PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [イベント映像演出の世界]Vol.04 タケナカ東京での初内覧会〜最新の技術が一堂に!

News

[イベント映像演出の世界]Vol.04 タケナカ東京での初内覧会〜最新の技術が一堂に!

2014-04-01 掲載

東京都江東区にあるタケナカの東京支店

3月5日から7日までの3日間、映像・音響機器のレンタル、販売を手がけるタケナカが東京江東区の東京支店で内覧会「TAKENAKA PRIVATE SHOW 2014 TOKYO」を行った。タケナカは定期的に名古屋支店や大阪支店で内覧会を開催しているが、東京支店では初の開催だ。同社はレンタル会社というより社内にクリエイターが何名も在籍していてレンタルのほかに企画やプロデュース、コンテンツなどのサービスも含めた空間や映像演出を行っている会社であり、内覧会でもプロジェクションマッピングや空間映像演出の事例を通じて、「タケナカだったらこんなコンテンツも含めて実現できますよ」とアピールしていた。今回はその様子を紹介しよう。

ミニチュアを使ってプロジェクションマッピングを再現

EMPW_04_02.jpg 二階で行われていたプロジェクションマッピングコーナー

内覧会の行われたタケナカの東京支店は、JR亀戸駅から歩いて約7分のところにある。2012年9月に移転してまだ日は浅いということもあり、広くて綺麗というのが第一印象だ。タケナカといえば、プロジェクションマッピングで有名だ。プロジェクションマッピングをサービスする会社はたくさんあるが、ハードとソフトの両方を取り扱う会社はあまり多くない。そんな中でタケナカは提案、企画、制作、設営、オペレートなど、全て自社で一貫して行っているところで抜け出ている。内覧会でもっともスペースを割いて紹介していたのは、プロジェクションマッピングの事例紹介だ。三階の照明を落としたフロアには、ずらりと投影する対象物のミニチュアにマッピングを投影して過去17のプロジェクトを紹介していた。

EMPW_04_04_B.jpgミニチュアで再現された”太陽の塔”プロジェクションマッピング。めくるめく変わっていく映像に圧倒

タケナカが手がけたプロジェクションマッピングショーでもっとも世の中で話題になったイベントといえば、2011年、2012年、2013年の3年連続で手かげている大阪府万博記念公園の太陽の広場で行われた「イルミナイト万博X’mas BeamPainting」。高さ約70メ-トルもある太陽の塔をスクリーンにして、15,000ルーメンのプロジェクターを7台使って行われた日本最大級のショーだ。マッピング技術と効果音を駆使した幻想的な世界が大好評で、2012年の年末のショーは空間デザイン大賞2013の「優秀賞」や「地域賞」、第32回ディスプレイ産業賞2013の「ディスプレイ産業奨励賞」を受賞するなど高いクオリティも話題になった。

EMPW_04_05.jpg EMPW_04_06.jpg
奈良国立博物館のなら仏像館西側で行われた「ならファンタージア」

このほかにタケナカが手がけて話題になったショーといえば、2011年と2012年の夏に行われた奈良国立博物館の「ならファンタージア」だろう。なら仏像館の壁をスクリーンにして6台のプロジェクターを使って行ったものだ。3Dレーザーによる演出も注目だった。

EMPW_04_07.jpg EMPW_04_08.jpg
ホンダのCR-Z「MOVE」篇のテレビCMではターンテーブルの上で回転する車体に映写するという今までにない新しい試みに挑戦している

2013年2月に配信が開始されたホンダのCR-Z「MOVE」篇のテレビCMでは、車の演出にプロジェクションマッピングが使われた。プロジェクションマッピングというと静止しているものに投影するものと思われがちだが、こちらのCMの場合はターンテーブルの上で回転する車のフォルムに雨、木もれ日、街灯、流れる風景といったイメージを光にしてプロジェクションマッピングを投影している。動く立体物に誤差なくマッピングを実現しているその様子は、「プロジェクションマッピングでこんなこともできるのか?」と誰もが驚くはずだ。

