PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 秋山謙一
  6.  > 
  7. [Cutting Edge]Vol.02 皆既日食撮影案内
News

[Cutting Edge]Vol.02 皆既日食撮影案内

#Cutting Edge

2009-07-16 掲載

map-japan.jpg
7月22日 日本各地での日食の様子
国立天文台「皆既日食情報」ページより

7月22日、晴れれば全国で日食が見られる。日食とは、月が地球の周りを公転している間に、太陽と地球の間を通って、月の影が地球上に投影される天文現象だ。地球を周回する月の軌道は楕円軌道であり、時期によって地球に近いときと遠い時がある。そのため、月が地球に近ければ太陽をすっぽりと隠す皆既日食、逆に遠ければ太陽がはみ出す金環日食となる。

月が移動し、地球が自転していくにつれて、地上で月の影も移動していく。月が太陽の一部を隠す段階が部分日食というわけだ。今回は太陽が日の出を迎えたときに皆既日食を迎えているのがインド西部で、インド北部、中国南部の武漢、上海を抜け、日本の吐噶喇(トカラ)列島、硫黄島を通り、太平洋上のマーシャル諸島方面へと抜け、日の入りで皆既日食になっている地域は南太平洋上だ。日本の地上で観測をしようと思えば、硫黄島への上陸はできないので、トカラ列島か奄美大島北部、屋久島、種子島南部に限られる。海外で好条件なのは中国しかない。このうち、雨の多い屋久島、スモッグの多い上海を避けると、観測地域は限られてしまう状況だ。

その月の距離によって、皆既や金環の継続時間も異なってくる。今回は、皆既日食帯の中心線で5分以上。すっぽり隠される皆既継続時間がたった5分しかないのかと思うかもしれないが、通常の日食では3分前後のことが多く、今回のように5分以上も続くというのはかなり長い時間なのだ。それだけ、太陽・月・地球の位置のバランスが好条件ということでもある。加えて、日本では食の最大が11時前後。太陽高度も高く、大気の影響も受けにくいという最適な条件だ。

皆既日食自体は、数年に1度は、世界のどこかで見られる現象だ。日本の近くの洋上でということであれば、1988年3月18日に小笠原沖を皆既日食帯が通っている。観望であれば問題がないが、写真撮影やビデオ撮影ということになると、洋上で船舶の上での作業は困難を極める。日本の地上で皆既日食が観測できるのは、なんと筆者が生まれる前、1963年7月21日に北海道東部を皆既日食帯が通って以来、46年振りとなる。次回は、2035年9月2日に北陸から北関東を皆既日食帯が通るまで、日本では26年間も皆既日食を見ることができない。

さて、日食が近づくにつれて、システムファイブのショップへの問い合わせも増えてきているようだ。海外へ皆既日食を見にいくことがない限り、地上で46年振り、洋上で21年振りの皆既日食であるから、撮影に関する情報はなかなか手に入れにくい。筆者は、大学時代に国立天文台で太陽物理研究(コロナ専攻)をし、その後、タイ日食(1995年10月)とモンゴル・シベリア日食(1997年3月)に天文ショップ主催の日食ツアーに添乗した経験を持つ。数年に1度の皆既日食観測では、その都度機材が変わってしまうことになるが、日食時にどういう現象が起きるか、撮影時に必要なものは何か。日食まであとわずかという段階ではあるが、まとめておこう。

日食時に何が起こるか

SolarEcripse_Observe.jpg 日食時の周囲の変化。欠けていない状態から、食分が0.1進むごとに露出固定で筆者が撮影した。
1995.10.24 タイ ナコンラチャシマ県 バンマグルァマイロンリエン小学校校庭にて
(上段左から)露出1/2000秒 9:37(食分0), 9:52(食分0.1), 10:12(食分0.2), 10:22(食分0.3), 10:35(食分0.4), 10:42(食分0.5) (下段左から)露出1/60秒 10:45(食分0.6), 10:47(食分0.7), 10:49(食分0.8), 10:51(食分0.9)(時刻はいずれもタイ標準時) YASHICA FX-3 Super Carl ZEISS Distagon 35mmF2.8開放 富士フイルムRDP II 


