PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.21 いよいよ6K実戦へ!RED EPIC DRAGONの挑戦

News

[DigitalGang!]Shoot.21 いよいよ6K実戦へ!RED EPIC DRAGONの挑戦

2014-04-18 掲載

今回のコラムではRED EPIC DRAGONについて書きたいと思う。このカメラはその名前の通り「怪物」といっていいだろう。DRAGONが捉える映像は息をのむほどに美しい。しかし、思い通りに操るにはなかなか骨の折れるカメラだ。少し長い文章になってしまったが、REDがDRAGONで実現した新しい世界を見ていただけると幸いだ。このYouTube映像は6Kで撮影した後にUltra HD 4Kにダウンコンしたものである。視聴環境に合わせてみていただきたい。

DG_vol21_00.jpg DRAGONが捉える6K映像の大きさ。その解像度の大きさは「圧倒的」だ

RED EPIC DRAGONの抱えていた問題

DG_vol21_01.jpg 新たにDRAGONセンサーが搭載されたEPIC。全面と側面にDRAGONの刻印が

4KデジタルシネマのパイオニアであるREDがRED EPIC DRAGONの具体的なリリースを発表してちょうど一年が経った。実際に日本でも数台のDRAGONがすでに入荷済みで、新しい6Kセンサーの実力を楽しみにしている人も多いはずだ。しかし、未だほとんど、DRAGONの映像の情報は明らかにされていない。NABも終わり、本来ならばいろいろな場所でDRAGONの画がUPされ始めてもおかしくない時期だ。しかしまわりで「撮影でDRAGON使っています」なんていう人はおそらく皆無であるし、その実際の映像スペックは未だ闇につつまれている。実はそれには、それなりの理由があったのだ。

DG_vol21_02.jpg BRAIN上部のファンも新たに改良され、空冷が強化された

そんなはずはない??ノイジーな画質

我々がDRAGONを手にしたのが今年2月の半ばなのだが、なかなか現場で使えない諸事情があったと言っていい。正直な話、これまで何度も撮影テストを繰り返してきたのだが、納得できるレベルの映像を収録することができなかった。正直なところDRAGONの画はお世辞でも前身のEPICよりキレイな映像とは言えないような始末だったのだ。それなりの投資をしているのはもちろんだが、世界最強のスペックを誇るカメラであると信じているが故に、「そんなはずはない!!!」と自分に言い聞かせる日々が続いた。

一番の懸念は、何といってもノイズレベルが大変高いということだった。デイライト下で撮影したISO400の素材でも、暗部には気になるほどのノイズが発生しており、到底現場で使えるレベルに達していなかったと言っていいだろう。確かに6Kの解像度は素晴らしいと感じつつも、特に合成などを目的としたグリーンバックの撮影などには怖くて使えないというのが現状だった。

DG_vol21_03a.jpg DG_vol21_03b.jpg
ISO400で撮影した素材。一枚だけでみると綺麗に見えるが…暗部の部分を100%表示すると、ノイズが顕著にわかる
※画像をクリックすると拡大します

新OLPFがもたらした問題

DG_vol21_04a.jpg DG_vol21_04b.jpg
写真左:6K(6144×3160px)という解像度を収録できるDRAGONセンサー。写真のセンサーは新OLPFが搭載されている
写真右:5K(5120×2700px)を最大解像度とするMysterium-Xセンサー
※画像をクリックすると拡大します

更に、撮影したDRAGONの素材がAdobe Premiere Proのタイムラインに載らないという大きな問題に直面した。本来ならばAdobeはすでにDRAGONのネイティブ対応を済ませているはずなのに、なぜが「サポートしていない形式」とされてしまう。これには正直驚いた。実はREDは2月にDRAGON用の新しいOLPF(オプティカルローパスフィルター)の実装を開始したのだが、この新OLPFのDRAGONで撮影された素材はPremiere Proでは扱えないのだ。むむむむ!手元にあるDRAGONは新しいOLPFではないか!あるDRAGONのユーザーからも「江夏さん、DaVinci Resolveでも読める素材と読めない素材があって困ってます」というメールをいただいた。旧OLPFと新OLPFの2種類があるDRAGONの素材は、編集ソフトで読めたり読めなかったりすることが起きているということだ。とりあえず4月になってPremiere ProでもDaVinci Resolveは新OLPFの素材にも対応したのだが、ポストプロダクションのワークフローが未だ不透明であるという事実は否めない。

DG_vol21_05.jpg Premiere Pro CCも遂に新OLPFの素材も対応した
※画像をクリックすると拡大します

ただし新しいOLPFはレンズフレアを抑えたり、解像感をUPさせたりといった多くの改良がなされている。カメラという点では大きな進化を遂げているDRAGONはREDの並々ならぬ思いが形になったものだといえるだろう。このOLPFに関してはREDUSERのページを見ていただきたい。

DG_vol21_06a.jpg DG_vol21_06b.jpg
REDUSERのサイトに掲載された新OLPFと従来のOLPFとの比較画像。従来のOLPFには幾何学模様のフレアが入るなどの症状があった

