PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Adobe CS6 Showcase]Vol.03 ファイルベースメディアCM搬入におけるCreative Cloud活用事例

News

[Adobe CS6 Showcase]Vol.03 ファイルベースメディアCM搬入におけるCreative Cloud活用事例

2013-02-28 掲載

「CM素材搬入基準」にファイルベースメディアによるCM素材の搬入が追加改定されたのは2011年5月のこと。2011年7月からスタートして、民放連の「民放テレビ各社に搬入可能なCM素材一覧」によると9割以上の放送局でファイルベースメディアに対応し、そのほとんどでXDCAM用プロフェッショナルディスクでの搬入の受け入れ体制が整っていることがわかる。その一方、プロダクション側はファイルベース搬入を活用しているのであろうか?ファイルベースでCM素材を搬入をしているという話をほとんど聞かないというのが現状ではないだろうか。そこで、Premiere ProでCM素材を制作してファイルベースで放送局に搬入をしている札幌の総合広告代理店「株式会社 英広社」に、搬入手順の詳細やファイルベース搬入によるメリットなどを聞いてみた。

XDCAM Professional Disc ソニーのXDCAM用プロフェッショナルディスク

毎月定額で自由に好きなだけソフトを使うことができるCreative Cloudを選択

話を聞かせていただいたのは英広社のSHOP115事業部 副本部長の嶋村康明氏だ。SHOP115事業部で制作している映像は、主にテレビショッピングが4割、CMが3割、VPなどが2割、インターネット動画が1割とのことだ。嶋村氏は以前、北海道でテレビのカメラマンとして活躍していたこともあり、ニュースやドキュメンタリーなどの撮影から映像制作全般のノウハウまで知識の豊富なメディアクリエイターだ。

嶋村氏はまず、ファイルベース搬入のきっかけとなったCreative Cloudの導入から話をしてくれた。話はアドビのPremiere Pro CS4やAfter Effects CS4を使っていた昨年11月のことだ。年末に放送される30分の番組3本の制作を行っている際にPCが不調になり、ハードウェアの復旧は不可能。明日にもPCを導入して仕事に復帰しないと非常にまずいという状況に追い込まれていたという。しかたなく新しい編集ツールと新しいPCの導入を決めたものの、Premiere Proの最新版に移行するのか?テレビ局在籍時代に使っていた他社製品に移行するのか?どういった仕様を備えたをPCを新調したらいいのか?という問題があった。そこでひとまずアドビのサポートに「Premiere Pro CS6を導入した場合にはどういったハードウェアの仕様が必要か?」という質問をしたところ、グラフィックボードやCPU、メモリの理想スペックなど、予想以上に細かく参考になる情報を得ることができたという。

英広社 SHOP115事業部 副本部長の嶋村康明氏 英広社 SHOP115事業部 副本部長の嶋村康明氏

制作ツールの更新に関しても質問をしてみたところ、Adobe Premiere ProやAdobe After Effectsなど10種類以上の制作ツールがセットになったProduction Premiumは24万9,900円(アドビストア価格・税込)で、社内に導入している既存の設備の減価償却が終わっていない現状を考えると簡単に導入できる金額ではない。手ごろな価格の他社製品に乗り換えようと心が傾きかけたそのときに、アドビからAdobe Creative Cloudの案内を受けたという。

Creative Cloudとは、Premiere ProやAfter Effects、Audition、SpeedGradeなど映像に必要なツールはもちろん、Photoshop、IllustratorといったCS製品全てを自由にダウンロードして使うことができるというサービスのことだ。月々定額(グループ版7,000円、個人版5,000円~)の契約であるため、初期導入コストが大幅に抑えることも可能だった。そんなことがきっかけでツールはCreative Cloudを選び、PCはCreative Cloudを動作させることを前提にCore i7-3970X 3.50GHz、メモリは64GB、64bit版のWindows 7 Professionalにグラフィックスボードはアドビのアドバイスを参考にNVIDIAのGeForce GTX 680を選択した構成でPCを用意した。こうしてオリジナルの編集環境が誕生したという。

特にCreative Cloudを選んだ決め手については、「初期投資の安さ」のほかに「常に最新版を利用できる」というところもポイントになったという。というのも、昔、嶋村氏が在籍していた制作現場では景気が悪いために「5年から7年同じ編集機を使っている状態で、7年経てば2世代以上も古い状態ですよ」と、なかなか更新したくてもできない経験を振り返り語っていた。また、Creative Cloud個人版では従来通りのサポートが用意されており、さらにグループ版の場合は年間30分間までのサポートを2回受けることが可能だ。このサポートも見逃せない良さがあるとこう語った。

嶋村氏:僕はあまりAfter Effectsについて詳しくなくて、どうしてもわからない部分がありました。そのわからない機能について15秒のモーションを作る例をカスタマーサポートの方が全部教えてくれました。一度教わってしまえば簡単に使うことができるので楽しくて仕方がありません。この電話で受けられるサポートは非常に便利だと思います。

