PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 石川幸宏 > [石川幸宏のコラムーチョ]Vol.08 大河ドラマの常識を塗り替える「龍馬伝」。本当の功績とは?

News

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.08 大河ドラマの常識を塗り替える「龍馬伝」。本当の功績とは?

2010-11-26 掲載

最終回が迫る「龍馬伝」。その斬新な演出方法とは?

人気アーティストの福山雅治主演で今年話題のNHK大河ドラマ「龍馬伝」。これまで我々の中にあった司馬遼太郎作の「竜馬がゆく」で描かれた坂本龍馬像を大きく塗り替える、新たなその存在感は、その大胆な描き方も功を奏して、一般的にも大きな話題となった。しかし映像業界ではまた違った視点で、放映当初から話題となっているTVドラマでもある。

注目されているのはその撮影方法で、大河ドラマ史上初となる30Pによる撮影。極端に画作りされたシネガンマを調整したカラーコレクション。スタジオセットとは思えない全体に煤けた煙い演出。これまでの日本のスタジオ撮影では用いられなかった照明技法。映画製作における、いわゆる”汚し”の技法が大胆に用いられたメイクや衣装、道具類など、これまでの大河ドラマの象徴であった、クッキリパッキリの60iコンテンツとはかけ離れた映像になっている。これは、これまでの多くの大河ファンを少しばかり当惑させたとともに、逆に映画ファンや本物志向の映像派、そして若いクリエイター達に多く受け入れられているようだ。

しかしこの「龍馬伝」で最も注目すべきは、その斬新な演出方法である。「龍馬伝」のチーフ演出を担当した大友啓史氏は、これまで「ハゲタカ」「白州次郎」などの世界にも通用する話題作ドラマを撮ってきた敏腕監督である。11月1日に開催した筆者主催のトークショーイベントでは、その大友氏にゲスト出演頂き、<「龍馬伝」フィクション×ノンフィクション>と題して、その演出術の真髄に迫る機会を得た。

現場のモチベーション重視

ootomo03.jpg

ぶしつけな言い方かもしれないが、大友氏はNHKの中では相当な異端児だろう。彼は今でもドラマ番組部の専任ディレクターというれっきとしたNHK局員だが、公共放送という枠の中でこんな感性丸出しで映像作りをしている人は珍しい。だから作品も面白いわけだが、それは自他ともに認めるように、やはりハリウッドでの経験が大きいようだ。彼はNHK入局後、1997年から99年まで2年間、ハリウッドでディレクションを学んでいる。そんな経歴を持つ大友氏は「龍馬伝」を作ると決まってから何を最初に思ったのであろうか?

ハリウッドから帰ってきて以来、TVのビデオの質感を映画の質感に近づけたいと思ってドラマの演出をやってきました。そこが過去の作品で評価されたこともあって、今回の大河ドラマは、僕とチームを組んでいるスタッフにとっても大きなチャンスでした。彼らからプログレッシブ(30p)カメラを含めた映画的な画づくりでやりたいというアピールがありました

大河ドラマの映像は通常、明るいクリアな画面で、高齢者の目に優しい見やすい画面。サウンドも、セリフを高齢者に聞き取りやすいようにクリアにすることを第一に考えて作られる。しかし、こうした既存のテレビ的価値観による画づくりは、新しいものが生まれにくい状況を作り出す。ある意味でプロフェッショナルな領分が狭くなれば、自然と現場サイドが弱い立場に成り兼ねない。そうならないためにも、現場側の創意工夫をきちんとPRしなければならない、と大友氏は言う。

廃れる産業というのは、現場の人間が大事にされない、モチベーションが上がらない現場です。そういうことを意識しながら「ハゲタカ」や「白洲次郎」でやってきたことを、大河ドラマという枠で提示したときに何が残るのか、何が起きるのかを、龍馬伝」ではそこにチャレンジしました。

エコディレクター宣言!

