざす優秀な人材が集まっていました。当時の思い出を語ってみましょう。

ランダル・デュトラ氏:私は最初、ティペット・スタジオで働いていました。フィル・ティペットもこの頃、デジタルに感銘を受けたようです。忘れもしない、1992年4月20日の夕方6時30分、フィルがクルー全員を集めて「今から、うちはデジタルでやるから」と発表しました。全員、意味もわからず、凍りついたのを覚えています(笑)。

ステファン・ファングマイヤー氏:90年代のILMでの印象深い作品としては、「ターミネーター2」が大変でしたね。1990年にテストを開始しましたが、2台のビスタビジョン・カメラで俳優ロバート・パトリックを撮影し、その姿をロトスコープして3DCGのアニメーションに起こしました。

90年代初頭は、まだミニチュアのストップ・モーション・アニメーションを多用していました。そんなSFX全盛の中に出来たデジタル・チームは、当時「CG Department(CG部)」と呼ばれていました。そして「ジュラシック・パーク」でデジタル・革命が起こった訳ですが、ILMはテクノロジーの進歩をリードしてきました。

ジェームズ・キャメロンが89年に監督した「アビス」は、その走りだったと言えます。レンダーマンで、初めて複雑なシェーダーを開発した作品でもあります。水柱が人間の顔に変形するシーンでは、俳優の顔をサイバー・スキャンしてモデル・データを起こし、補完してアニメーションを作りました。今でこそ簡単に出来るエフェクトですが、当時は大変な作業でした。

マーク・ディッペ氏:そうそう。レンダーマンがレイトレをサポートしていない時代に、レイトレースのシェーダーを開発しました。

その後に「ターミネーター2」の仕事が舞い込みました。エフェクト・ショットはトータルで2分30秒位しかありませんが、当時としては膨大な長さでした。ちなみに、T1000を演じた俳優ロバート・パトリックは、代役でした。演じる予定だった俳優が事故を起こし、それでロバートが代わりに演じる事になったのです。

この映像は1990年の10月30日に撮影されたテスト映像ですが、ロバートの全身にマジックでメッシュを描いて、ブリーフ1枚で歩いてもらい、それをロトして動きを起こしたのです。当時は、まだSOFTIMAGE3Dの発売前で、インバース・キネマティクスが出来るツールは、世の中には存在しませんでした。

CGモデルは、ロバートの全身をサイバー・スキャンして起こしました。T1000がヘリコプターの中で「Get Out」と言い放つショットは、映画史上初めて「デジタル・キャラクターが話した」記念すべきショットでした。

燃え盛る炎の中からT1000が出てくるショットは、ロバートの演技を30テイク程撮影しておいて、その中からCG素材に合わせ易いテイクを選びました。クライマックスで、溶鉱炉に落ちたT1000が、それまでに変身した全てのキャラクターに連続して変形するショットは、実写の演技をリファレンスにして、CGで起こして、モーフィングで繋いでいるのです。

では、話を「ジュラシック・パーク」に移しましょう。ランダルが経緯を説明してくれます。

ランダル・デュトラ氏:私は、「ロボコップ」や「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」等に参加した経歴を持つアーティストです。ちなみにティペット・スタジオで初めて参加したのは「帝国の逆襲」でした。

私は、レイ・ハリーハウゼンや、日本のゴジラ映画などの影響を受けて育ちました。動物にも興味を持ち、ドローイングやスケッチをして観察するのが好きでしたね。スカルプチャー(彫刻)も沢山作りましたが、そう言った経験が「ジュラシック・パーク」にも生きています。

「ジュラシック・パーク」は、実写とアニマトロニクスを駆使し、そこにデジタルによる表現が追加された革新的な作品でした。その制作には、ILM以外にも、アニメーションのガイドでティペット・スタジオ、アニマトロニクスでスタン・ウィンストン・スタジオが関わっていました。

恐竜の動きは、実在する動物をリファレンスしています。例えば、ブラキオサウルスはキリンを参考にしていますし、ガリミムスの走りはダチョウからヒントを得ています。

当時のILMにはクリーチャーのアニメーションに強いアーティストが居なかった。そこで、ティペット・スタジオでストップ・モーション・アニメを作り、それをガイドにしました。作業は1991年12月頃からスタートしました。当時はまだ、プレビズの時代ではなく、ストーリーボードを壁に張り出しての作業でした。

Tレックスの動きは重量感を出したかったので、象の動きを参考にしています。当時のCGは入力方法に限りがありましたから、DITと呼ばれる金属製の恐竜人形のようなデバイスにポーズをつけて、それでキーフレームを拾ったりもしていました。Tレックスは、ショット毎にサイズを調整して、「見た目優先」でスケールを変更したりもしています。

スティーブ・ウィリアムズ氏:プロダクション初期は、恐竜の人形を使って、全部ストップ・モーションで撮影するというプランでした。そこに新しいテクノロジーのCGを持ち込んで、CGでやろう!とプレゼンしたのです。CGモデルはAlias Power Animatorで起こしました。それにラフな動きをつけて、キャサリン・ケネディー(プロデューサー)にプレゼンしたのです。その結果、ストップ・モーションではなくCGで作る事に決まったのです。

マーク・ディッペ氏:我々は、デジタルで恐竜を作るなら、動きにモーション・ブラーを入れたいと考えました。しかし、当時は計算速度も遅く、大変リスキーでした。なにしろ、モーション・ブラーがないと、ストップ・モーション・アニメのように見えてしまいますから。制作には1年半を費やしました。