多くの実績があるタケナカのプロジェクションマッピングは他社と何が違うのだろうか?数々のプロジェクトを手かげているスタッフに聞いてみた。まず、レーザーや照明の演出がトータルで可能であること。タケナカの場合はメディアサーバーからレーザーや照明、特殊効果に対して同期することが可能だ。さらに他社は2Dの平面的なマッピングが多いが、タケナカの場合はメディアサーバーを使ってオブジェクトを補正し、立体物に映像を投影できるのも強みだという。数をかなりこなしているタケナカは、ノウハウを蓄積しているとも加えていた。

もう1つは、すべてのコンテンツを社内で制作していることが強みだという。内覧会のコンテンツもほとんど社内で制作されたものだ。ソフト制作とハード運用を一緒にしてプランを考え、スムーズに作業が行える。

EMPW_04_16.jpg おしゃれな空間を実現していたパフォーマンスステージ。テーブルにもマッピングし、統一感を実現

一階ではプロジェクションマッピングを使った空間演出のアピールをするためのDJスペースを再現したパフォーマンスステージが行われていた。90インチのモニターやLEDと共に、テーブルにもマッピングされるなど、イメージが統一されていて、CLUBのようなおしゃれな雰囲気を実現していた。タケナカはステージ演出やアミューズメント系の映像演出なども手がけているが、そのプランニングの提案として再現したものだ。

EMPW_04_17_B.jpg 豪華な空間演出でもこのような感じでコントロールを実現している

ステージは、パナソニックの20000ルーメンのプロジェクター「PT-DZ21K」を3台使って、DJブースの左右に配置したキューブのオブジェクトとDJブースにプロジェクションマッピングを行っている。それと同時に、映像、照明、音響が同期して演出されているところも特徴だ。同期の部分は従来のプロジェクションマッピングのショーとはちょっと違って、音に反応するVJ的なものに切り替えられるようになっている。音がきっかけで照明が変わるように組まれることによって、大きな照明卓というのもいらなくなるのも特徴だ。このような同期の技術はお台場の東京ジョイポリスのメインステージのマッピング映像演出ですでに活用されているとのことだ。

現場で必要なものを自社で実現するタケナカのオリジナル商品

EMPW_04_19.jpg EMPW_04_20.jpg
フレームの中でもプロジェクションマッピングの調整が可能な微調フレーム。スタックも可能だ。調節はすべての方向に可能で、細かな調整ができる

ソリューションなどの展示についても紹介しよう。まず目に映ったのはタケナカのオリジナル商品のブースで、その中でも注目だったのがプロジェクターの向きを微調できるフレームだ。プロジェクションマッピングを実現するにあたりプロジェクターの向きの微調整というのが問題になる。フレームごとに動かそうとすると、どうしても投影された画面は大きな移動になってしまう。そこでこのオリジナルフレームは中に調整の機構を導入して、フレームの位置は固定したままで向きの微調節が可能になるというものだ。

EMPW_04_21.jpg 中央のものがtiledの金具。自在な形に設定することが可能だ

こちらはスクエア型ディスプレイの金具だ。タケナカの扱う機材に画面比1:1のタイル型液晶ディスプレイがあるが、メーカーのほうで吊りの金具が用意されていない。そこでタケナカが独自に吊りのユニットを制作したというものだ。全方位につけることができ、Tの文字のようになにかの形に組めるのも特徴だ。

EMPW_04_24.jpg EMPW_04_25.jpg
こちらは太陽の塔のミニチュアを設置してHolocubeとBeamPaintingを組み合わせた例

EMPW_04_26.jpgHolocubeの15インチモデル
EMPW_04_27.jpgHolocubeの19インチモデル

メディアインタラクティブコーナーに展示されていたソリューションも紹介しよう。Holocubeは映像が浮かび上がるような3Dの投影システムだ。特殊フィルムや特殊アクリルパネルを使って空中に浮かび上がるような映像表現を実現できる。

EMPW_04_28.jpg 複数で楽しむことができる「Big Live AR」

こちらはLEDディスプレイを使用して大型ライブAR「Big Live AR」だ。画面の中にキャラクターが現れて、撫でたり一緒に写真を撮ったりできるようになっていた。

