PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Switch to CS5]Vol.01 Mac映像編集ワークフローは、64bitで行こう!

News

[Switch to CS5]Vol.01 Mac映像編集ワークフローは、64bitで行こう!

2010-11-10 掲載

txt:松原雅人

CS5にスイッチする理由!?

Adobeが10月から衝撃的なキャンペーンをスタートした。11月19日まで行われる「CS5 Production Premium “Switch”キャンペーン」は、Final Cut Studioユーザー限定でCS5への乗り換えを狙った大胆な直球勝負で、Final Cut StudioのインストールDVDと引き替えにCS5 Production Premiumがほぼ半額に近いプライスで手に入れられるという。

編集部註:11/10現在、ディスクを送付せずに、シリアル番号の申請にて申し込むことも可能です。詳細はアドビのキャンペーン情報ページをご参照ください。)

Adobe Premiere Pro CS5009.jpg
アプリケーション間でレンダリング不要の受け渡し、変更の即時更新が可能なDynamic LinkはCS5内での効率化を格段に高める
Adobe After Effects 10.0011.jpg
After Effects CS5で新搭載となったロトブラシは、使い勝手と結果の両面で画期的。CS4からバンドルされているmocha for After Effectsも大変優れているが、ロトブラシはPhotoshopの「抽出」の要領でエリアをなぞるだけでマスクが生成される。時間に沿って面でトラッキングするのでこのような複雑なマスクも圧倒的に少ない時間と労力で処理できる

Final Cut Studio(FCS)はデビューから10年の間にある程度の地位(シェア)も確保でき、ここ数年はリリースサイクルもペースダウン。安定期とも取れるが、iPhone/iPadビジネスが好調な反面ユーザーにとっては「プロビデオ製品のプライオリティが下がっている(=将来も継続するのかが心配)」といった空気が感じられてしまう昨今。

 

個人的には数年先までディスコンはまずないと見てはいるが、ともあれプロフィールにもあるとおりの筆者の立場としてもこの度のSwitchキャンペーンは少なからず衝撃を受けた。と同時に、市場競争という点では大いに歓迎したい。

そもそも世の中のほとんどの商業クリエイティブワークはもはやAdobeのツールなくして成り立たないし、FCSユーザーも直接または間接的にAdobe製品と共存してきたわけだが、CS5ではプリント/WEB/ビデオ/電子出版の各媒体がシームレスに連携するDynamic Linkが強化されているばかりでなく、After Effectsの革新的な「ロトブラシ」やPhotoshopの「コンテンツに応じた塗り」、EncoreでのBD-Jのポップアップメニューを組み込んだBlu-rayオーサリングなど個々のアプリケーションも「CS5にするべき」進化を遂げており、ますます必須となりつつある。

64bit対応か否か?

finalcutstudio004.jpg
Mac OS X 10.6 Snow LeopardではOS、標準アプリケーション共に64bit化しているが、もっともリソースの必要なFinal Cut Studio(2009)では各アプリが未だに32bitのまま
Final Cut Pro045.jpg
どんなに大容量のメモリを積んでいても、Final Cut Pro 7では最大で32bitの上限である約3GB程度しか活用されない
Adobe After Effects 10.0004.jpg
After Effects CS5の設定画面。アプリケーションの64bit化により、メモリとCPUコア(仮想スレッド含む)を搭載している分だけ有効に生かすことができる
Adobe Premiere Pro CS5007.jpg
Premiere Pro CS5のMercury Playback EngineはソフトベースとGPUアクセラレーションの2モードを持つ。複雑なエフェクトや2Kや4Kといったサイズで本領を発揮するにはNVIDIAのグラフィックカードとMac用のCUDAドライバ(NVIDIAのサイトで提供)が必要だが、対応カードがなくてもソフトウェアベースでCPUのマルチコアを活用し、マシン構成によって従来より安定したプレビューが可能

CS5ユーザーの立場からも、特にPhotoshop CSやAfter Effects CS3が現役というFCSユーザーの方は、まずCS5体験版を触って頂いて、Switchキャンペーンの条件を確認されることを強くお薦めする。また、ツール単体としての魅力とは別にFCSに比べてCS5が圧倒的に有利な点は、64bit対応か否かだろう。

 

