PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.54 NEX-EA50JHがブライダルビデオの定番カメラに進化する?ソニーに訊いてみた

News

[Point of View]Vol.54 NEX-EA50JHがブライダルビデオの定番カメラに進化する?ソニーに訊いてみた

2013-02-28 掲載

txt:岡英史 構成:編集部

What’s EA50?

映像の世界は日進月歩。DSLRを筆頭として大判撮像素子を使用した映像も最近では定番とも言える。元々EOS 5D MarkⅡの動画撮影機能に端を発するこの潮流は定着したと言っても良い。その独特の映像表現は今までの小型撮像板×3枚と言う高画質ビデオにとっては不可欠な要素をひっくり返したと言っても良い。

5D MarkⅡ登場時に誰もが映画の世界で見られる画作りができた事に驚愕したはずだ。それだけではなく一眼用カメラレンズを使用できる利点もあり、特にビデオレンズでは中々実現できなかった24mm以下の超広角映像が撮影可能と言うのも選択理由のひとつとなった。しかし弱点は連続撮影時間の短さと音声入力。記録時間は撮像板の放熱問題で解決には未だに解決していない。それを受けてビデオの世界も動いた。

SONYが出した解答はNEX-VG10(以下VG10)と言うハンディカムスタイルの大判撮像カメラ。独特のEマウント規格を搭載しコーデックも使い慣れたAVCHDを使用、そのスタイルと共にようやく使いやすい大判撮像素子ビデオカメラが確立された。その後VG10は20/30と新機種を登場させ、そこからの進化としてFS100/FS700と言う制作系のカメラを登場させた。ここまでラインナップが進んでくると必然と出てくる要求は一つENGタイプで大判撮像素子カメラの登場だ。この希望は過去に「理想のカメラ」と言う形で要望を全メーカーにぶつけたつもりだ。それに応えてくれたのはSONY、出てきた解答がNEX-EA50JH(以下EA50)と言うカメラだと個人的には思っている。

そのEA50が鳴り物入りで登場した訳だが、どうも市場では余り評価を得ていない気がする。それは何故なのか?その辺を探るべく、SONY品川へ同じくENGカメラマンとしてPRONEWSコラムでも活躍している猿田氏と同行した。

130228_ea50_01.jpg PRONEWSの連載でもおなじみ、VIDEONETWORKの岡英史氏(左)と有限会社アルファ・ビジョン代表の猿田守一氏(右) 130228_ea50_02.jpg ソニー株式会社 B&C推進センター B&C商品企画部 商品企画課の金山利幸氏(左)とソニービジネスソリューション株式会社 営業・マーケティング部門 マーケティング部 CCシステムMK課の後藤 俊氏(右)

(以下敬称略 聞き手:編集部)

―EA50の使用感はどうですか?

猿田:とにかく面白いカメラという印象です。私が普段使っているのはENG系のカメラで、大判センサーカメラとしてはPanasonicのGH2をたまに使っていますが、普段使いはENGカメラ=ENGレンズなので、いわゆる一眼ムービーには抵抗感があったんです。EA50は昨年のInterBEEの時に触ったのですが、「これはどうなんだろうな…」と、普段ENGカメラを使っている身としては、ちょっと抵抗感があったのは確かです。今回のとある案件で使う機会があったのですが、「さてどういうふうに切り込んでいったらいいかなぁ…」と思っていました。でも、実際にカメラを使ったら「…あれ、ちょっと待てよ?意外と面白いんじゃないの?」というのが第一印象でした。

130228_ea50_03.jpg SONY NEX-EA50JH

岡:大判センサーカメラによるブライダル撮影が流行っていますが、DSLRからブームになったこともあって、大判動画撮影=DSLRで運用する、という形を皆さん求めているのかなと思うんですよね。でもEA50って違うじゃないですか。センサー部が大判になっているのに、運用自体はいわゆるハンディカムスタイルそのままに既存のワークフローに落とし込めるのがいいですね。

