PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

News

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

2013-02-05 掲載

ご縁があって、昨年の12月から今年1月の前半にかけてScarlet-Xと、Epic-M Monochrome、2台のREDをお借りする機会を得ました。今回のお借り出しのメインは、もちろん “世にも高価なモノクロカメラ”、Epic-M Monochromeです。

raitankfountain07_01_Scarlet_EpicMono.jpg

モノクロは…

「なぜモノクロなのか?」RED社がEpic-M Monochromeを発表した時、すぐと頭の中にこの問いが浮かびました。どうして今、モノクロなんでしょうか?

raitankfountain07_02_Mono1.jpg

写真や映像はよく「引き算の芸術」と言われます。撮影者の全周囲に広がっている無限の空間から、その9割9分を捨てることでフレームを決定する。

raitankfountain07_03_Mono2.jpg

その切り取った空間から、さらに主題に不要なエレメントを捨て、どかし、見切り、さらには被写界深度をコントロールして背景を切り捨てる。

raitankfountain07_04_Mono3.jpg

モノクロームの場合は、そこから更に色彩まで抜き去って、黒から白まで明るさを表すグレーの粒(グレイン)のみで世界を再構成する。…とは、まるで禅の如きストイックさ?

raitankfountain07_05_Mono4.jpg

グラフィックデザイナーであるボクが、過去20年に亘り揺るがない信頼、絶対の安心感と共にいつも撮影を任せてきた写真家の親友を呼び出して、質問してみました。「おい。モノクロ写真ってなんだ?」

raitankfountain07_06_Mono5.jpg ※以上すべてEpic-M Monochromeの動画撮影データからノントリミングで抜き出したモノクロ画像(撮影:Isao Kimura)

“言葉はオレの表現道具ではないんだがな” とでも言いたげな迷惑そうな表情をチラと見せ、その親友曰く、「反則」。うむ、なるほど。いい加減にシャッターを切った単なるスナップも、モノクロでプリントするだけで「大層な作品」に見えたりするもんねぇ。…って、そういう意味じゃないか。

寒い国からやって来た潮流

昨年4月、スウェーデンのマニアックなシネマカメラ専門メーカー、Ikonoskop社から、a-cam dII Panchromatic Carl T. Dreyer Edition(エーカム d II パンクロマチック・カール T ドライヤー・エディション)という、世にも奇妙なカメラが発売されました。

Ikonoskop : A-cam DII Panchromatic Carl T. Dreyer Edition

raitankfountain07_07_a-cam-dII-panchro.jpg

今どきスーパー16mm相当サイズの「CCDセンサー」を搭載し、収録は12bit CinemaDNG RAWオンリー。独自のメモリーカード、ボディだけで¥100万。独自規格のメモリーカード、専用バッテリーパックほかシステム一式を揃えると優に130万円を越える高級カメラにして、パンクロマチック…つまり “モノクロ” でしか撮影できない!というのです。

raitankfountain07_08_Dreyer.jpg

製品名末尾に記された「Carl T. Dreyer」という人名は、1920年代に活躍した高名なデンマーク人の映画監督、カール・テホ・ドライヤー氏のこと。故国を離れフランスで撮られた「裁かるゝジャンヌ(1927)」という作品が日本でも有名なドライヤー監督は、その生涯を通じて独自の作法と様式美をもってモノクロの映像美を追求し続けた映画史上の偉人なのだそうです(白状すると、ボクはこのカメラのニュースに接するまで、お名前すら知りませんでした)。

Wikipedia : カール・テオドア・ドライヤー

CARL TH. DREYER – THE MAN AND HIS WORK

a-cam dII Panchromaticのデモ映像は、スッキリとしてクッキリとした、モノクロ映像の魅力を伝えるステキな小品でしたが、それにしても「こんなカメラ、誰が買うん?」と戸惑わざるを得ませんでした。やはり、メーカーというよりも “工房” と呼ぶのが相応しいマイクロ企業だからこそできる、贅沢な趣味カメラってところだろうか?

