PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DSLR Maestro]Shoot.01 正しいDSLR撮影のために押さえるべき「数字」とは?

News

[DSLR Maestro]Shoot.01 正しいDSLR撮影のために押さえるべき「数字」とは?

2010-09-28 掲載

はじめに ~困ったら5Dを使おう!

Canon EOS 5D Mark IIが発売からまもなく2年が経とうとしている。映像制作現場のワークフローがこれほど大きく変わるとは誰も考え付かなかったことだろう。デジタル一眼で動画を撮影することがメインストリームとして現場でも受け入れられるようになり、従来のビデオカメラでは手に入れることのできなかったフィルムライクな素晴らしい映像に多くの評価が集まっている。NABなどの国際放送機器展でも、話題の中心はデジタル一眼動画撮影だ。ハイブリットに動画も静止画が可能で、HD動画撮影も可能で、DSLRが最近ではHDSLR(HDSLR:Hybrid Digital Single Lens Reflex)とも呼ばれていることは、ご存じだろう。そんなHDSLRの第一世代を築き、今でもナンバーワンでありつづけるのがCanon EOS 5D Mark Ⅱである。Canonがデジタル一眼レフカメラに「オマケ」としてつけた動画機能が、映像ワークフローに大きな選択肢を与えることになっただけでなく、コストパフォーマンスが驚くほど高いために、多くのクリエーターたちに測り知れないほどの可能性を与えたのは間違いない。

enatsu0102.jpg
被写界深度の浅い映像は、いままでのビデオカメラではなかなか実現できなかった。HDSLRの最大の魅力は、このフィルムライクな映像である。5DMK2の場合、本当に美しい画と出会うことができる

Canon EOS 5D Mark Ⅱの大きな魅力は、フルサイズの大型CMOSが捉える「ボケ足」満載の画だ。それに加え40Mbpsというかなり高いビットレートが織り成す美しい映像は「息を呑む」ほどだ。更にはスチルカメラの概念を引き継ぎ、圧倒的な高感度撮影と、レンズ交換により可能となるバリエーション豊かな撮影スタイルなど、今までビデオの世界ではなかった世界を味わうことができるのだ。低価格でフィルムのような力のある映像が手に入る――Canon EOS 5D Mark Ⅱは本当に魅力満載のカメラなのである。

正しい撮影のために押さえるべき「数字設定」とは?

今回の連載では、そんなEOS 5D Mark Ⅱの良さを引き出す撮影について話して行きたい。「今さら…」と感じる方もいらっしゃるかとは思うが、逆にこれからHDSLRの世界に踏み出そうとしている方のために基礎的なことから始められればと思っている。第1回は、撮影の際に必要な私なりの「数字の設定」を紹介したい。

撮影をするにあたり、ひとつだけ注意しておきたいことがある。それは、EOS 5D Mark Ⅱで動画撮影するときは、「全てをマニュアルで行う」必要があるということだ。一般のビデオカメラであれば、スイッチひとつでフルオート撮影ができるのもがほとんどであるが、HDSLRでの撮影となると話は変わってくる。私自身は、この「全てマニュアルで行う」ところに撮影の醍醐味があると常に考えているのだが、是非ともデジタル一眼の魅力を堪能するためにも自分の手を動かして、「自分らしい画」を撮影することに慣れていただければと思っている。個人それぞれのスタイルを築けるのも面白いところだ。

RECを開始する前に設定しなければいけない「数字」は基本的に4つある。「絞り」「シャッタースピード」「ISO」、そして「ホワイトバランス」だ。そして画角を決めたあとに、フォーカスをマニュアルで動かしていく。この作業の繰り返しでだんだんと数字の意味を理解できるようになるだろう。特に「絞り」と「シャッタースピード」、そして「ISO」の3つ数字はお互いに大きく関係しあっており、その関係性の中で撮影できる映像が決定するとても大切な数字だ。

  1. 絞り
  2. シャッタースピード
  3. ISO
  4. ホワイトバランス

絞り ~ボケ足をコントロール!