後藤岡さんや猿田さんのように、いわゆるENG的な使い方をしている方にも、大判センサーで被写界深度が浅い、シネマライクな映像を少しでも手軽に撮って欲しい、という想いからEA50開発の企画がスタートしました。 昨年11月の発売以来、ブライダルビデオの業者さんを中心に提案させていただくことが多いのですが、 やはり皆さんDSLRだとビデオが長時間撮影できないとか、音声入力に困っていたりとか、苦労されているみたいなんです。そのような方にEA50を提案すると、ものすごく受けが良いですね。EA50は、今までのビデオカメラを使っていた方にもボタンの配置や機能などをすんなりと理解しやすいアプローチでつくっていますね。操作系、インターフェイスで言えば、HXR-NX5J(以下NX5)とかHVR-Z5J(以下Z5)をお使いの方は近いイメージを持っていただけると思います。

―RECトリガーを別々に使用できないという不満があるようですが…

岡:EA50が発表時に、大判センサーそしてENGスタイル、みんな「これはブライダルに使えるんだろう」という感覚で見ていたけれども、RECトリガーを別々にできないと聞いて敬遠したという話はよく聞きますよ。

後藤はい、セミナーや展示会などでも様々な方からご意見をいただきました。これは発表以来ずっとお客様からご要望をいただいていました。エンドロールで流す撮って出し映像など、現場で映像データを取り扱うブライダル撮影においては、RECトリガーを別々に…というご要望がとても多かったです。以前、岡さんがEA50をレビューされた時にも同様の指摘をいただいたように、皆さんからの要望もとても多く、本体機能で実現しなければという思いで機能追加の開発がスタートしました。フラッシュメモリーユニットとメモリーカードのRECトリガーを別々に設定可能なファームウェアアップデートを7月に実施予定です。このアップデートにより、フラッシュメモリーユニット記録稼働中に、メモリーカードはREC ON/OFFが可能になる機能が追加されます(参考リンク:「NEX-EA50JH」ファームフェアアップデート計画のご案内)。

岡:NX5では可能なのに、新製品かつブライダル業界をターゲットにしているEA50ではできない…というのは拍子抜けする人もいましたが、それがファームアップでクリアされるのは朗報ですね。NX5とかZ5がブライダルで使われている理由は、バックアップは回しっぱなしにしながら、テープやメモリーカードには撮って出しに必要なシーンを細切れで撮っておいて、すぐに取り出して編集に持っていける、という使い勝手が一番大きいと思います。カメラマンの中には、土日だけブライダルで撮影をするという方もいます。日常と違うことをやるので、極端な話、RECを押したかどうか忘れた、といったトラブルも起こるようです。そんな時でも、常に全編バックアップが記録されている安心感は大きいです。

後藤RECトリガー設定機能の追加によって、いよいよEA50がブライダル業界の土俵に上がることができる、ということでしょうか。

岡:ブライダル撮影の市場に、ようやくEA50が本格参入という感じがします。フラッシュメモリーユニットはNX5やFS700/100と共通ですし、サブ機としても問題なし。バッテリーを含めアクセサリー群も共通で使えます。スタイルも見慣れたENGハンディカムなので、ソニー業務用製品に慣れ親しんだカメラマンにはハマりますね。

―なるほど。RECトリガーについてはファームアップで解消しますね。 その他には感度について不満の声もあると聞きましたが。実際のところはどうしょうか?
130228_ea50_05.jpg