そして登場。DRAGONのためのカラーサイエンス

DG_vol21_07-1.jpg DRAGONセンサーに対応した最新版Build 30.33198。待望の機能が満載だ
※画像をクリックすると拡大します
DG_vol21_07-2.pngカラーサイエンスも新しくなり、ついにREDgamma4、そしてDRAGONcolorというカラースペースに対応することとなった
※画像をクリックすると拡大します

っと長い前置きになってしまったが、遂に、ここで本当のDRAGONが捉える映像を伝えられる時が来た!と、少し大げさかもしれないが、ようやく胸を張ってDRAGONの素材を見せることができるようになった。それがNAB2014に合わせて発表になったDRAGONセンサーにオプティマイズされた最新の現像設定の登場だ。

DRAGON用のDebayerプロセス、A.D.D.がREDCINE-Xに搭載され、DRAGON素材に最適化されたカラーサイエンスであるDRAGONcolorとREDgamma4が併せてリリースされた。これにより公称通りの6Kハイクオリティ素材がノンリニアで走らせることが可能になったのだ!いよいよ6Kの世界が現実的なワークフローの中で動くことになる。ちなみにREDCINE-Xも正式にCUDAに対応することとなり、NVIDIAのグラフィックカードの恩恵をワークフローの中で組み込めるようになったのも嬉しい知らせだ。


DG_vol21_07-3.jpg さらにREDCINE-XがCUDAに対応し、現像作業も高速化する DG_vol21_07-4.jpg Preference内にあるA.D.D.の設定画面。CUDAに対応したこともあり、A.D.D.を使用したポスプロが増えることだろう

A.D.Dがもたらす、最高画質の世界

Advanced DRAGON Debayer(A.D.D.)は今回の大きな目玉である。もともとEPICのMysterium-Xというセンサーから大幅に改良されたのがDRAGONセンサーであるため、従来のEPIC用のDebayerプロセスでは「DRAGONセンサーの良さを活かしきれていない」という状況を生んでいた。通りでノイズも多いはずだし、現像された映像が納得できるものにならないわけだ。A.D.Dをかけて現像を行うと、ノイズが抑えられて、今までに見たことのないような美しい映像に仕上げられる。ちなみに、今回RED CINE-Xで90秒のフッテージをA.D.Dをアクティブに6KDPXの連番にレンダリングしたところ、8時間ほどの時間がかかった。長尺の作品の場合は、ファイルの格納場所も含めてワークフローの見直しが必要となるだろうが、CMなど短尺のものであればA.D.Dを常にアクティブにするのもいいだろう。

RAWの圧縮を決めるREDCODEの設定にも注意が必要だ。今回、6KでREDCODEを8:1、10:1、12:1の3パターンでテストをしたところ、ビットレートの高い8:1に比べて12:1の方が当然のことながら暗部へのノイズは目立つ結果であった。30fpsのビットレートを計算したところ、おおよその大きさとして8:1=950Mbps、10:1=750Mbps、12:1=630Mbpsとなり、8:1と12:1では1.5倍ほどファイルサイズが違うことがわかった。DRAGONの圧縮RAWは10:1でProRes4Kと同等になるという計算だ。実際、12:1で収録した素材は若干ではあるがノイズ感が多く感じられるため、8:1での撮影や、A.D.D.との組み合わせを考えたワークフローを上手く取り入れるといいだろう。また6Kから4Kのダウンコンを行うと、物理的にノイズを減らすことが可能で、おおよそ68%の縮小に伴い、約4db程度のノイズリダクションを行える。当然HD納品であっても、撮影は6Kの10:1での撮影をスタンダードにすれば、A.D.D.プロセスをしなくてもかなり高画質を得られることになるというのが大きな魅力の一つだ。

DG_vol21_8_01.png DG_vol21_8_02.png
写真左:ノーライトでのナイトショット。6KのR3Dファイルを100%表示したところ、暗部へのノイズは顕著である
写真右:008_01にA.D.D.をアクティブにしたところ、ノイズは大きく軽減されている

強化されたフォーカスアシスト機能

DG_vol21_09.jpg 6K収録をEFレンズで行うとフォーカスがシビアで非常に難しいので、アシストを駆使して行うといいだろう

4K撮影時に撮影現場で特に注意を払わなければならないのが、フォーカシングである。Super35mmサイズのセンサーで収録解像度が大きくなればなるほど、被写界深度は浅くなるため、解像度の拡大化はカメラマンを悩ませる種になっている。当然6K対応型のモニターは存在していないため、撮影時の6Kチェックはできない。またEPICで4Kをモニタリング用に出力したいのであれば、EPIC本体のBRAINの他に、この夏以降に発売となる4K出力モジュールが必要になるなど、4Kモニタリングシステムはあまり現実的ではないだろう。4Kモニターに頼ることができないのであれば、4Kカメラに求められる力はフォーカスアシスト機能だ。