▶Vimeo : A-Cam Dll Panchromatic – Snowcross

…この時はまだそう考えていました。

米・独の巨人二社が追随

ところが続いて7月、今度は独・Leicaが「Leica M monochrome」という、1800万画素のモノクロ収録専用スチルカメラを発表し、翌月にはさっそくワールドワイドで販売が開始されました。

Leica’s M monochrome

raitankfountain07_09_LeicaM_Mono.jpg

Leica&モノクロ写真といえば、アンリ・カルティエ=ブレッソン木村伊兵衛のストリートスナップの例を引くまでもなく、切っても切れない関係であることはわかります。

とはいえ、それはあくまでもフィルムカメラの時代に白黒フィルムで撮っていたというだけのこと。もはやフィルムとは何も関係がないデジタル時代に、モノクロでしか撮れないカメラだなんて。そんなの、「モノクロ撮影モード」を用意するだけで良いじゃないか?しかも、定価が¥84万ですと!?

またもや「こんなカメラ、誰が買うん?」と困惑していたところ、その二ヵ月後の9月、とどめの一撃が米・REDから。

raitankfountain07_10_Epic_Mono.jpg

曰く、新開発のMysterium-X Monochromeセンサーを搭載したモノクロ専用カメラ、Epic M Monochromeを発表する、と。しかも、IkonoskopやLeicaなど目ではない、ブレイン本体のみ$42,000(約¥380万)という驚きの値札をぶら下げての登場です!実質、フル装備で¥500万近くかかる上にモノクロしか撮れないカメラって、どんだけーっ?(その後、RED全カメラの価格改定が行われ、現在は¥200万内外に収まりました)

RED : EPIC-M MONOCHROME [BRAIN ONLY]

事ここに至り、『コレハ絶対、ナニカガ始マッテイル!』と確信したボクは、「モノクローム」というキーワードを携え、いつものように海外情報ソースのディープ探索モードに入りました。

と・こ・ろ・が。いくら探しても、それらしい「解」が見つからないのです。

『モノクロ写真がイケてる!』という認識・風潮はフィルムカメラがほぼ絶滅した現在も、洋の東西を問わず、”静かなブーム” という形で連綿と続いています。またモノクロとは少々違うものの、スマホで気軽に写真を楽しむ層がInstagramなどのサービスを使い、写真をレトロ加工することが流行っています。ですが、ことさらに大枚をはたいてモノクロしか撮れないカメラ(それも動画専用カメラ!)を希求するプロやマニアが世界のどこかで大量発生中か?と云えば、そんな兆候は全く見当たりません。

ただ、今回の情報収集を通じ、デジタル時代のモノクロ収録について改めて知見を拡げることができたので、少し皆さんとシェアしたいと思います。

モノクロの仕組み

皆さんは、そもそもCCDやCMOSのセンサーがどうやってカラーあるいはモノクロのイメージを記録しているか、その仕組みをご存知ですか?

センサーには縦横に光電変換素子(Photosite)が並んでいます。光電変換素子とは、読んで字の如く『光を電気信号に変える特性をもった部品』です。

raitankfountain07_11_Sensor.jpg

シャッターが開いている間、この光電変換素子に、レンズを通り抜けた光子が蓄えられていきます。シャッターが閉じると、蓄えられた光子の量が電気信号に変換されて出力され、記録されます。

raitankfountain07_12_MonoSensor.jpg

仮に横2000x縦1000画素のセンサーを想定した場合、2000x1000=200万個のセルの中で上記の光電変換作業が行われ、光の量が記録されていく勘定です。そして、簡単に云ってしまうと、この200万個の各セルに溜まった光の量… つまり「明るさ」の情報を純粋に記録したものが、モノクロ映像データです。

カラーデータとの違い

いっぽうカラー映像を収録する場合は、200万個のセルの手前に光の3原色(RGB)をベイヤー配列に並べたカラーフィルター(CFA=カラーフィルターアレイと呼ばれます)を置くことで、各セルには「明るさ」のほかに、分光されて「色彩」の情報を持った光子が溜まっていきます。

raitankfountain07_13_ColorSensor.jpg

この場合…

  1. 各セルにはモノクロ記録時と比べると、ずっと少ない数の光子しか届きません(ベイヤー配列のRGB画素比率はR1:G2:B1なので、R、Bは対モノクロ比で1/3、G画素は同2/3となります)。これはカラー記録時の感度を1とすると、モノクロ記録時には感度が2.5倍向上することを意味し、実際、RED Scarletはベース感度がISO800ですが、Epic MonochromeはISO2000と公表されています。
  2. また、同じISO条件下で発生するノイズの量を比較した場合、カラー記録時を1とするとモノクロ記録時には2.5倍クリーンな絵が撮れることも意味します。