岡:EA50使用時に一番陥りやすい間違いとして、感度の取り扱いがありますね。ビデオと同じ感覚で、GAINを0dBにするから暗く感じるんです。ISOで考えればわかりやすいのに、このビデオカメラ然とした形状からの先入観で、ついGAINで考えてしまうんですよ。0dBだとNX5Jの-6dBくらいですよね。なのでNX5と同じようなGAINに合わせると「あれ?NX5より暗いな」と感じてしまう。ベース感度はISO160で、ISO400とか800でも全く問題ないのに。ISOで考えれば感覚が変わってISO800でも行けると思うけど、GAINだと「+12dB?ダメだろ0」って思ってしまう。DSLRのカメラマンなら当たり前のようにISOで考えていけるけど、昔ながらのブライダルビデオカメラマンにとっては、今までのスタンダードであるGAIN=0dBから上げるというのはさすがに抵抗があるんでしょうね。今まで自分の蓄えてきた知識、常識、感覚に囚われてしまう。「GAINは0dB。がんばっても+6dBまで。+12dBは使えない!」というように。

猿田:標準付属のレンズで実際に室内撮影をしましたが、GAINを上げて、ISO感度上げてもノイズがすごい少ないので、結構いけるな…というのが正直いって驚いたところです。EA50だとISO3200とかで使っても全然問題ないんじゃないという感じで。

後藤いままでのNXCAMやHDVなど1/3インチ系のセンサーだと9dBとか12dBまで上げるとノイズが厳しくなりますが、センサーが大きいEA50だと許容できます。大判センサーカメラでは、IRISで光量を調整するというより被写界深度の調整をすることになります。明るさを調節する時には、ISOやGAINを上げるというのをぜひ使っていただきたいです。

岡:大判カメラの撮影セミナーはいろいろありますが、感度についての説明をしているセミナーは無いですよね。メカニカル的なハードウェア部分について詳しく解説しているセミナーが無い。まぁ、それをメーカーがやるのか、ディーラーがやるのか、僕らユーザーがやるのかという課題はありますけどね。

―レンズ関連の使用感はどうでしょうか?
130228_ea50_06.jpg
Metabonesのレンズアダプター SPEED BOOSTER。EFレンズが使えて画角も変わらず、F値も向上

猿田:今回Metabones社のEFマウントアダプター「SPEED BOOSTER(以下:SB)」も使ってみました。明るいF1.2のEF単焦点レンズが、SBをつけるとF1.0とかとても明るくなるんですね。

後藤もう一絞り分明るくなるので0.95くらいまではいくようです。表示的には振りきれてしまうのですが…。SBはEマウント用なので、EA50に限らずFS700とか100とかVG系にも使えます。EA50はベースの感度がFSシリーズよりも低めになっていますが、交換レンズを利用する場合の一つのソリューションなのではないのかなと思います。SBだと24mmが36mmにならないですからね。24mmは24mm。広角レンズを使いたいという方にもこのアダプターは人気ありますね。


猿田:SBにEFの24mmをつけると、そのまま広角で撮れるので室内のロケもこなせそうです。SBを使わなくても標準レンズだけでも広角には強いですね。薄暗い家の中で撮影も、GAINを上げることで十分いけちゃう。画の表現力となると、F値が3.5なのでボケ味を生かすにはよっぽど近くと遠くの対比をしなければ難しいですが、明るさ的にはそこそこいけるかなと。蛍光灯でフリッカーがでるような場所でシャッタースピード1/100にしても、全然いけました。電動ズームに関しては、普通のENGレンズに比べるとスピードが遅いな、というのが正直な印象でしたので、サーボを切ってマニュアルの操作にして使ってみました。意外とこのマニュアルの感じはENGレンズのマニュアルの時とすごく近かったです。マニュアルだと微妙なズームは難しくなりますけどね。

金山今回のズームレンズは、人の手でスムーズに操作しにくい、ゆっくり目の動作に重きを置いて開発しています。モーター部分の大きさや、動作音など総合的にバランスを取りながら、スピードを設定しました。

後藤微妙なズームは、逆にこのゆっくりしたサーボの動きが使えると思います。高速な時はマニュアルにして手動操作がいいかもしれませんね。センサーが大きいので必然的にレンズも大きくなって、より大きい動力が必要になってしまうんです。今後テクノロジーの進化でうまく越えて行きたい所ではありますね。


―使い方次第で活躍の場面は広がりそうですね。ところで「巷ではあまり語られないけれどもこれはイチオシ!」という機能はありますか?