ラウドネスはAuditionで対応可能

絵コンテはIllustrator

次にCreative Cloudを使ったショッピング番組、および15秒CMのワークフローの概要を紹介してくれた。嶋村氏のワークフローは、絵コンテのラフの制作から最後の書き出しまでほとんどの工程でCreative Cloudのツールが使われているところが特徴だ。まず絵コンテはIllustratorでテンプレートを制作してあり、毎回それを使用している。Illustratorで作られた絵コンテをPDFで書き出すが、そのままではデータが大きすぎるので、Acrobat XI Proの編集機能を利用してちょうどよい大きさのデータに変換する。編集はPremiere Proを使用し、テロップを入れる作業は北海道日興通信の「Telop Canvas」を使用する。このソフトに関してはテレビ局で使用が指定されているとのことだ。これで映像データは完成となる。

そして、Creative Cloudを使ったワークフローの中でも「これは便利」というふうに紹介していたのが、Auditionを使ったラウドネス調整だ。2012年10月1日よりテレビ放送番組の音量・音質を適正でより聞きやすいものとするように「ラウドネス運用」が開始されて、納品するCMにもラウドネス規準内に収めることが求められるようになった。嶋村氏はAuditionを使う前まではPro Toolsでラウドネスの調整を行っていたが、旧型のノートPC上で動作をさせていたためか「wavデータを書き換えるのにこんなに時間がかかるのか?」という感じだった。一方、Auditionの使ったラウドネスの調整は操作が簡単で処理もほとんど時間がかからないという。

また、Auditionでラウドネスの調整ができるメリットとして「従来までは音効さんに出して、音効さんがそのデータを読んでそこにいい状態の音をシーケンスに貼って戻してもらっていましたが、Creative Cloudがあればラウドネスの作業も一人でできるようになります」と絶賛していた。

静止画からアニメーションを作成する場合はAfter Effectsを使用する。Premiere ProとAfter Effectsの連携はダイナミックリンクを使って直接やり取りをしているという。書き出しについてはPremiere ProからFLVを書き出せることも利点であるという。さらにMXFに書き出しファイルベースでCM素材の搬入まで行っているとのこと。これもなかなか興味深いところだ。

Auditionの画面 Premiere Pro上にSE、BGM、効果音をシーケンスラインに貼り付けてある状態のものをAuditionでラウドネスの調整する場合はPremiere Proの「編集」メニュー→「Adobe Auditionで編集」を選択してシーケンスごとAuditionに読み込み、ファイルメニュー下の波形タブで波形を表示し、ラウドネス調整を行う。Auditionの「クリップ」→「クリップのボリュームを一致」を選択して、「クリップのボリュームの一致先」を「ITU-R BS.1770-2 ラウドネス」を選択して実行するだけだ。wavデータを書き出し、Auditionを終了。任意のフォルダに書き出したwavファイルをPremiere Proのシーケンスに貼り付けて音声の調整は完了だ

Premiere Proの書き出しからXDCAMへの搬入方法

XDCAMを使ったファイルベース搬入のことについてさらに詳しく説明をして頂いた。まず、札幌のプロダクションのファイルベース搬入の現状について聞いてみると、嶋村氏の周りで行っているのは誰もいないという。さらに放送局に問い合わせるも「みんなテープで納品している」という返答だったとのこと。嶋村氏はこの状況をこう分析する。

嶋村氏:今までかけてきた設備の減価償却が上がっていないから、新しいことに踏み出せない状況になっていると思います。特に北海道の場合はびっくりするぐらい新規のローカルCMの制作量が減りました。その割に制作費も少なく、恐らくポスプロもHD VTR導入コストを回収できていない状況だと思います。

そんな状況もあるものの、まずはファイルベース搬入のコストのメリットから説明をして頂いた。嶋村氏がファイルベース搬入で使っているXDCAMのドライブは「PDW-U1」で、ドライブの実勢価格は32万円だ。一方、テープ納品に利用するHDCAMのレコーダーは「HDW-1800」の場合で300万円以上する。さらにHDCAMのデッキは「定期的なメンテナンス料も結構バカにならない」ということもあり、嶋村氏の場合はテープ納品を行う際は外部にダビングを依頼して行っていたという。それはそれでコストがかかり、「5局に納品する場合は5本テープが必要です。ダビング代だけでもしゃれになりません」とのことだ。XDCAMでのファイルベース搬入は設備投資のコストの低さも含めてそのあたりのコストも抑えられるというのは魅力的ではないだろうか。

次に嶋村氏が行っている納品までの具体的な手順を紹介して頂いた。書き出しに関しては難しいことはなく、Premiere Proの「書き出し」からMXFを指定すればOKだ。問題はメタデータの制作で、嶋村氏の場合はWeb上で公開されていた「CM素材交換メタデータ生成フォーム」を使用しているという。こちらで生成されたテキストをカット&ペーストでテキストエディタなどに貼り付け、「ファイル名を変更」を選択して保存をする。もし、書き出されたテキストデータに誤りがある場合は、Creative Cloudで利用できるWeb制作ソフト「Dreamweaver」でXMLファイルを読み込むことでわかりやすく書き換えることが可能とのことだ。ちなみに、「搬入用のメタデータとPremiere ProのXMPのメタデータは違うもの」とのことで、嶋村氏はこう補足する。