EMPW_04_29.jpg タイル型ディスプレイを自在に組み合わせたものにセンサーが搭載してあり、パズルができるようになっていた

3×3のボード上で、8枚のコマを元の形に戻す8パズルゲームを体で操作できる「タイルドパズル」だ。22型(960ドット×960ドット)のタイル型ディスプレイを組み合わせたものにレーザーセンサーを搭載して、インタラクティブな演出を可能にした。

EMPW_04_30b.jpg EMPW_04_31.jpg
ショーケースに置かれただけの状態。時計が見える状態で、商品の特徴を表現しやすいコンテンツを流すことができる

画面前後の商品が透かされて見える透過型ディスプレイ「Digital Showcase」だ。ケースの中央には時計が配置されていて、ケース前面にはタッチパネル式の47インチ透過型ディスプレイが配置されている。タッチすると時計をアピールするコンテンツや説明などが流れるようになっていた。映像と実際の製品を融合させたような感じだ。ショールームとかに商品の演出の1つとして置いておくと面白いだろう。

EMPW_04_32.jpg 透過型のカーブディスプレイ

透過型カーブディスプレイも展示されていた。数インチから40インチまでラインナップされていて、今までにない形状にも対応可能というのが特徴だ。

EMPW_04_33.jpg 最多24台までの連結が可能な「マルチタッチマルチディスプレイ」

こちらは24台まで連結可能な「マルチタッチマルチディスプレイ」だ。手の形や向きまで認識することが可能で、観覧者の向きに合わせてコンテンツの表示が可能。認識するタッチの数も無制限で複数の人がプレゼンを行ったりすることができる。

EMPW_04_34.jpg Photo+本体での撮影。写真の内容をすぐに確認できる

こちらは会場内で撮影した写真をリアルタイムに表示したり、触って拡大縮小したり、テキストを吹き込んだりできるソリューション「PHOTO+」だ。イベント会場などに設置し、その場で写真撮影をして、その場で写真をダウンロードすることも可能だ。具体的には、写真撮影をすると写真をモニターからモニター、モニターからスクリーンに映像や写真を移すことができる。QRコードから写真をダウンロードも可能だ。写真にはフレームをつけたり、写真に落書きをしたり、Facebookにアップロードしたりすることもできる。

実用的なところまで近づいてきたイベント業界向け4Kソリューション

EMPW_04_36.jpg 4Kの映像演出ソリューションのデモ。左が4Kの民生の液晶テレビで、真ん中がHDの液晶のモニターを4つマルチにして4K対応にしたもの。右が4Kのマスターモニター。実際のライブイベントでの運用を再現した状態だ

今回の内覧会で、4Kの映像演出ソリューションのコーナーというのも興味深い展示だった。イベント業界では4Kの案件というのはまだ数は多くないが、2020年の東京オリンピック開催に向けての影響や、今年7月の4K試験放送スタートなどによって4Kへの機運がどんどん高まってきている。しかし、現在のところ4Kにはどういった送出やスイッチャーなどの機材があって4Kでどういったことができるのかあまり知られておらず、恐らくみんな情報収集している最中なのではないだろうか。今回の内覧会には実際に4Kのライブカメラから入力された映像や、ビデオ送出機から非圧縮の映像素材を切り替えて民生用の65インチ4Kテレビや46インチ×4台のマルチに出力するライブ演出のデモが実際に行われていた。

EMPW_04_37.jpg 4KのマスターモニターSony PVM-X300。有機ELで4K送出の品質管理ができる EMPW_04_38.jpg 4Kの映像演出ソリューションのシステム図

興味深いのは、4K映像送出の部分だ。この部分は今年6月に発売予定のローランドのマルチフォーマットビデオプレゼンター「PR-800HD」を4台同期させて実現していた。PR-800HDというと1080/60pの本出しというイメージの製品だが、フルHD 1080/60pの機材を4台同期させて4Kのソリューションを実現していた。PR-800HDを4台シンクロさせて非圧縮の4K 60pのポン出しの実演デモというのは今回のタケナカの内覧会が初公開とのことだ。