後藤実際にEA50を導入されているプロダクション様では、単焦点レンズ使用時に2倍デジタルズームを活用する事例が多いようです。単焦点レンズはズームを使ったカメラワークが行えないのでビデオとしては画が単調になってしまいがちです。EA50のデジタルズームを使っていただくと、「F1.4の浅い被写界深度のままズームができる!」というのが衝撃的だったようです。単焦点レンズはF値が小さいかわりに焦点距離が変えられない。でもEA50だとズームが使える。これは面白い!という見方ですね。いわゆるエクステンダーのようにいきなり2倍にポンと拡大されるわけではなく、そのズームしている間の時間が表現できるというのがところが大きいですね。

猿田:デジタルズームは何よりも気に入りました。かなりいいですよね。 130228_ea50_08.jpg

金山単焦点レンズでズームを利用したおもしろい画がとれるというのがEA50の魅力の一つだと思います。映像の演出、動画っていう意味でも非常にゆっくり動くズームや、演出で使うことも多いと思うので、普通のズームと同じように使えるようにしました。

デジタルズームというと、ただ引き伸ばしただけだったり、画質が大きく劣化するといったイメージがあると思いますが、EA50ではAVCHD圧縮する前の綺麗な映像信号を画像処理していますので、高画質を維持したままでデジタルズームが行えます。画質のバランスなど、社内で試行錯誤の結果、最終的には2倍という形に落ち着きました。ちなみにズームスピードですが、2倍の倍率を約1分かけてゆっくりズームするという、人の手では難しい動きもできるんです。

猿田:2倍デジタルズームをこの付属レンズの11倍の光学ズームとと組み合わせると、実は22倍までいけるんですよね。22倍ズームでドンとよって、光学と両方で引いていくとぐーっと引いていける。結構な引きの画も撮れるので面白かったですよ。

130228_ea50_07.jpg メニューでデジタルズームの動作設定を可変と低速から選択できる。低速にした場合32段階でスピードが変えられる。リモコンでも操作可能だ

後藤もうひとつ、EA50には可動式ショルダーパッドを装備しています。このショルダーパッドの上部にサードパーティ製のカウンターウェイトを装着すると、肩載せ運用時のバランスが取りやすくなると評判です。EA50をお使いの方にはぜひ試していただきたいですね。

130228_ea50_04.jpg バランス調整用のカウンターウェイト。写真はVocas社製のもので1kg
総括をおねがいします。
130228_ea50_09.jpg 現場に合わせてカスタマイズできるのがレンズ交換対応モデルの良いところ。可変NDフィルターも一枚あると便利だ。写真(中央)はGENUS社製のもの

後藤国内では全国各地でセミナーを開催しているのですが、NX5やZ5を使われている方から質問を受けるケースが多いんです。大判撮影をしてみたいけれどもDSLRの動画撮影は使いにくいし、FSシリーズでは形状が独特でとっつきにくい。EA50は親しみのあるスタイルだけど、ちゃんと使いこなせるのかな?と二の足を踏んでいる方が多いようです。セミナーで背中を押されて購入に至るケースは多いようですね。FS100の時にもやはり大判撮影に対する不安の声が多かったので、基礎的なことをまとめたハンドブックを作成しました(参考リンク:NEX-FS100 Handbook)。被写界深度のコントロールやピクチャープロファイルに関してはEA50にも共通するので参考になるのではないでしょうか。

岡:EA50は従来からの記録重視のブライダルビデオも撮影できるし、大判撮像素子のボケ味を活かした印象的なウェディングムービーも撮影できる。撮影手法を超えた橋渡し的なカメラですよ。

猿田:DSLRでブライダルビデオ撮影している方には比較的すんなり受け入れられると思います。DSLRで使いづらかった部分がこのカメラではとても使いやすくなっていますからね。

後藤スチルカメラマンにも、ビデオカメラマンにもどちらの方にも注目していただけるようなモデルに仕上がっていますので、これからもソニーが両者の橋渡しができるような活動をしていきたいです。

座談会文責:編集部

This is EA50!