皆既日食を見ることができれば、必ずや不思議な体験をすることになる。日食が進むにつれて、周りの景色が段々と暗くなっていくはずだ。写真やビデオでは、明らかに露出が変わっていくが、肉眼では補正されてしまうため「なんか日の光が弱くなったな」と感じるのは85%くらい欠けないと分かりにくい。むしろ、70%を超えた頃から明らかに感じられるのは、ジリジリとした灼けるような光ではなくなるということだろう。

食分が90%を超えると、もう光の勢いが感じられなくなってくる。太陽が頼りない感じに見えてくるはずだ。風も熱いものではなく、ややヒンヤリとしたものに変わってくる。周りに自然がある場所であるならば、鳥や獣の鳴き声も明らかに変化して動揺が見られ始める。

95%を超えるころには、周囲は急速に暗くなり、かなり風が心地よくなる。大気が急に冷えるため、湿度の高い地域では雲も湧きやすくなる。水平線・地平線が見えるところでは、月の影が近づいてくるのが分かるはずだ。海の底にいるような、ザワザワッと光が揺れるような、シャドウバンドと呼ばれる現象が見られるのはこの頃だ。明るい惑星や1等星などはすでに見え始めている。

皆既直前。月の縁にある谷間から太陽光が漏れるダイヤモンドリングが一瞬現れる。スゥッとダイヤモンドが消えると、太陽を取り巻く真珠色のコロナが光り出すはずだ。この淡いコロナは、コロナグラフという特殊な装置を使うことなしには、皆既日食時しか見ることができない貴重なものでもある。さらに、コロナグラフでは太陽表面に近い内部コロナ部分の観測を行うものであり、太陽から大きく広がった外部コロナは皆既日食時だけの特典だ。

SolarEclipse.jpg 皆既時の多段階露出によるコロナの違い。肉眼では濃いところから淡いところまで見えるが、写真やビデオでは明るい部分が飛んでしまう。皆既時に余裕があれば、露出を変えてみるとコロナの表情が変わって見えるはずだ。
1995.10.24 10:52(タイ標準時) タイ ナコンラチャシマ県 バンマグルァマイロンリエン小学校校庭(101°46’09″E 14°52’09″N)にて筆者が撮影
CONTAX167MTボディ BORG76鏡筒(D=52mm/D4フィルター Fl=600mm)+1.4xTele Converter 富士フイルムRDPII
露出(秒)(上段左から)1/2 1/4 1/8 1/15 1/30 1/60  (下段左から)1/125 1/120 1/150 1/1000


月の影に入ってしまう皆既時は、完全に暗くなってしまうのかというと、そうではない。日の出前・日の入り後1時間くらい常用薄明ぐらいの明るさはある。太陽が頭上にあるのに、水平線・地平線は月の影から出て夕焼け・朝焼けの中のように明るくなっているのは、皆既日食ならではの体験だろう。ここから日食が終わるまでは、逆の経過を辿る。月の影が過ぎ去り、日常が戻ってくる感覚を感じるはずだ。

このように、欠けていく太陽や皆既時のダイヤモンドリングやコロナの美しさはもちろんだが、周囲の自然の変化も体感してもらいたいと思う。

デジタルによる日食撮影時代が到来

SolarEclipse_Equipments.jpg
筆者が日食撮影用にタイに持ち込んだ機材。実際に撮影に使用したカメラで写したので、望遠鏡本体に取り付けてあるカメラは借り物。三脚部分に周囲の様子を写すためのカメラを固定している。

1963年の皆既日食で主流だったのは、モノクロ写真だ。カラー写真もあったが、粒子が粗い時代であり、「階調豊かな写真を撮るにはモノクロで」という状況であったに違いない(記憶が定かでないどころか、生まれてもいないので想像でしかないが)。テレビ放送は、1958年にはカラー化されていたが、一般家庭はまだまだ黒白テレビが主流であった1988年の小笠原沖日食は、カラー写真中心の時代だ。船上でのビデオ撮影は困難なので、皆既日食帯を飛ぶ飛行機をチャーターして機内でビデオ収録と生中継がなされていたことを記憶している。筆者が出かけたタイ日食・モンゴル日食においても、参加者の機材は写真が中心だ。テレビ局関係者を除けば、ビデオカメラによる撮影を試みた人はかなり少ない状況であった。さて、今年のトカラ日食である。機種豊富なデジタル一眼レフカメラによる撮影はもちろん、小型ハイビジョンカメラによる収録もなされるであろう。トカラ日食はまさに、デジタル世代初めての皆既日食となりそうだ。

