PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [イベント映像演出の世界]Vol.05 屋内テクノ・フェスティバル「electraglide 2013」

News

[イベント映像演出の世界]Vol.05 屋内テクノ・フェスティバル「electraglide 2013」

2014-04-16 掲載

photo by Tadamasa Iguchi 井口忠正

国内最大級の屋内フェス

イベント映像演出の中でも最先端の技術や演出に出会えるのがいわゆるフェスだ。昨年11月29日に千葉・幕張メッセで開催された「electraglide 2013」は、今回で9回目を迎える。多くのファンに通称「エレグラ」と呼ばれ、WIRE、METAMORPHOSEとともに日本最大級の規模で開催される屋内テクノ・フェスティバルだ。テクノの枠には留まらない、ダンスミュージック全般にわたる広範囲で多彩な出演者が特徴。過去にはアンダーワールド、オービタル、ファットボーイ・スリムなど世界で活躍するアーティストが出演した。

演奏とリアルタイム生成映像の融合

EMPW_05_01.jpg 写真手前から真鍋大度氏、堀井哲史氏、比嘉了氏

今回トップ・バッターとして登場したのは、LAビート・シーンのスター、ノサッジ・シング。そしてPerfumeのライブ演出なども担当する真鍋大度氏を筆頭に、堀井哲史氏、比嘉了氏といった気鋭のクリエイターがVJを務めた。

ノサッジ・シングがMPDの演奏を始めると大型スクリーンには実際の映像とリアルタイムに生成される映像がAR(拡張現実)のように合成され映し出された。MPDのPADを叩くとPADの上にカラフルなポリゴンの柱が現れたり、つまみを回すと図形や宇宙のイメージが現れたり、MPCの操作や音とリンクした映像演出であった。

MPCの操作を可視化

EMPW_05_02.jpg ノサッジ・シングの回りにGoPro HERO2やWEBCAMなど6台のカメラが設置されていた

真鍋氏に今回のパフォーマンスの詳細を聞くことができた。

EMPW_05_03Manabe.jpg株式会社ライゾマティクス 取締役
メディアアーティスト 真鍋大度氏

真鍋氏:MPDの周りに6台のカメラを設置し、それをMacBook Pro 4台に入力しました。そして、ノサッジのMacで動いているAbleton LiveのイベントとMPCを操作した時に出るMIDI信号などをOSCというプロトコルに変換しVJ側に送信。それぞれがOpenFrameWorksなどでカメラの映像にAR的にリアルタイムでコーディングしたグラフィックを重ね、Macで作られた映像は最終的にローランドのV-1600HDに入力し、そこで手動で切り替えていました。


EMPW_05_04.jpg カメラからの入力にOpenFrameWorksでグラフィックを合成

今回の映像パフォーマンスはノサッジ・シングの要望を細かく聞き出して出来たものだそうだ。

真鍋氏:ノサッジから「MPDで何をやっているかを見せたい」という要望がありました。MPDはツマミがどんな機能にも割り当てられるのでフィルターを触っているのか何を触っているのかわかりにくいんですよ。それをグラフィックで可視化させるというのが今回のシステムの始まりでしたね。

EMPW_05_05.jpg ノサッジ・シングはAbleton LiveとMPDで演奏

今までもVJとして数々のアーティストと共演してきた真鍋氏だが今回のシステムは初。真鍋氏はライブごと、アーティストごとに毎回違うシステムを組み立てるという。

真鍋氏:慶應大の筧君の言葉なんですが、「僕らは町医者みたいなもんだから、本当毎回毎回細かく要望を聞き出して、ひとつひとつ処方していくっていうのをテクノロジーでやっていく」っていうのがあって、僕らは汎用性の高いものを作るっていうのは目指していないんです。一点ものを作っていくって感じですね。やっぱり使い回しっていうのはアーティストに失礼だなって思っていて、最大限そのアーティストが望んでいるモノを実現できるよう心掛けています。

リスクヘッジをするための機材

レンダリングして完成された映像ではなくリアルタイムに映像を生成していくスタイル。計算された中で偶然の産物が魅力だという。

真鍋氏:映像の完成度では作りこんだものの方が高いと思います。リッチなライティングもできますし。でも、プログラミングは書き出しがないので、結構そのへんですぐに変更出来たりします。パラメータの与え方で全然変わってきますから。僕らもギリギリまでいろいろ付け足したり、変えていったので、結構セッションみたいな感じですね。どんどん面白いことが見えてくる。一期一会の映像が楽しいですね。

