PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.47 ワーナー・ブラザーズの映画スタジオ見学ツアーに参加してみる

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.47 ワーナー・ブラザーズの映画スタジオ見学ツアーに参加してみる

2014-06-03 掲載

©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
取材:鍋 潤太郎 撮影:山下奈津子

はじめに

ここ、明るく楽しいロサンゼルス地方は、ハリウッドのお膝元とあって数々のメジャー映画スタジオが存在する。この映画スタジオの中には、一般向けに見学ツアーを実施しているところもある。例えばユニバーサル・スタジオのように、見学ツアーそのものをテーマパーク化してしまった映画スタジオもあれば、パラマウント・スタジオソニー・ピクチャーズ・スタジオ、そしてワーナー・ブラザーズ・スタジオのように「実際に映画スタジオの中を見学する」スタイルをとっているスタジオもある。今回は、その中でも人気が高い、ワーナー・ブラザーズ・スタジオの見学ツアーをご紹介してみる事にしよう。

どんなツアーなのか

NABE_vol47_01.jpg ©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ワーナー・ブラザーズ・スタジオの見学ツアーは、「VIP Tour」という何とも仰々しいネーミングだ(笑)。しかし、週7日間、朝8時から夕方4時頃まで、15分間隔で実施されているのが嬉しい。事前予約制で、ホームページから予約しておけば誰でも参加する事が可能である。

まずは、バーバンクにあるワーナー・ブラザーズ・スタジオへと向かう。ツアー開始時刻の15分前には到着するよう、少し時間に余裕を持って出掛けたい。VIP Tourの集合場所は、Olive Aveに面したメインゲートから入るのではなく、スタジオ敷地の裏手にある。スタジオ正面に向かって左方向にあるRiverside Driveまでしばらく進み右折してすぐ、最初の信号の角に「VIP Tour&5番ゲート」の標識が見える。その通りがAvon St.なので、これを右折すると見学ツアーのオフィスがある(マップはコチラ)。車の場合は、専用駐車場に停める事が可能だ。

オフィスでレジストレーションを済ませると、いよいよ見学がスタートする。

本物の映画スタジオの中へ

NABE_vol47_02.jpg 12人乗りのカート。これに乗って映画スタジオ内を見学する
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

VIP Tourの所要時間は約2時間で、かなり盛りだくさんの内容である。まずは小さな試写室へ通され、そこでワーナー・ブラザーズの90年に渡る歴史を紹介した映画を観る。これが終わると、外に出て12人乗りの専用カートに乗って、セキュリティ・ゲートをくぐって実際に映画スタジオの中へと入っていく。カートに乗ってスタジオを巡ると、なんだかとても臨場感がある。カートを運転するガイドさんは豊富な知識を持ち、見どころや歴史などを楽しく説明してくれる。

NABE_vol47_03.jpg ガイドさんの案内で、スタジオ内を見学
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
NABE_vol47_04.jpg 各ステージには、これまで撮影されたTV&映画作品の名前が刻まれている
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
■スタジオ・バックロット WB BACKLOT
NABE_vol47_05.jpg 映画「マスク」で機動隊が踊るシーンが撮影されたオープンセット
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

まずはバックロットから。実際に撮影で使われているオープンセットの合間を通り、時折カートを止めては実際に建物の中に入って説明してくれる事もある。その昔、「グレムリン」(1984)で登場した広場や、ジム・キャリーのヒット作「マスク」(1994)で機動隊が踊ってしまうストリート等を見学する事が出来る。「ラストサムライ」(2003)で、銃弾に倒れた信忠(小山田真)をオールグレン(トム・クルーズ)が救出するシーンが撮影された人口池のセットや、「ジュラシック・パーク」(1993)でティラノサウルスに追われるシーンが撮影された道など、見どころ満載である。

NABE_vol47_06.jpg 「ラストサムライ」も撮影された人工池のセット。撮影時に水を満たして使用する。信忠の最期のシーンで、この木に見覚えがある方も多いはず
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

また、かつて人気を博したドラマ「フレンズ」で使用されたセットも展示されている。現在放映中のドラマ「ビックバン★セオリー」や人気バラエティ「エレン」等の公開収録のセット等も(収録スケジュールと重ならなければ)見学する事が出来る。

