PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]第1回ライブ&イベント産業展Vol.01〜盛り上がるイベント映像演出の世界〜

News

[Report Now!]第1回ライブ&イベント産業展Vol.01〜盛り上がるイベント映像演出の世界〜

2014-07-17 掲載

今注目のイベント映像演出の世界

リード エグジビション ジャパン株式会社は、7月9日から11日までの3日間、東京都江東区の東京ビッグサイトにて、ライブやイベントを開催するために必要なサービスや機材を展示する「第1回ライブ&イベント産業展」を開催した。

昨年、初開催を発表した当初は、2014年7月2日~4日に開催された同社主催の「プロダクションEXPO東京」や「コンテンツ制作・配信ソリューション展」などのコンテンツ関連の展示会の一部として行われる予定であった。ところが開催決定を発表すると予想を上回る反響があり、結局ライブ&イベント産業展のみ日程を変更し、会場を広くして単独開催として行われることになった。そんな経緯があったことからしても、業界からの注目度の高さが伺える展示会だ。出展社数は220社と盛況で、業界最大級の展示会といって間違いないだろう。ライブからイベントまで最新事情が展示された会場の様子を紹介しよう。

タケナカ | ホログラム映像を使ったパフォーマンスに注目

140718_live-event_02.jpg タケナカブースの様子。ステージにLEDスクリーンとホログラムシステムが設置されていた

最初に、さまざまなプロジェクションマッピングの実績が話題になっているタケナカブースから紹介しよう。ブースでは、国内最大級大型ホロシステムとその後ろにLEDパネルを組み合わせたステージが設置されていて、タケナカのクリエイター4名が手がけたオリジナルコンテンツを公開。すべて、自社のクリエイティブと音響、照明といったハードを統合したもので、ハードからコンテンツまでワンストップのサービスであるとアピール。

140718_live-event_03.jpg 左が実際のダンサー。右がホログラムで投影された人だ 140718_live-event_04.jpg 見どころはダンサーとホログラムが見事にシンクロしているところだ

ブース取材時には、コンテンポラリーダンサーが3Dホログラムの映像に合わせて踊るというパフォーマンスが行われていた。ホログラムによって映像が浮かび上がって見え、実際のダンサーのパフォーマンスと融合しているところは見事だった。このほかにもストリートダンスバージョンやプレゼンテーションといったプログラムも行われており、各コンテンツの合間にはホログラムシステムを使ったインタラクティブなホログラムインベーダーゲームが楽しめるようになっていた。こちらのゲームも映像の投影とホログラムの両方を使って奥行き感が表現されている大がかりなものだ。

140718_live-event_05.jpg プログラムとプログラムの合間にはホログラムとビジュアルが投影されたものを使ったゲームが楽しめるようになっていた 140718_live-event_06.jpg ゲームのコントロールはタッチスクリーンのモニターを使って行う仕組みになっていた

タケナカの展示したすべてのコンテンツはライブ&イベント産業展のために制作されたものとのこと。プロジェクションマッピングの実績紹介や展示などではなく、ホログラムの映像演出でアピールしてくるところはさすが業界をリードしているタケナカといった感じだった。

ローランド | 小さな音でロックバンドライブを実現

140718_live-event_07.jpg ツインギター、ベース、ドラムの4人組バンド「D_Drive」がローランドブースのステージでライブを行った。ステージ前の来場者はみんなヘッドホンをしてライブの演奏を楽しんでいる

ローランドブースのステージでは、ロックバンド「D_Drive」が小さな音でライブを行う「ALL LINE LIVEデモ演奏」というのが行われていた。これもライブ&イベント産業展らしいステージだった。

通常、展示会の会場は音量に制限が設けられていて、ブースでむやみやたらに大きな音を出すことはできない。真剣な商談が行われる展示会とロックバンドのライブというのは、水と油みたいに相反するものだ。しかし、ローランドのブースでライブが実施された理由は、バンドのメンバーはギターアンプや生ドラムなどは一切使用せずに静音性に優れた電子楽器を使ったからだ。

140718_live-event_08-2.jpg ライブ演奏が行われたステージ。エフェクトプロセッサーのGT-100やGT-10Bや、電子ドラムのTD-30KV-Sが置いてあるだけのシンプルな構成だ

エフェクトプロセッサーのGT-100やGT-10B、V-Drumsと呼ばれる電子ドラムのTD-30KV-Sといったオールデジタルハードウェアの楽器を使って、全ての楽器からLINE出力をする。つまり、楽器自体から、エアーに出ている音はないのだ。バンドのメンバーはヘッドホンをして自分たちの音楽が聞こえる状態になっており、音楽を楽しみたいという来場者は用意されたヘッドホンを着用し、ミキサーから出た音楽を楽しめるようになっていた。実際にライブが始まると、バンドのメンバーは楽しそうに普通にライブをしているのに、PAスピーカーからは音はでていないというシュールな光景が展開されていた。