    raitankfountain07_14_ColorPhotosite.jpg

  3. たとえばフィルターで「R」画素とされたセルに、どれくらいGとBの光が届いていたか?は、隣り合ったセルの値から “推測される” ことになります(これを「デ・モザイク処理」と云います)。当然のことながら推測値は実測値と同じにはなりませんから、モノクロ記録時のほうが輝度情報がより正確でクリッピングしにくい… ということは、レンジの広いデータの収録が可能になります。
  4. 撮像イメージ中に含まれる、センサーの1セルよりも細かいパターン(=高周波成分)が、デ・モザイク処理時に “推測値” として再生成される際に、エイリアシングやモアレ(干渉縞)となります。これを防ぐためカラー記録には「光学ローパス(=高周波カット)フィルター」が必須ですが、これは実質的に “ぼかし” フィルターであり、基本的にこうしたフィルターが必要ないモノクロ記録時のほうが、精細感、解像感が向上します。

つまり、モノクロ映像を収録する際には、たとえベースが同じセンサーのカメラ同士であっても、カラーセンサーで撮影して後処理でモノクロに変換したデータより、モノクロ専用に調整されたセンサーで撮影したデータのほうが、「ノイズが少なく」「レンジが広く」「解像感の高い」データを記録できる、というわけです。

ふりだしに戻り…

さて、こうしてモノクロ画像・映像に関する蘊蓄が増えても、なぜ今モノクロなのか?という問いに対する答えは、依然見つかりません。

また昨年1年間のあいだに、スウェーデン、ドイツ、アメリカと、それぞれリーダー的存在である3つのカメラ・メーカーが、揃いも揃ってレアで高価なモノクロ専用機をリリースする中、なぜカメラ先進国である日本のメーカーは、ただの一社も追随しないのか?それは単純に “売れない” からなのか、はたまたこの潮流の影には日本を今以上にガラパゴス化するグローバルな陰謀が…?謎は深まるばかり。

※ 上の映像は Epic-M Monochromeで撮影したモノクロ素材と、Scarlet-Xで撮影したカラー素材(RED R3Dファイル)をFinal Cut Pro-Xに読み込み、編集〜グレーディングしました。Final Cut Pro-XによるREDの4K RAW素材の編集ワークフローについては、以下のページをご覧ください。

raitank blog : raitank流 RED概説

潮流はさらに?

一昨年の夏、突如どこからともなく登場した中華版Alexaこと、KineRAW S35。昨年はデモ映像を全世界に向けて発表するなど、半年おきくらいにワールドワイドに耳目を集めている同カメラの開発元、Kinefinity社がつい先日、今年の戦略を発表しました。

raitankfountain07_15_KineRAWs35Mini.jpg

それによると、(Alexaリスペクトな?)KineRAW S35のリリースが終わったので、次は(Epicリスペクトな?)Kinefinity Mini S35という新モデルをリリースする。また、このモデルにはモノクローム専用機も用意するそうで、いやあ、なんとも忠実な “リスペクト” っぷりに脱帽です(笑)。

Kinefinity : KineRAW-Mini : Galleries

スウェーデン、ドイツ、アメリカに続いて中国からも…。果たしてこの潮流は今後も続くのか。それとも…?

本稿執筆にご協力いただいた皆様
Epic Mono , Still Photo : Isao Kimura, Chikashi Ichinose


WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2013-02-05 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[raitank fountain]Vol.12 Blackmagic Design グラントCEO・独占インタビュー〜これからもクリエイティブな選択肢を提供し続けたい

txt:raitank・編集部  構成:編集部 2017年2月、NABを前にBlackmagic Designから突如発表されたURSA Mini Proは、ついに念願のND... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.11 Amazon、Netflix、Huluこの勢いは止められない!映像制作の主戦場はODTVへ

txt:raitank 構成:編集部 On-Demand TVが制作するオリジナル・シリーズの隆盛 Hulu、Netfilx、Amazon Studioは、On-Dem... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.10 raitank式DJI Osmo RAW(Zenmuse X5R+Osmo)レビュー

txt:raitank 構成:編集部 イントロダクション ドローン撮影用に開発されたM43マウント搭載・小型4Kカメラ「Zenmuse X5R」を「Osmoハンドル」と... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流