日食撮影に最低限必要なものは、カメラ本体と減光(ND)フィルター、架台(三脚)の3つだが、どんな感じに撮影したいのかによっても変わってくる。ここでは、95年にタイ日食で撮影した機材をベースに紹介する。タイに持ち込んだ機材は、一眼レフカメラ2台、口径76mmの天体望遠鏡一式だ。なるべく軽い機材を検討したものの、機材・付属品の合計では20kg近い荷物となった。

日食用減光フィルター。手前の丸いタイプが52mmサイズ、四角いタイプが76mm角サイズ。いずれも1/10,000に減光するND10000。後ろは、今回新たに自作したフィルター。ドイツAaader Pranetarium製薄膜フィルター「ASTRO SOLARフィルター 眼視用」を使用。1/100,000に減光できる。左が眼視用、左奥がビデオカメラ用、右が口径12.5cm望遠鏡用。三角の穴の空いたマスクはフォーカス確認用。これを重ねると、フォーカスがずれていると太陽が二重になるので確認しやすい。

機材の中で特殊なものは、やはり減光フィルターだろう。肉眼でさえ眩しくて直視することはできないような太陽であるから、減光するための特殊フィルターは欠かせない。タイ日食では、望遠鏡の筒先に取り付ける52mm径のガラスフィルターを、モンゴル日食時は望遠レンズの前面で使う76mm角のガラスフィルターを使用した。特殊だと書いたのは、太陽を撮影するのでない限り使用することのないようなフィルターだからでり、減光率は1/10,000である。こういう特殊なフィルターは、日食時に数量限定でフィルタメーカーから望遠鏡販売ショップなどを通じて提供されるものがほとんどだ。カメラ量販店などでは、D4(露出倍数10,000倍)やD5(同100,000倍)というアセテートフィルターが販売されていたが、現在ではなかなか手に入らない。販売数量や時期が限られたり、製造中止になったりしているからである。1995年のPL法(製造物責任法)施行以来、太陽撮影時の赤外線・紫外線透過による失明の危険があると思われる製品は次々と廃止されてしまっている。

7月10日、東京・水道橋にある望遠鏡ショップ誠報社でたずねてみたところ、ガラスフィルターは完売で、「ASTRO SOLARフィルター 眼視用」という商品名のドイツ製の薄膜フィルターであるが少量残るのみであった。太陽の眼視・撮影は、黒いフィルターだけでは紫外線を防ぎきれない。目の前にフィルターをかざすと、瞳孔が開き、通常よりも多くの紫外線を入射してしまい、失明につながる危険もある。太陽観測用の特殊フィルターを使わずに見ることは止めて欲しい。

日食撮影はセンサーの焼き付きに注意

さて、ファインダー内で見える太陽の大きさの目安は次のようになる。35mm判フィルム換算で、300mmクラスで外部コロナまでの全体が入る。600~800mm程度で太陽直径が画面の1/4~1/3くらいになり、外部コロナの一部が入る。1200mmクラスになると画面1/2~2/3になり、内部コロナを中心に映し出すことができるサイズとなる。35mmフルサイズのイメージセンサーではないカメラやビデオカメラにおいては、センサーサイズに応じて換算し直して欲しい。小型ビデオカメラにテレコンバーターを付けるだけでそこそこの大きさになるかもしれない。

露出は、ダイヤモンドリングになる直前まで減光フィルターを必要とする。皆既になってしまえばフィルターは不要だ。部分日食から撮影している場合は、皆既直前で素早くフォルターを外し、皆既終了時に素早くフィルターを付けるようにしよう。欠けていない通常の太陽の撮影における標準露出時間は、減光フィルターを使用してISO100のフィルムでF16・1/2000だ。最近のビデオカメラは高感度になっているので、1/100,000の減光フィルターの方が使いやすそうだ。事前にテスト撮影を行って最適な数値を見つけておこう。あとは食分に応じて露出を増やしていけばよい。面積で効くので、食分が0.5になると露出は2段階長くなる。