140718_live-event_08.jpg Vドラム最上位機種の電子ドラムTD-30KV-S。メッシュパッドによる静穏性や、叩く位置やロール、フラムといった演奏奏法によっても音色が変わる

このようにオールデジタルハードウェアの楽器をライブステージに導入することにより、音響を完全にコントロールすることができる。小さなレストランやバーでも、ロックバンドのようなヘビーな音楽を演奏することが不可能ではなくなってきているということを証明してみせたステージだ。

140718_live-event_09.jpg ローランド初のマトリックススイッチャー「XS」シリーズ。写真は4出力モデルの「XS-84H」 140718_live-event_10.jpg 「XS-84H」の背面。HDMIやアナログビデオインプットを8系統搭載している

ブースに展示されている製品で目を引いたのは、6月11日に開催された「ローランド Audio & Visual 新製品内覧会 2014」で発表されたローランド初のマトリックススイッチャーXSシリーズだ。デジタル / アナログ8系統入力に、2出力モデルのXS-82H、3出力モデルのXS-83H、4出力モデルのXS-84Hがラインナップされている。特徴は、オーディオ機能の充実で、オーディオにミキサーの機能を搭載しており個別にオーディオを音量調整でき、チャンネルごとにイコライザーやコンプレッサーなどを搭載していて調整を細かくできるようになっている。

140718_live-event_11.jpg オーディオ入力系統にはハイパスフィルター、4バンドイコライザ、ノイズゲート、コンプレッサーを搭載している。写真は4バンドイコライザの設定画面

映像関連の特徴では、画面のプロセッサーの機能も充実していて、ピクチャー・イン・ピクチャーができるPinPモードや、1画面を複数画面への拡大出力が行えるスパン・モードを搭載している。また、iPad専用アプリケーションXS Remoteをリリース予定で、iPad上でビデオの出力先を選んだり、オーディオのレベル調整などの操作が可能になる。XS Remoteは無償でダウンロードでき、発売は11月を予定している。

140718_live-event_12.jpg iPad専用アプリケーション「XS Remote」からマトリクススイッチャーをリモートコントロール可能だ 140718_live-event_13.jpg HDの16:9の真ん中を切り出して、3画面で出力する「スパン・モード」で出力したところ

レイ | ソニーF65から4Kプロジェクターへの4Kライブ中継をデモ

レイと呼ぶより、“マックレイ”と呼んだほうがお馴染みかもしれない。今年3月1日をもってマックレイはレイと合併したため、レイという社名で出展されていた。レイというと4K関連の機材を豊富に取り揃えており、その技術にも定評がある。

140718_live-event_14.jpg レイのブースでライブカメラとして使われていたF65RS

ブースでは4Kライブカメラシステムでステージを撮影し、ステージ上部に設置された巨大な4Kのプロジェクターやステージサイトに設置されたモニター2台にライブで投影するという提案が行われていた。ライブに使っているカメラはCMなどの撮影でよく使われているF65RSだ。F65RSには、F65専用アダプターのSKC-4065を使ってカメラシステムアダプターCA-4000を接続し、4Kライブカメラシステムにしている。そこから光ケーブル1本でベースバンドプロセッサーの「BPU-4000」に接続して、各4Kモニターやプロジェクターに出力という構成で行われていた。

140718_live-event_15.jpg F65RSで撮影されたステージのライブ映像を4Kプロジェクターや2台の4Kモニターにカットアウトして出力が行われていた

パブリックアートの制作もアピールが行われていた。東京駅丸ノ内駅舎に投影が行われた日本最大級のプロジェクションマッピング「東京ミチテラス」の様子を模型を使って再現していた。レイはこのプロジェクションマッピングイベントのマッピング技術や映像演出、ハードを担当したとのことだ。

140718_live-event_16.jpg プロジェクターで東京駅のミニチュアにプロジェクションマッピングを投影してイベントの様子を再現していた 140718_live-event_17.jpg 東京駅に投影されたプロジェクションマッピング。非常に大規模なプロジェクションマッピングイベントだったが、その技術を支えたのがレイだ

FeliCa搭載の携帯電話やカードをリーダーにかざすと、ツリーの色が変わる「My Color tree」というデモも行われていた。スタッフがデモ用として用意したグリーンと書かれたカードをかざすと、ツリーがグリーンになり、赤と書かれたカードをかすと赤になる。SuicaなどのICカードにも対応しており、ICカードのIDの下三桁を読み取って色を決定するという仕組みだ。デモでは単色で色が変化するだけだが、エフェクトが出たり、レインボーになったり、映像を出すトリガーとして使えるのではないかとのことだ。