2013年12月にリリースされたEPICのファームウェアver.5.1から、拡大フォーカスの位置を任意に選択できるようになった。これによりタッチスクリーン上のスポット枠を指でドラッグして移動し、任意の場所でToggleボタンを押すことで拡大フォーカスを行えるのである。ちなみにこの拡大はドットバイドットで確認できるため、6Kでも正確にフォーカシングを確認できるのでありがたい。

またスポット内の対象物にフォーカスが合っていない場合は、スポット枠のフレームが赤に、ファインフォーカス時はグリーン、そしてその中間のほぼあっている状態では黄色に色が変化するため、拡大フォーカスと組み合わせることでフォーカシングはやりやすくなっている。ただし、対象物のコントラストが薄い場合はスポットがグリーンであってもフォーカスが合っていない場合もあるようだ。またREC中はこの機能が使えない。とはいえ、非常に現場では待望ともいえる機能だけに、このフォーカスアシストは非常に重宝することになるだろう。

DG_vol21_10a.jpg DG_vol21_10b.jpg 写真左:ファインフォーカスになるとスポットはグリーン表示されるが、その範囲は非常にシビアだ
写真右:おおまかにあっている場合は黄色に表示されるが、外れていることも多いため注意が必要となる
※画像をクリックすると拡大します

「RED Key Mapper」と「RED Guide Creator」

今年の2月に「DSMC TOOLKIT」というRED製品の使用をアシストするソフトウェアのパッケージがアップデートされた。その中に「RED Key Mapper(以下、RKM)」というカメラアサイン設定を行うためのソフトウェアが追加された。実はこれが意外と使い勝手がいい。EPICはサイドハンドルやLCDモニターなど、アサインボタンが何個もあるため、どこに何のボタンがあるか意外と混乱しがちだ。そんなとき、RKMを使用すれば膨大な数の機能(なんと177個!)から好きな場所に簡単に設定できるのだ。ソフトを入れたら、保存先をREDMAGのSSDにし、本体で再度読み込むだけである。注意点として、SSDにKeyMappingのデータを書き出す際は、必ず「Presets」というフォルダを作成し、その中に保存しなければならない。個人的には、サイドハンドルのアサインはデフォルトですべて何かしらが設定されているが、移動時などに間違えて触ってしまうことが多発したため、思わず触ってしまうような位置にあるボタンのアサインはすべて解除している。

DG_vol21_11.png RKMのインターフェイスはシンプルで、アサインのためだけに作られているため、どこに何をアサインするかが一目瞭然だ
※画像をクリックすると拡大します

RKMとともにTOOLKITに同梱されている「RED Guide Creator(以下、RGC)」は、モニター上にフレームガイドを表示させるためのソフトウェアだ。EPICは6Kだけでもフルサイズの6K、6K WS、6K 2:1、6K HDなど、解像度がわかれている。もちろん必要となる解像度を選択すればいいが、フルサイズの6Kであれば遊びも含めてポスプロで画角を微調整できるため、基本的に6Kで収録するのがいいだろう。その時にRGCのフレームガイド表示でフレーミングを行えるのは魅力である。RGCのUIはシンプルで、収録解像度の選択、フレームの選択、フレームの色・形状の選択、タイトル/アクションセーフの表示項目などフレームに関するもののみで構成され、撮影用途に適したスタイルのフレーム表示をできるのだ。撮影に応じてフルカスタマイズできるのは嬉しい。

DG_vol21_12.png RGCは任意のフレームを表示させられる。6K FULLで収録し、ポスプロでクロップするワークフローが一番いい

4Kパイオニアの進む道

DG_vol21_13a.jpg DG_vol21_13b.jpg
NAB2014のREDブースの様子。4KのSDI出力モジュールも発表された
※画像をクリックすると拡大します

どうしてもREDにはいい噂が少ない。アメ車のような感じで、少々荒削りなイメージを持っている人も多いだろう。カメラ自体中々手にできない状況にある中、悪い印象が先行してしまうようだ。2007年にRED ONEをリリースし、7年の月日を経て、いまだにデジタルシネマの世界をけん引するRED。今回DRAGONの映像を編集して、このカメラの持つポテンシャルの大きさに圧倒された。NAB2014をキッカケに、4K出力のモジュールなども発表し、進化をし続けるREDにはこれからも期待していきたい。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2014-04-18 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.30 新時代のフォーマットX-OCNに思う。AXS-R7/X-OCNが捉える美しい世界

txt:江夏由洋 構成:編集部 新しく発売された4KレコーダーAXS-R7とX-OCN PMW-F55のレコーダーとして新しく発売されたAXS-R7。RAWのみなら... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.29 DJI Osmo+Zenmuse X5R〜DJIが切り開く世界を探る

txt:江夏由洋 構成:編集部 昨年10月、DJIは同社の空撮用ジンバルカメラZenmuse Xシリーズをハンドヘルドでオペレーション可能にする「Osmo」をリリースした。ミ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。2017年よりアドビ公認エバンジェリスト「Adobe Community Evangelist」に認定。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.21 いよいよ6K実戦へ!RED EPIC DRAGONの挑戦