今回の座談会に参加した私と猿田氏、共に普段はENGカメラを担ぐカメラマンである。同時にDSLR撮影スタイルに本格的に組み込んでいる訳ではない。理由は単純に今までの大判撮像素子カメラでその自身のスタイル=ワークフローには当てはまらなかっただけだ。

例えばそれがNX5やPMW-200に代表されるようなカメラなら、その運用スタイルは同じことから、その操作感や映像の作りは全く問題ない。しかしDSLR等の大判カメラでは、自身のスタイルは殆ど通用しない。アプローチが全く違う「小型×3枚撮像素子」と「大型撮像素子」のビデオカメラではその運用もやはり異なる事はいうまでもない。

しかしEA50は大判撮像素子カメラ群の中から発生しているにも関わらずENG的運用も出来る稀な存在だ。もちろんそれなりの大判に関する知識と意識と技術は必要になる。それは感度の考え方であったりフォーカスの厳しさであったりアイリスとの関係であったりする。この事をしっかり使い分けできるならEA50は大判撮像素子としての表現とENG的なカッチリとした表現を一つの筐体で表現できる唯一の機体だと言えるはずだ。

イージー運用出来るがイージーなカメラではない。特にウェディングに使用するならしっかりとした技術・知識は必要だが、少なくとも7月に登場予定の新ファームになればRECトリガー設定によるバックアップ回しっぱなしを併用した収録が可能となる事から、今までブライダル撮影で使用したかったがイマイチ踏ん切りが付かなかった方にもお勧めだ。特に今までブライダル撮影をデジ(ハンディカム)で行っていた方より、ENGで使っていた人の方が基本的な使い方を覚えればEA50を使いこなすには早いかも知れない。

EA50と言うカメラは初代のVG10によく似ているカメラだと筆者は思っている。と言う事はVG10がFS100に化けたように、EA50もこの先どう正常進化するのか?非常に楽しみなカメラである。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2013-02-28 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.99 TBSテレビにG Suite Businessを活用した放送業界向けファイル共有サービス「Cmosy」について聞く

左から、TBSテレビの情報システム局 稲川太郎氏、峯松健太氏 映像制作業界では、クラウドストレージを無制限に利用できる「Cmosy」が話題 一般企業のクラウドサービス利... 続きを読む

[Point of View]Vol.98「配信屋台」という新しいコミュニティースペース

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 「配信屋台」という新しいコミュニティースペース 映像ディレクターですが「屋台」を持つことになりました…奥本です。「配信屋台」とは、ざっ... 続きを読む

[Point of View]Vol.97 「デバッグ・トゥ・ザ・フューチャー」~V-1SDIを活用し、番組制作フローを最適化

txt・構成:編集部 photo:石垣星児 番組制作ワークフローの最適化 dTVチャンネルで配信されている番組「デバッグ・トゥ・ザ・フューチャー」の制作現場ではRola... 続きを読む

[Point of View]Vol.96 4K編集も楽々「ThinkPad X1 Extreme」

txt:小寺信良 構成:編集部 モバイルでもデスクでも使える強力ノート ビデオ制作の現場も、最終納品がHDでも収録は4Kで行う事例が増えてきている。すでに最新のカメラは... 続きを読む

[Point of View]Vol.95カールツァイスとナックイメージテクノロジー、ツァイス・シネレンズサービストレーニング・レベル2を国内初開催

カールツァイス認定サービストレーニング国内初開催 ナックイメージテクノロジーで開催されたツァイス・シネレンズサービストレーニング カールツァイス(以下ツァイス)... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.54 NEX-EA50JHがブライダルビデオの定番カメラに進化する?ソニーに訊いてみた