筆者が試しに購入した薄膜フィルターは、減光率1/100,000のものだ。小型AVCHDカメラレコーダーに取り付けてみたが、露出・IRISの調整範囲内には収まっているようである。最近のビデオカメラはイメージセンサーの感度が高いので、焼き付きなどには細心の注意を払って収録をしてもらいたい。

フォーカス合わせにも気を遣おう。レンズの無限遠は、本来の無限遠位置にあるわけではない。しかも月と太陽は無限よりも近い位置にあるので、微妙にフォーカス位置が異なる。しっかり確認したい。日食撮影は長時間になるので、熱によるフォーカス移動も発生する。随時確認する必要がある。太陽の縁がシャープに見える位置を探そう。さらに、固定焦点のレンズでなくズームレンズを使用する場合は、ズーム機構が動かないようにテープなどでしっかり留めておこう。

ThaiSolarEclipse.jpg
皆既時に多段階露出を行った10枚の画像から合成。太陽表面のプロミネンス、内部コロナ、外部コロナが分かりやすくなり、肉眼でのイメージに近い。

架台も重要だ。皆既時に広がって見える外部コロナは、太陽直径の数倍に達する長さで東西方向に伸びる。上下左右で合わせる三脚は「経緯台」と呼ばれる方式だが、基本的に太陽も月も日周運動をしているので、長時間追い続けると視野が回転してしまう。気付いたらコロナが視野の単辺方向になっていたということもありうる。これを回避したいなら、北極星の周りに軸を回転できる「赤道儀」と呼ばれる望遠鏡架台を使うのが望ましい。日周運動に合わせて動くので、視野の東西南北も固定できるので好都合だ。

日食撮影は、太陽を追いかけていれば簡単に撮影ができると思っていると、意外にあわただしい。気付くと、フォーカスや露出の調整や、架台の微調整に追われて、せっかくの天文現象の印象が残らないなんてこともある。周りの景色の変化や大気の変化、動物達の様子の変化なども合わせて、世紀のイベントをじっくりと体感しつつ楽しんでもらいたい。

Sun20090714.JPG 7月14日11:33の太陽面。目立った黒点も無く、のっぺりとした印象だ。
パナソニック民生AVCHDカメラHDC-TM300で筆者が写す。デジタルズームは使わず、テレ位置(35mm換算で490mm)で静止画撮影。トリミングなし。露出1/8000秒・絞りF2.8

WRITER PROFILE

秋山謙一 映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。


[ Writer : 秋山謙一 ]
[ DATE : 2009-07-16 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Cutting Edge]Vol.10 iPhone 4 HD720p・海外パケットし放題で変わる取材活動

フルモデルチェンジをしたiPhone 4が6月25日に発売となり、発売後3日間で170万台を達成したようだ。iPhoneが登場して3年、日本でiPhoneが3Gが発売されて2年。同... 続きを読む

[Cutting Edge]Vol.09 オートデスク制作ワークフローにおけるS3D戦略

オートデスクは、4月に米ラスベガスで開催された2010 NAB Showにおいて、ビジュアルエフェクト製品Flint/Flame/Inferno、エディトリアルフィニッシング製品S... 続きを読む

[Cutting Edge]Vol.08 AVCCAMとPremiere Proで快適ネイティブ編集を実現

アドビ システムズが2009年10月23日に赤坂ブリッツで開催したAfter Effects Night Vol.03。その参加者のなかからパナソニックAVCCAM AG-HMC1... 続きを読む

[Cutting Edge]Vol.07 ドラマ『不毛地帯』でAdobeソリューションを活用

タイトルバック内 素材画像 (C)フジテレビジョン フジテレビ開局50周年記念連続ドラマとして、2009年10月からフジテレビ系全国ネットで2クール連続放送中の『不毛地帯』(木曜2... 続きを読む

[Cutting Edge]Vol.06 NVIDIAのプロ市場向け戦略を本社市場開発マネジャーに聞く

CGにおいても、ノンリニア編集のエフェクトにおいても、GPUを活用したグラフィックス処理は欠かせないものとなっている。最近では、GPUで演算処理を行うGPUコンピューティングの活用... 続きを読む

WRITER PROFILE

秋山謙一 映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 秋山謙一
  6.  > 
  7. [Cutting Edge]Vol.02 皆既日食撮影案内