NABE_vol47_07.jpg 「フレンズ」で実際に使用された、カフェのセット
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
NABE_vol47_08.jpg プロップの部屋には、「ラストサムライ」の鎧も
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
■映画のミュージアムWB MUSEUM
NABE_vol47_09.jpg 「ハリー・ポッター」の衣装も展示してあった
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

続いて、「ハリウッドで唯一」と豪語されている映画のミュージアム、WBミュージアムへ。ここでは、往年の「カサブランカ」(1942)を始め、「バットマン」や「スーパーマン」、「ハリー・ポッター」など数々の名作シリーズで使用された衣装、小道具、クリーチャーなどを見る事が出来る。ここを訪れずしてワーナー見学は語れず(?)。

■映画に登場した車ミュージアム PICTURE CAR MUSEUM
NABE_vol47_10.jpg 歴代のバットモービルが拝める
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ここは数々のテレビ&映画に登場した名車が、6,300スクエアフィートの空間にドドーンと展示してあるミュージアムだ。「バットマン」シリーズ歴代の各バットモービルや、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」で登場した空飛ぶ車、「マトリックス」で使用された車など、正にマニア垂涎もののミュージアムである。

■ギフトショップ VIP TOUR STORE
NABE_vol47_11.jpg レアな品が並ぶ、ギフトショップ
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ツアーの締め括りは、ツアー・ストアでのショッピング。ここでは、一般の店では手に入らない、レアなTV&映画関連グッズの数々が販売されている。「ディレクター」「アクター」と書かれたトレーナー、「フレンズ」のTシャツ、「ビックバン★セオリー」関連のグッズも充実していた。また、売店ではアニメ・キャラクターの名前のついたアイスクリームも販売されていた。ここでお土産を買って、ツアーは終了となる。

おわりに

このVIP Tourは12人まで1つのカートに乗れるので、人数が多い場合は2台以上に分かれて回る事になる。また、お子様は8歳以上であれば参加可能という事である。団体ツアーなどで人数が多い場合は、24人以上の大人数を対象としたGroup Tourも用意されている。こちらは1人あたりの金額が割引になるそうだ。

また、もっとじっくり見学したいという貴兄には、Deluxe Tourがおススメ。こちらは1人$250と少々値が張るが、5時間掛けてゆっくり映画スタジオを見学出来る。もちろん内容もよりディープで、小道具、衣装等を作るクラフト・ショップや、フォーリー(音効)・スタジオの見学に加え、映画スターも利用しているスタジオ内のレストランで食事を取る事も出来るという。

さて、駆け足でご紹介した「ワーナー・ブラザーズ・VIP Tour」だが、その内容はご理解頂けた事と思う。ご興味をお持ちの方は、次回ロサンゼルスを訪問される機会に、是非ともこの「VIP Tour」に挑戦されてみる事をおススメしたい。テーマパークではなく、本物の映画スタジオをカートで回り、自分の目で見て回れるのは貴重な経験になるはずである。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2014-06-03 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.85 「芸術の秋 ジョン・ウィリアムズ Maestro of the Moviesコンサート」

取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに ハリウッド・ボウル。入口にあるサイン。ジョン・ウィリアムズの名前が見える ロサンゼルスは「エンターテインメント・キャピタ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.84 SIGGRAPH2017 エレクトロニック・シアターレポート

夏と言えばSIGGRAPH。背後には映画「This Is It」(2009)でもお馴染みステープルス・センターが見える 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 我々VF... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.83 全米ボックスオフィスに見る、この夏のVFX&長編アニメーション動向

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を上映するセンチュリーシティのAMCシアター 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに アメリカ地方も夏休みに突入し、映画館では話... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.82 SIGGRAPH 2017の見どころ

取材&写真:鍋 潤太郎 もうすぐSIGGRAPH 2017(写真は昨年のアナハイムでのSIGGRAPH 2016) はじめに ♪も~いくつ寝ると~SIGGRAPH~♪... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.81 LA SIGGRAPH月例会「フォトグラメトリーとは」

取材&文:鍋 潤太郎 協力:Leonard Daly / LA Siggraph はじめに さて、今月もLA SIGGRAPH月例会の話題をお届けしよう。LA SIG... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.47 ワーナー・ブラザーズの映画スタジオ見学ツアーに参加してみる