140718_live-event_18.jpg 緑の色になるカードをかざすと、ツリーが緑になる 140718_live-event_19.jpg 青の色になるカードをかざすと、ツリーが青になる

ヒビノ | アーティストのステージ映像を再現したLEDスクリーンを展示

ヒビノは、国内外のトップアーティストのステージ映像や大規模展示会での映像システムを数多く手掛けている。ブースでは、そんな大規模なイベントでの利用をイメージし、2種類の大画面を構築したLEDスクリーンの展示が行われていた。1つが、高精細な9mmピッチを実現した「F9L」だ。9mmタイプでありながら、割と薄くて軽いのが特徴。もう1つは、3.8mmという非常に精細なピッチ幅を実現した「V38」も大画面を構築して展示されていた。こちらは展示会といったシーンで活用されているとのことだ。

140718_live-event_20.jpg 9mmタイプのF9L。短時間で大画面の設置が可能だ 140718_live-event_21.jpg 3.8mmピッチなので小さなスクリーンサイズでも高精細な画面設営が可能だ

F9Lで構成した大画面スクリーンの床には、フロアLEDのINTERRACTIVE FLOORが設置されていた。加圧センサーが搭載されていて、脚に反応できるLEDだ。実際にLEDの上を歩くと足の動きに合わせて波紋が広がる。海外のライブイベントなどですでに活用されているとのことだ。

140718_live-event_22.jpg 一見するとただの床に見えるが、歩くと模様が表示される

透明な液晶ディスプレイのReveal G55もユニークな展示だった。白い映像はディスプレイをもっとも透明に、黒はもっとも透明性を遮断するという特性をもっている。商品のディスプレイとして使って、展示物と絡ませた映像を出すと面白いことができそうだ。「水族館で使っても面白いのでは」ともアピールをしていた。

140718_live-event_23.jpg 140718_live-event_24.jpg 140718_live-event_25.jpg ブースでは4面マルチの状態で展示されていて、いろいろなデザインを表示するデモが行われていた

エルテック | ピッチ幅が1.9mmと1.6mmのLEDを展示

140718_live-event_26.jpg イルミネーションイベントのようだが、これも商品の展示だ。下に商品の名札が配置されていた

LEDのスペシャリストと言われるほどあらゆるLEDを取り揃えている同社は、それらをすべて展示していた。“宇宙”というテーマでブースは飾り付けられており、ブースの外見はまるでイルミネーションイベントのような光景になっていた。展示の中でも注目を浴びていたのは、ピッチ幅が1.9mmと1.6mmのLEDだ。中国に本社のあるLAYARDというメーカーと共同開発をしたという製品で、おそらく世界で初めてではないかとのことだ。

140718_live-event_27.jpg 参考出品されていたピッチ幅が1.9mmのLED 140718_live-event_28.jpg こちらも参考出品されていたピッチ幅が1.6mmのLED 140718_live-event_29.jpg ブースでは4Kの映像をフル4Kのプレーヤーで用意し、少し距離を開けたところに配置されている4Kモニターに無線で伝送するというデモも行っていた

映像センター(AVC) | レンタル市場初上陸、立体型LED「DELTA WALL 3D」

140718_live-event_30.jpg 国内レンタル市場初のお披露目となる新商品「DELTA WALL 3D」が展示されていた

映像センターは、多数のコンサートビジネスなどのビジュアル演出をサポートしている企業で、ブースではコンサート会場をイメージした演出例を展示していた。特に強く推していたのはステージ両サイドに設置されていた立体型LED「DELTA WALL 3D」だ。レンタル市場日本発上陸で、まだ映像センターしかもっていない新製品とのことだ。上部には18mm LEDのLinx-18を使って湾曲設置されていた。ドレープ幕のイメージや湾曲させた設置など、立体感のある展示が行えるとアピール。ブース正面は、バルコの9mmLED「V9L」が横12メートルにも及ぶ大画面になる形で設置されていた。V9Lはスリムで軽く、特別な磁気を採用してすばやく簡単に設置可能というのが特徴だ。

140718_live-event_32.jpg Linx-18を使って天井に湾曲で取り付けられていた。フレキシブルな空間表現が可能というのが特徴だ 140718_live-event_33.jpg 「V9L」で12メートルの巨大スクリーンを実現していた

オムニバス・ジャパン / 東北新社 | 複雑な映像表示条件の映像制作や出力をアシストするツール「omniviz」を展示

140718_live-event_34.jpg こちらがブースで展示されていた複数のモニターと映像。写真では切れてしまっているが、天井にもモニターがあり、それらに映像が出力が行われている