ゲンロックによるフレーム同期とMIDIによる操作の同期に対応しているとのことだ。しかも、4KであってもPR-800HDでお馴染みのクイックレスポンス再生が可能というところも特徴だろう。ブースのスタッフは「HDの素材をシンクロして送出できる機材というのは実は世の中にはあまりないのですが、PR-800HDはできます。そのシンクロを4台重ねてみれば4Kになるわけです」とアピールしいていた。

EMPW_04_39.jpg PR-800HDがシンクロして4K非圧縮の4K 60pの本出しを行っている

スイッチャーのほうも注目だった。こちらもローランドのビデオスイッチャー「V-800HD」が4台設置されていてMIDIで4台が同期していた。1台がマスターで、ほかの3台がスレーブになっている状態で、マスターのフェーダーを操作すると4台同期して4Kのキー合成の結果を操作できるようになっていた。4KであってもフルHDと変わらない感覚で操作が可能といった感じだった。

EMPW_04_40.jpg V-800HDもシンクロして動いていて、4Kのキー合成を試せる状態になっていた

このソリューションのポイントは、あくまでも全部ばらばらのHDが4本送出されていて、スイッチャーと送出側でシンクロしているというところだ。4K映像演出というと「まだまだ先になるのではないか?」と思われがちだが、このようにHDの機材でも4Kに対応できるというところを見るとだんだん手が届くところになってきたということを実感する展示だった。

タケナカ 代表取締役 武仲秀晃氏インタビュー

今もっともホットなイベントアトラクションとして注目を集めているプロジェクションマッピング。それをリードしているのがタケナカだ。そこでタケナカの強みやどういった経緯でプロジェクションマッピングを始めたのかなど、タケナカの代表取締役 武仲秀晃氏に話を聞いてみた。

EMPW_04_41.jpg タケナカの代表取締役 武仲秀晃氏
東京支店での内覧会は初めての開催ですね。

武仲氏:東京支店はお披露目をしたいと思っていたのですが、なかなかできませんでした。今回はお披露目も兼ねて、一階から三階まで見ていただけるようにしました。

タケナカは名古屋や大阪のほかに海外にも拠点がありますが、それぞれの特色はどうでしょうか?

武仲氏:実はやっている内容がちょっと変わっていまして、東京のほうがイベントとかコンサートなどのエンターテイメント系、マッピングなど多岐にわります。大阪とか名古屋は比較的セミナーなどコンベンションとか、どちらかといえば比較的企業様とかMICE系とかそういった仕事が多いです。

タケナカの強みというのはどんなところにありますか?

武仲氏:まずベースの部分ですが、社内でクリエイターとテクニカルをやられている会社さんもほかにあると思うのですが、我々の場合はそこのコミュニケーションを密にしています。状況によっては一人が複数のことをやったりとか、あるいは音に対しても情熱をもって取り組んでいます。複数人が当然コミュニケーションをとるのは当たり前なのですが、かつ一人の中でも業務の範囲を広げるようなことを命題にしてやっています。

「私はこの部分だけを」とかではなく、お客様のユーザーエクスペリエンスを高めるような「なにが面白いか」というのを、1つのベクトルとしてみんな考えていこうというふうにしています。そして、コンテンツ制作から、企画、ハードの設営、運用までというワンストップの部分が特徴です。今後はその部分を空間演出とかのほうにも広げていきたいと思っています。

タケナカは映像を作るチームにしてもブランドみたいなものも立ち上げられていますね。

武仲氏:日本の場合はどうしても、あそこは「何屋さん」というイメージを決める傾向があります。例えばレンタル屋さんとか、コンテンツ制作屋さんとかいった感じです。ある程度、カテゴライズを決めてしまう感じです。我々の場合はもともと映写機を作っていたり、機材レンタルとか販売をやっていたこともあり、お客様によって見かたが異なっているのが現状です。そこである程度「こういうことをやっています」ということをアピールするために、ブランド的な名前や、チームを作っています。

ここ数年で案件の傾向などに変化はありますか?