プロダクション初期、パントマイムの先生を呼んで、全員で「恐竜に成りきる」演技のクラスも受けました。ある時、倒れた木の上をみんなで走って飛び越えるクラスがありましたが、クルーの1人が木に足を引っ掛けて転び、腕を折ってしまいました。彼は現場に復帰するのに数ヶ月かかりました。映画のシーンの中で、ガリミムスが1匹だけ木につまずいているのですが、それは腕を骨折した彼のビデオ映像を生かしたものです(笑)。

ステファン・ファングマイヤー氏:筋肉の動きを作り、その上にスキンを被せたのも、この作品が初めてでしたね。当時はSOFTIMAGE3D v2.6を使って作業していました。

NABE_vol42_01.jpg 講演中の模様。左からスティーブ・ウィリアムズ氏、マーク・ディッペ氏、ランダル・デュトラ氏、スティーブ・ウィリアムズ氏

Q&Aのコーナー

Q:みなさんは、どうやってILMに入ったのですか?

マーク・ディッペ氏:90年当時、ILMは新しいテクノロジーを使った、コンピューター・アニメーションに興味を持つ人を集めていました。そこに参加したのが我々でした。

Q:「ジュラシック・パーク」はSIGGRAPHにも大きな影響を与えましたね。

マーク・ディッペ氏:思えば、当時のSIGGRAPHはテクニカル・オリエンテッドでしたね。最近では、よりクリエイティブ・オリエンテッドになったという印象を受けます。

Q:JJ(エイブラムス監督の、業界での通称)の新スターウォーズは、どうなると思いますか?

スティーブ・ウィリアムズ氏:きっとレンダーマンを使うので、「トランスフォーマー」ルックな仕上がりになるんじゃないですかね。

Q:VFX表現の今後は、何処へ行くと思いますか?

ステファン・ファングマイヤー氏:VFXの技術は発達しましたが、最近は肝心のストーリーが追いついてない映画が多いように思いますねぇ。昔はストーリー性の高い映画、例えば「エイリアン」なんかはインパクトがあった。

パネラー達は旧知の気心知れたメンバーという事もあり、この辺からなぜか、居酒屋で呑みながら語り合っているような、同窓会ムードに。

ランダル・デュトラ氏:あのね。なぜ「ジュラシック・パーク」が今もなおポピュラーなのか?Tレックスが登場するシーンはわずかだけどね、キャラが立っている。大切なのは、「ストーリー・テリング」だよ。

マーク・ディッペ氏:うんうん。テクノロジーは、ストーリーをサポートするツールであるべきやね~。

スティーブ・ウィリアムズ氏:昔は、映画1本のVFXを1つのVFXハウスが手掛けるというのが主流だったよね。今や世界中にある20の会社が分担して1本作るようなグローバルな時代になっちゃった。制作体制も、規模が大きくなり、組織化され、大きく様変わりしたよ。

マーク・ディッペ氏:そ~そ~。「ジュラシック・パーク」の時なんか、アニメーターは8人だったもんね。

ステファン・ファングマイヤー氏:なんちゅうかね~、「これ、本当に必要なの?」と思ってしまうような、やりすぎ感のあるVFXが多くなったよねぇ。なんかユニークさも欠けとる。もっとストーリーや、内容、脚本に予算を割いた方が良いんじゃない?と思う事もあるんだよね~。

NABE_vol42_02.jpg 終演後はサイン責め

…という訳で、最後はもはやQ&Aの枠を超え、「呑み会での持論のぶつけ合い」みたいな会話で盛り上がってしまい、時間切れとなった。久しぶりに再会したパネラー達の、仲の良さや結束も伺える、楽しいパネル・ディスカッションであった。

とは言え、シリコン・グラフィックスのワークステーションが並ぶ当時の懐かしい制作風景の映像や、制作秘話も飛び出し、非常に聞き応えのある楽しい月例会であった。今年も、興味深いテーマがあれば、LA SIGGRAPH月例会の模様を鋭意ご紹介していきたいと思う、今日この頃である。2014年も、どうかよろしくお願い致します。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2014-01-07 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.121 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のVFXスーパーバイザー、ケン・ローストンはかく語りき

芸術の秋なので、秋らしい画像を貼ってみた。なんだかデロリアンが飛んできそうな風景である(笑) 取材&写真:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに 芸術の秋である。本来であ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.120 SIGGRAPH2020 エレクトロニック・シアターレポート

Courtesy ACM SIGGRAPH 自宅のリビングで観るエレクトロニック・シアター。なんかとっても不思議な気分である 取材&写真:鍋 潤太郎 構成:編集部 ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.119 SIGGRAPH 2020の見どころ

昨年のSIGGRAPH 2019にて(筆者撮影)取材:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに さて、夏である。夏と言えばSIGGRAPHである。今年のSIGGRAPH ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.118 バンクーバー在住のVFXアーティストに聞く、現地の動向&新型コロナウイルスの影響について

取材:鍋 潤太郎 写真提供:井崎 崇光 構成:編集部 はじめに 前回は、コロナ禍のモントリオールVFX業界の動向をお伝えしたが、「バンクーバーの動向も知りたいです」とい... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.117 モントリオール在住のVFXアーティストに聞く、現地VFX業界の動向

オールドポートにて(鈴木氏提供) 取材:鍋 潤太郎 写真提供:鈴木 睦英 構成:編集部 はじめに ハリウッドの「VFXハブ」が、カナダのバンクーバーからモントリオ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 鍋潤太郎
  6.  > 
  7. [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.42 「ジュラシック・パーク」のスタッフが語る当時のVFXとは?