まず「絞り(F値)」について簡単に説明しておく。その文字があらわすように、デジタル一眼のレンズには絞りの羽根が組み込まれ、羽根がレンズ中で絞られて開閉するようになっている。絞りの値が大きくなればなるほど、羽根が閉じ、小さくなれば開く仕組みだ。レンズによってその羽根の開きの値は変わるのだが、数字を上げて絞り込めば絞り込むほどいわゆる被写界深度が深くなっていく。逆にボケ足をより顕著に出したいときは数字を下げて羽根を開放の方向へ設定すれば、被写界深度の浅い映像を撮影することができるのだ。

羽根が最も開いた状態を「開放」と呼び、そのレンズで一番被写界深度の浅い状態となっている。また絞り込んで数字を上げていくと羽根が閉じていくため、より明るい場所が必要になり、逆にボケ足豊かな「開放」の画は、羽根が開いているので暗い場所でも感度の低い撮影が可能になる。

レンズによって絞りのF値がいろいろ設定されているが、例えばCanon EF 28-200mm f/3.5-5.6 USMのズームレンズの場合、28mmの画角でF3.5までしか下げられないのに対して、 CANON EF50mm F1.8 II単焦点の場合はF1.8まで開放値を下げられたりする。レンズによってこの値が上下して、開放のF値が2を切るようなレンズを我々は「明るいレンズ」と呼んだりするのだ。暗い場所の撮影の場合絞りは開放で行えばよく、被写界深度が浅くなってしまうためフォーカスの設定が大変になるのだが、いわゆるボケ足豊かな映像を撮影することができる。

シャッタースピード ~基本は1/30秒

enatsu0104.jpg
シャッタースピード1/30秒、絞り4.0、ISO500で設定。全て必ず「マニュアル」で設定し、撮影することをお勧めする

次にシャッタースピードだ。NTSCの動画撮影の場合、一秒間の映像は基本的には30フレームで構成されているためシャッタースピードは最長でも1/30までしか下げることができない。通常の写真撮影であれば1/30秒で早い被写体を捉えようとすると「ブレた」写真になりがちだが、動画の場合被写体の動きによるブレは逆に映像に躍動感を与え、いわゆる「モーションブラー」がかかった映像を演出できる。また当然シャッタースピードが遅い1/30秒では明るい映像を捉えることとなり、スピードを早くすればするほど暗い映像になっていく。私は明るさを稼ぐためにほとんどの場合シャッタースピードは1/30秒で撮影しているが、逆にブラーを出したくないような映像を撮影したときはあえて1/3000秒などの早いシャッタースピードに抑えて撮影をする。例えば水しぶきがあがるような映像を撮影するときに速いシャッタースピードにして撮影をすれば、水滴一つ一つの形を見せたりすることも可能だ。後は日中の撮影などで、NDフィルターを入れてもまだ明るいときなどはシャッタースピードをあげて、明るさを下げることも効果的であろう。

ISO ~なるべく400以下で狙う

07.jpg
真夜中の道路。ISO6400で撮影。暗部にノイズが見られるものの、気になるほどではない。日中などの撮影ではISO400までに抑えたいところだが、感度が非常に高いというのも5Dの良さ

ビデオカメラのゲインに相当するのがISOである。ISOを上げるとCMOSにかかる電圧が上がり、感度をあげる仕組みになっている。ISOを上げれば、明るい映像を撮影できるということだ。ただし感度を上げると当然暗部を中心にノイズが発生しやすくなり、私の感覚ではISOが800を超えると映像の各所にノイズが目立つようになってくる。ただ夜のショットなどは思い切って6400までISOを上げても映像として問題はないだろう。日中の撮影や、グリーンバックの撮影などはできればISOは400くらいまでに抑えることが理想的だ。

enatsuchart01a.jpg
3つの数字と明るさの関係。絞り、シャッタースピード、ISOを上手に設定し、目的の「明るさ」を実現(クリックすると拡大表示します)

結論として3つの数字を組み合わせて決まる要素が「明るさ」になる。つまりは絞りとシャッタースピード、そしてISOの値の組み合わせで、捉えたい映像の明るさが決定するのだ。そしてそれぞれの数字によって決定する条件(被写界深度、ブラー、ノイズ)を自分の好みのものにしていくことになる。映像が暗ければ絞りを下げるか、ISOを上げるか、あるいはシャッタースピードを落とすのだが、どの数字を変えるかは、明るくさせることによって変わる条件を理解したうえで決めればよいのだ。