嶋村氏:Premiere Proで編集をして、素材を取り込んだ時点で必ずXMPのメタデータが生成されます。それを見ていると、いろんな情報が格納されているので、最初はXMPがXDCAMの納品にも使えるメタデータだと勘違いをしたことがありました。これは同じメタデータでもCMの搬入に使えるメタデータでないことに注意しましょう。

最後はXDCAMディスクへの書き出しについてで、MXFファイルをソニーのContent Browserでプレビューし、確認が終わったらXDCAMディスクのClipフォルダにドラッグ。XMLファイルはディスクのGeneralフォルダに格納し、素材は完成となる。ファイルベースのCM搬入の詳しい情報に関しては民放連のWebページで「ファイルベースメディアCM搬入暫定規準(PDFファイル)」という資料が公開されている。そちらも参考にしてほしいとのことだ。

Premiereの書き出し設定画面 MXFファイルの書き出し方法は、Premiere Proの「書き出し設定」から「形式」は「MXF OP1a」を選び、「プリセット」から、「XDCAMHD 50 NTSC 60i」を選択する。「キュー」を選択すればMedia Encoderが自動的に立ち上がってエンコードを開始し、「書き出し」を選択すればPremiere上でエンコードを開始する

Creative Cloudはお客様のために制作コストを抑えられるツール

英広社では、新規クライアントに対して「できるだけ低コストでテレビでも最大限のメディア露出」という方向を打ち出していて、新規クライアントに対してコストのハードルは低く設定をしているという。そのためには制作のコストというのをできるだけ抑えなければいけない。そんな企業努力を迫られている嶋村氏にとってCreative Cloudはまさにマッチしているツールのようだ。

英広社 SHOP115事業部 副本部長の嶋村康明氏

嶋村氏:Creative Cloudを導入すると、一連の作業を全部一人で行うことが可能です。今まで必要だった整音、放送局に依頼をしていたダビング代、最終のエディタの部分もすべて自分で行うことができるようになります。30~40万円のPC1台とCreative Cloudがあれば一人でクオリティの高いものを作ることが可能です。そしてお客様はその映像で利益をどんどん生むことができるのです。それは結果として、また弊社への制作依頼へとつながってきます。

全国各地から「この商品を売りたい」「会社を宣伝したい」と思われているお客様が数多く当社にお越しになられます。テレビCMを放送するための費用に関しては、ある程度ご納得いただけますが、CM素材制作費に関しては、「なぜ、こんなに高いの」と広告自体を断念されるお客様もおられました。当社が解決しなければならない問題は、「CM制作費のコストダウン」でした。アドビに相談し、新しいフィールドに立つことで、問題を解決することができたと思います。

Creative Cloudで効果的な映像制作のワークフローを実現していることや、いち早くからCMのファイルベース搬入への対応を行うなど、英広社の映像制作は札幌の中でも注目の存在だ。これからの動向にも注目をしていきたい。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2013-02-28 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Viva! Storage]Vol.07 Samsung Portable SSD T5とSIGMA fpの使用レポート

txt:照山明 構成:編集部 Samsung Portable SSD T5×SIGMA fpで実現するワークフロー ほとんど、というかまったく情報のリークもなく、先日... 続きを読む

[Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.03 マリモレコーズ×フィニット対談編~eXtended Dataのレンズデータが撮影部とCG部にもたらした効果とは?

txt・構成:編集部 CG合成ワークフローを大きく変えるeXtended Data カールツァイスから、eXtended Dataの幅広い認知と活用を目指して、検証実験... 続きを読む

[Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.02 ポスプロ工程合理化の方法とは?実践・eXtended Dataワークフロー

txt・構成:編集部 ショートムービー「MORPHO」が実現するまで マリモレコーズとCG制作を手掛けるフィニットは、カールツァイスからの打診でeXtended Dat... 続きを読む

[Exploring ZEISS eXtended Data]Vol.01 CGと実写合成に関わるスタッフは必見。レンズ特性情報を得られるZEISS eXtended Dataの魅力とは?

txt・構成:編集部 eXtended Dataを活用したVFXワークフローが今明かされる NABやIBCで、シネマカメラ用レンズの新製品発表が続いている。各社ラージフ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.57 バイオスEclairPRO USB3.0 Portable Storageシリーズ「EP25CB3」レビュー

txt:千葉孝 構成:編集部 セキュリティ対策抜群のHDD~EclairPRO USB3.0 Portable Storage 皆さんの撮影現場で撮影データのバックアッ... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Adobe CS6 Showcase]Vol.03 ファイルベースメディアCM搬入におけるCreative Cloud活用事例