EMPW_05_07.jpg MacBook Proでリアルタイム生成された映像はすべてローランド「V-1600HD」に入力しスイッチング

リアルタイムでプログラミングを扱うということ、毎回違うシステムを組むということにはやはりリスクが生じる。そのリスクをどう考え、どう対処するかを聞いてみた。

真鍋氏:リスクの分だけ面白いものができると思っています。難しいことにチャレンジするから面白いモノが生まれるわけで…ただ、失敗は許されないので2重3重にバックアッププランは用意します。今回でいうと最終出力の前にローランドのV-1600HDを設置するのは大きなリスクヘッジですね。プレビューモニターでそれぞれがどんな映像を出しているか確認できますし、Macがもしフリーズした場合はすぐに他のソースに逃げることができます。そういう意味では堅牢なハードウェアの信頼性は心強いですね。

リアルタイム映像演出の今後

EMPW_05_06.jpg ノサッジ・シングの手の動きに合わせてグラフィックが発生
photo by Tadamasa Iguchi 井口忠正

映像を投影するだけのライブ演出が普遍化している中で、アーティストと映像のインタラクティブ性がある演出が、プログラミングによってどんどん進化している。業界でも、新しい表現を受け入れる傾向にあるようだ。

真鍋氏:海外でいうとレンダリングした映像だけというのはなかなか目新しさにかけるのかなと。プロジェクションマッピングも同じですね。プログラムの制御で動くLEDディスプレイなどのハードを動かしながらの映像演出というのは多くなってきているかなと思います。日本でも最近は紅白などでの成功例があるのでかなり認めてもらえるようになりました。

テクノロジー×人

最先端テクノロジーのイメージが強い真鍋氏だがパフォーマンス・表現に関しては「人」の存在を大事にしている。

真鍋氏:最近はクワッドコプターの制御と人間の動きを連動させるものなども作っていますが、基本的には人ありきでパフォーマンスを考えます。ヘリだけとかロボットアームだけのパフォーマンスは、見るのは好きですが自分で作る場合はやっぱり人が入ったほうが好きなんですよね。舞台での映像表現にはまだまだ身体パフォーマンスを取り入れることに余地があるのかなと思います。映像と共にそれ以外のメディア、デバイスを使いつつ、人を入れて新しい表現が出来ればなと思っています。

人は見たことのないモノを見たいという欲求がある。その欲求はテクノロジーとともに高いものになっている。しかし、本質の部分では変わっていないような気がする。真鍋氏のパフォーマンスが魅力的なのは彼がその部分を大切に思っているからではないだろうか。これからも目が離せない一人であることは間違いない。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2014-04-16 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[イベント映像演出の世界]Vol.16 サンフレッチェ広島F.CオフィシャルFacebookページでの生配信~株式会社ミックス

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 サンフレッチェ広島F.CのオフィシャルFacebookページ内で、ホームゲーム開催時に行われているFacebook Live... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.15 イベント/ステージに関わる業務をワン・ストップでサポート。強みを生かしたシステム作り~セカンドステージ株式会社

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 機材一式をオリジナルキットとして制作・運用 舞台音響会社としてスタートし、現在は照明、映像、ワイヤレスマネジメントなど... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.14 お客様のやりたいことを実現するために~株式会社ブリックス

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 イベントの企画提案と運営を中心に、スタジオ運営や機材レンタルまで手がける株式会社ブリックスの福田周作氏にイベント業務現場での... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.13 100年残るラジオを目指して~FMよみたん

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 地域の重要なメディアとして認識されてるコミュニティFM放送局 「FMよみたん」は、沖縄県読谷村のコミュニティFM放送局... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.12 MLB公認カフェレストラン・スポーツバー「MLB café TOKYO 東京ドームシティ店」

アミューズメントレストランを技術的に支える裏側を大解剖 エンターテインメント性が高く空間演出へのこだわりを持った飲食店が増えてきており、飲食を楽しむだけではなく、映像演出やパ... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [イベント映像演出の世界]Vol.05 屋内テクノ・フェスティバル「electraglide 2013」