ホワイトバランスの感覚をつかもう

あとはホワイトバランスを決めなければいけない。これはビデオカメラによる撮影のときと同じだ。もちろんオートで設定することもできるため初心者の方はオートでもかまわない。しかし現場の明かり見て大体の色温度を理解できる感覚は持っていたいものだ。暖色と寒色の違いだけでなく、照明の種類や太陽の高さまで気を配れるようになると撮影はもっともっと楽しくなる。ホワイトバランスの概念はここでは割愛するが、3000K~6500Kまでの範囲で自分の色感覚を養えるように常にマニュアルで色温度設定ができるようにしておくことをお勧めする。最近は蛍光灯照明やLED照明などを私は多用しているが、デイライトに勝る明かりはないと実感している。

自分らしい設定方法を身につける~とにかく撮影!

enatsu0109.jpg
正しい明るさかどうかが、ヒストグラムを表示させて確認。できればHDMIの出力から外部モニターに接続することが望ましい

4つの数字が決まればあとは撮影だ。設定した明るさが「正しい」かどうかはヒストグラムを表示して確認しよう。山の位置が範囲に入っていれば大丈夫だ。後はフォーカスリングを常に手に持って、ファインダーで確認しながらマニュアルでフォーカスを合わせていく。被写界深度が浅いときは大変な作業になるかもしれないが、私はこのフォーカス合わせがカメラマンの腕の見せ所だと思っている。フルマニュアルの撮影をどんどんと楽しんで欲しいし、HDSLRの魅力はこういった「自分らしい画作り」ができるというところだ。撮影できる映像が綺麗というだけではなく、設定の奥深さの醍醐味が多くのクリエーターやカメラマンの心を捉えているのかもしれない。

ところでEOS 5D Mark Ⅱはファイルサイズが4Gを超えるとRECがストップするので気をつけよう。これはメモリーカードのフォーマットによるものだが、ある意味CMOSの発熱を抑えるという役目も担っている。12分程度までしか連続記録はできないため、インタビューなど長回しする際は要注意だ。

初回からちょっとややこしい話になってしまったが、撮影の際に絶対に知らなければいけないことなので、是非とも数字の感覚を持っていただければと思う。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2010-09-28 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[DigitalGang!]Shoot.01 GoPro HD HERO2に思いを馳せる!

本連載もあしかけ一年。DSLR Maestroをお届けしてきましたが、デジタル一眼レフカメラでの動画制作も一般化してきた様に思います。ここで取り上げる話題を広げるべく、タイトルも新... 続きを読む

[DSLR Maestro]Shoot.10 遂に登場-EOS 5D MarkIIの後継機

映像制作の常識を覆したEOS 5D MarkII EOS 5D MarkIIが発売になって、遂に3年が経った。これほど愛され続けるカメラは今までにあっただろうか?映像制作の現場に衝... 続きを読む

[DSLR Maestro]Shoot.09 動画撮影における可変式NDフィルターの検証

デジタル一眼レフの動画撮影の大きなメリットの一つが「コンパクトなサイズ」だろう。両手に収まる筐体でシネマライクな映像を捉えることのできる魅力は現場でも評価が高いところだ。私はEOS... 続きを読む

[DSLR Maestro]Shoot.08 Canon EF Lレンズの実力を検証してみた

確実に被写体を捉えるLレンズ スチルレンズとして多くのプロフェッショナルに支持されているCanonの「赤レンズ」ことEFレンズのLシリーズ。レンズの周りに赤い線があることからそう呼... 続きを読む

[DSLR Maestro]Shoot.07 CineStyleを使ったカラコレ~EOS 5D MarkⅡを攻めて使おう

LOGがもたらす新しいチョイス 前回のコラムでは「救世主」ともいわれるEOSのピクチャースタイル、TechnicolorのCineStyleを紹介した。カメラセンサーがとらえるダイ... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


WRITER

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DSLR Maestro]Shoot.01 正しいDSLR撮影のために押さえるべき「数字」とは?