武仲氏:以前からの株主総会や学術会議、企業セミナー、式典は従来通りあるのですが、最近は「こういう機材を貸してください」とかではなく、「こういう場でこういうことをしたいのですが、なにかいい案はないですか?」というのが非常に多いですね。その中で「今回はマッピングがいいですよね」とか、「今回はサイネージがいいですね」といった事例は増えてきました。

プロジェクションマッピングについてお聞きします。日本でもリーディングカンパニーといわれるぐらいかなり早くから手がけてきていますが、なにがきっかけでプロジェクションマッピングを始められたのでしょうか。

武仲氏:もともと我々は「コンテンツチーム」と「映像制作チーム」「ハードチーム」がばらばらのことが多かったのです。そこで、なにか1つのチームでできることがないかというのを探したのですね。その中で、プロジェクションマッピングというのがある程度、見聞きする場がたまたまありました。これは面白い、チャレンジしたいというのがきっかけでした。

プロジェクションマッピングも2009年ぐらいから始められているので、リピーターのようなプロジェクトも増えてきているのではないでしょうか。

武仲氏:おっしゃる通りです。一度行えば効果測定というのもお客様のほうでも見えてきます。その結果、比較的毎年やりたいというお客様の声が非常に多いです。「今回はこうしましょう」とか「ああしましょう」とか一緒に考えながらやらせていただく場が増えてきましたね。

上質なコンテンツをつくらなければいけないというプレッシャーはありますか?

武仲氏:そういう意味では、コンテンツ制作のレンダリングシステムやクリエイターのチーム含めて、今は常に見直しております。当然チームを増やしていくのもそうですが、コンテンツ制作から送出までのワークフローの見直しというのも大事で、最適化も常に考えています。あと、我々は音も非常に注力しています。社内にはタケナカオーディオというPA部門があります。やっぱりイベントは、まず音からです。われわれは音には心のスイッチがあると思っています。音というのはすごいいい空間を作っていくために必須だと思っていて、音も自社でオリジナルを実際に作っているものも多いです。

最後に、タケナカが今後手がける大掛かりなコンテンツにどんなものがありますか?

武仲氏:東京ドームシティに、いろいろな視点から宇宙を楽しめる宇宙ミュージアム「TeNQ」というのが今年7月上旬にオープンします。タケナカは4Kコンテンツ制作及び機材プランをさせていただいております。ハイエンドなマッピングの映像技術と音の融合したシーンというのを生で見ていただけると思います。ぜひ楽しみにしていただければと思います。

総括

タケナカのプロジェクションマッピングのプロジェクトにはいつも驚かされるばかりだが、東京ドームシティで公開予定の「TeNQ」は、直径11mの大型円形高解像度シアターに映像は4Kの高解像度が使用される予定で、今までのところからさらに飛びぬけたコンテンツを実現する予定だという。常にプロジェクションマッピングの最先端をリードしてきたタケナカだが、今年もいろいろなプロジェクトで話題をさらいそうだ。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2014-04-01 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[イベント映像演出の世界]Vol.24 マネーマーケット情報の実況中継番組を配信~株式会社ストックボイス

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 東証アローズ・メディアセンター内の専用スタジオに潜入! 東証アローズ内には放送局用のスタジオが並んでいる ... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.23 自分たちが見たい音楽番組を~音楽番組「MUSIC SHARE」

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 ないなら作ればいい!DIY精神で始まった音楽番組 毎月第四火曜日に、Red Bull Music Studios To... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.22 迫力のある水中からの中継を実施~マリンワールド海の中道

株式会社海の中道海洋生態科学館 運営本部 展示部魚類課 次長 三宅基裕氏 txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 外洋大水槽で行われる「ダイバー魚ッチング」でのV... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.21 小規模な機材構成で生中継を実現~高知さんさんテレビ

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 高知さんさんテレビ 報道制作局 報道制作部 副部長 服部淳一氏(写真右) 技術局 技術部 副部長 吉本憲司氏(写... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.20 大規模スタジアムでの映像演出システム~市立吹田サッカースタジアム

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 今注目に吹田スタジアムのシステム構築とは 2016年にオープンした「市立吹田サッカースタジアム」は、40,000人収容... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [イベント映像演出の世界]Vol.04 タケナカ東京での初内覧会〜最新の技術が一堂に!