現在のMacは、余計な費用や手間、互換性の問題を意識せずとも空気のように64bit化の恩恵が受けられる。しかし皮肉なことに、もっとも64bitを必要とするビデオ編集においてFCSが32bitの最後の砦となっているのだ。軽自動車が買えるくらいの上級のMac Proを奢ったところで、Final Cut Studio(2009)では出費に見合ったパフォーマンスは得られない。

 

一方CS5はPremiere Pro、After Effects、Adobe Media Encoder、Photoshopとパワーが必要なアプリケーションは64bit化され、CPUとメモリを最大限に活用できる。After Effectsはプレビューに搭載RAMを目一杯使えるようになるし、PremiereのレンダリングやMedia Encoderの高速化も期待できるだろう。 

 

現状GPUアクセラレーションはNVIDIAのグラフィックカード(Quadro FX 4800かGTX285 for Mac)に限られる。現行Mac Proのグラフィックカードは標準/BTO共にAMDのRadeonで、これで組んでしまうユーザーは多いだろう。GPUアクセラレーションこそがMercury Playback Engineでも一番のキモであり、Radeonにも対応してくれれば更にSwitchしやすくなるのは間違いない。

 

ただし、Switchキャンペーンでディスクを事務局に送った後は、その時点でFCSが稼働しているマシンではそのまま併用することができるが、新たに入れ直すことはできなくなる。ここで問題となるのがProResコーデックやMotionなどFCS独自のファイル。これらはFCSが入っていないマシンでは開くことができないので、FCSが稼働しているうちにCS5だけでも利用できる形式に変換しておくなど注意が必要だ。

編集部註:11/10現在、ディスクを送付せずに、シリアル番号の申請にて申し込むことも可能です。詳細はアドビのキャンペーン情報ページをご参照ください。)

FCSとCS5の共存も考えるべき

なお、CS5 Production Premiumを通常価格で購入するつもりで予算を組み、Switchキャンペーンを利用してCS5をゲットすると差額で新たにFCSが買えてしまう。考え方の問題だが、そのままSwitchして差額で約64,000円のGTX285を導入し、CUDAの恩恵にあずかるという手もあるだろうし、業務上どうしてもSwitchできなくたってAdobeのバージョンアップを躊躇していたFCSユーザーがCS5に更新するだけでもキャンペーンの意義は大きいだろうから、ここはひとつ乗っておいて損はないのでは。

松原雅人
有限会社エートラック
専務取締役 チーフディレクター
ファイナルカットプロユーザグループ代表

8年ほどポストプロダクションに勤務、リニア編集のアシスタントやScenaristでのDVDオーサリングなどの業務に従事。退職後、現在の会社にて映像制作に携わる。アップル公認のFinal Cut Pro User Groupを主宰(主にSNSなどオンラインでの情報交換が主体)。
http://www.apple.com/jp/usergroups/find/reg2004/267.html


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2010-11-10 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く

アドビのプリンシパルカラーサイエンティストのラース・ボルグ氏 色のエキスパートボルグ氏にHDRを訊く 2017年6月1日~2日に東京・千代田の秋葉原UDXで行われたAf... 続きを読む

[Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション開催

アドビは5月15日、東京都港区のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でAdobe Premiere Proによって全編編集された「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(... 続きを読む

[Inter BEE 2015]4Kミュージックビデオ、水曜日のカンパネラ「マッチ売りの少女」の制作秘話を訊く

txt:高岡謙太郎 構成:編集部 撮影:林佑樹 4K画質で完成した水曜日のカンパネラ「マッチ売りの少女」ができるまで ミュージックビデオとしては希少な4K画質で完成した、水曜日... 続きを読む

[Adobe Creative Cloud Showcase]Vol.02 Premiere Proが可能にした、バラエティ番組のノンリニア編集

番組制作の業界では、今でも多くの現場でFinal Cut Pro 7(以下Final Cut Pro)が使われている。しかし、さまざまなフォーマットへの対応や制作時間の短縮のために... 続きを読む

[Switch to CS5]Vol.04 高野光太郎氏によるAdobe CS5 デジタル一眼制作ワークフロー

PRONEWSでもお馴染みの映像クリエイター高野光太郎氏がInter BEE 2010の会場にある「Asia Contents Forum」で、デジタル一眼レフによるプロモーショ... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Switch to CS5]Vol.01 Mac映像編集ワークフローは、64bitで行こう!