複雑にレイアウトされた複数のディスプレイに映像を出力するというデモと、その映像制作をサポート、映像出力に使用するツール「omniviz」の紹介がされていた。ブースには、左右に3台ずつ、中央と天井に1台ずつ、合計で8台のモニターが設置されていた。omnivizは、このような複雑なモニター環境に対して、再生する映像のレイアウトや大きさ、角度を自由に変えて、それぞれのモニターに映像出力ができる。「この映像はここ」「この映像はここ」というような形で、自由に割り当てることができる感じだ。なおかつ、実際にモニターへ映像を出力しなくても、画面上でどのように再生されるのかといったことを視覚的に確認することもできる。システムに「マスター」と「スレーブ」の設定が可能で、複数のomnivizのシステムを同期させて映像を出すことも可能だ。スレーブは何台でも増やせるので、映像出力に使えるスクリーン数に制限はない。つまり、解像度もいくらでも増やせるという。

140718_live-event_35.jpg omniviz上でモニターのレイアウトや出力結果をイメージで確認できるようになっている。下は一緒に組み合わせて使ったDaVinci Resolveの画面

ちなみにブースのデモは、左右の6面に関しては1台のPCから出力し、真ん中と上に関しては、もう1台別のPCから出力されていた。スタッフによると、omnivizはもともと映像制作時に使うツールとして開発したもので、編集している映像を実際にモニターに出力することなく、その場のPC上で確認ができるようにするために作られたものとのことだ。

たとえば、日本科学未来館でシンボル展示されているGeo-Cosmosという巨大な地球型ディスプレイが展示されているが、そこの映像制作を担当した際も、omnivizを使って映像を球体に貼り付けた状態を再現して、1階から見えた状態や、3階から見えた状態をクライアントと事前に確認しながら映像を仕上げていったという。さらに、こういったイベントの出しにも使えるということをアピールしていた。

フォトロン | Vizrt社の技術を使ってライブ映像演出システムを実現

140718_live-event_36.jpg オンエアグラフィックシステムのVizを使ったライブ映像演出システム

VizrtはCGタイトル、スポーツコーダー、バーチャルセットなどに使われているオンエアグラフィックスシステムだ。放送業界では毎日のように使われているが、今回のライブ&イベント産業展のターゲットであるライブやイベントの業界では使われていない。そこで、PCDJ用のコントローラーとつなげて、Vizのエンジンに対してコマンドを投げることでVJのライブ映像演出システムを実現してしまおうというデモが行われていた。瞬時の切り替えというのは問題なくできるし、アニメーションもフェイダーに連動している。ライブやイベント業界では、3Dのベースのモデルでこういった切り替えやこの解像度でできるものがなかなかないことから興味深いシステムとなっていた。

140718_live-event_37.jpg パイオニアのPCDJ用コントローラーを使って操作ができるようになっていた


[第1回ライブ&イベント産業展] Vol.02

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2014-07-17 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report Now!]ライカカメラ社、フルサイズDCI4K(C4K)撮影可能なコンパクトデジカメ「Leica Q2」を発表

txt:手塚一佳 構成:編集部 期待の1台!「Leica Q2」が登場 LeicaQ2の写真。コンパクトデジタルカメラながら、ライカ判フルサイズセンサーとDCI4K... 続きを読む

[Report Now!]富士フイルム、自由な位置から投写できる同社初の2軸回転機構レンズ搭載プロジェクター「FP-Z5000」の新製品発表会を開催

txt・構成:編集部 富士フイルムからプロジェクターが登場! 富士フイルムは2月13日、東京都内にてプロジェクターの新製品発表会を行った。発表されたのは、屈曲型二軸回転... 続きを読む

[Report Now!]NHK 第48回番組技術展〜現場の創意工夫からみえたこれからの放送とは

txt:稲田出 構成:編集部 放送現場のアイデアから生まれる技術を紹介 2月11~13日の3日間、東京・渋谷のNHK放送センター正面玄関ロビーにおいて全国各地の... 続きを読む

[Report Now!]ローランド新製品内覧会2018。新製品「XS-42H」「VP-42H」などを展示

注目の新製品「XS-42H」「VP-42H」を初お披露目! 10月3日、東京・秋葉原のローランド東京オフィスにおいて「ローランド新製品内覧会2018」が開催された。今回は社内... 続きを読む

[Report NOW!]「そうかえん」スカパー8Kライブパブリックビューイング実験をスカパーが行う理由

txt・構成:編集部 富士総合火力演習「そうかえん」で行われたスカパー!の試みとは? 陸上自衛隊が毎年8月に行う、富士総合火力演習「そうかえん」。戦車等が実弾射撃すると... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]第1回ライブ&イベント産業展Vol.01〜盛り上がるイベント映像演出の世界〜