ootomo0.jpg

芝居が終わってもカットを掛けない、10分超え当たり前の長廻し、現場への台本持ち込み禁止…。「龍馬伝」の現場では、数々の逸話が生まれている。大友氏がそこで一貫してやろうとしているこは、現場重視の姿勢であり、その緊張感あふれる”空気”を切り取る演出術だ。

カット割をまめにしていくというのが大河ドラマ収録の常道ですが、その決まったシステムで撮影すると、みんな条件反射的に決まった映像を撮ってしまう。そういう画は、僕にはみんな同じにしか見えない。だからそういう画をカメラマンが出したときは「そんなドラマっぽい画を出すな。ドラマ作ってんじゃない!」って怒鳴ります(笑)。とにかくみんな安心したがるので、現場に入ると何が起こるかわかんないというスタンスで臨んでいます。それと、長廻しですが、カット割があると台本しか見なくなるんです。目の前でいま芝居が行われているのに、スタッフは芝居より台本を見てる、なんて有り得ない。だから僕の現場ではキャストはもちろんスタッフも。事前に台本を読み込んでおいてもらい、誰も台本を持ってません。

またカット割をするとそれを台本に写すんですが、リハーサルで変更が加わると(台本の)修正が発生するわけです。しかしこの作業は非常に無駄なんです。このためにスタッフは寝る時間がなくなり、そして現場に入ってから集中力がなくなる。助監督もカット割をすると、そのカット割を全スタッフに配るために200部とかコピーする。

僕は今回”エコディレクター”宣言したんですが、もう、こういう無駄をやめて、現場に入ったら芝居を見て撮ろうと。現場に入ってみないとどうなるかわからないというスタンスでやれば、現場にいる人全員、何が起きるかわからないという緊張感を楽しむようになっていくんです。脚本など現場に入る前まではもの凄く緻密に作りますが、現場に入ったらもう”役者の生の感情”をあるがままに撮るだけ。全員が体を動かしている現場にしていきたい。そういう現場の熱が”何か”を生むという感覚がものすごくあるんですよ。

今月末で最終回を迎える「龍馬伝」。もう毎週見る側にも伝わって来た、あの緊張感が無くなってしまうのも淋しいが、大友氏がまた次の作品で、どんな演出を仕掛けてくるのか?今から非常に楽しみでもある。

「龍馬伝」放送予定
11月28日 
・最終回「龍の魂」(75分拡大版)
BSハイビジョン 午後4:15〜5:30
NHK総合 午後8:00〜9:15
BS2 午後10:00〜11:15

・総集編 2夜連続放送
NHK総合 12月29日、30日 午後9:00~11:00


WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


[ Writer : 石川幸宏 ]
[ DATE : 2010-11-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.20 4K Ready!ソニー民生用4Kプロジェクター発売とその意味とは?

今年のInterBEE会場で最も目を惹いたキーワードは「4K」だ。昨年までの3Dに代わって、今年はどのブースでも4K、8Kといった文字が踊っていたのは、個人的にも非常に気になった。... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.19 CINEMA EOS その誕生を見る -ハリウッドで発表イベントを独占取材-

"11月3日、キヤノンがハリウッドにて歴史的発表を行う!" 9月中旬にこのアナウンスが出されて以降、業界関係にも詳細な情報は一切提示されず、世間では様々な憶測を呼んでいたが、いよい... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.18 悩ましいデジタル映像アーカイブの世界に光明は見えるか?LTOvs光ディスク

LTOvs光ディスクの戦いの幕が開いた? ファイルベースによる映像データの運用時代に本格突入し、どのジャンルでも一番の問題になっているのは映像データの保存/アーカイブの問題だろう。... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.17 3Dコンテンツ普及の要〜2D-3D変換作業の実態とは

3D映画制作に必要な2D-3D変換作業の実態 新たな3D映画ブームの火付け役となった映画「アバター」の成功から早2年。以来、映画業界はハリウッドを中心に3D化へ一気に突き進んでおり... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.16 サイネージメディアとしても注目のプロジェクション・マッピングの夕べ

日本でもプロジェクション・マッピング協会が発足 8月4日〜7日で神奈川県逗子市の逗子小学校、逗子文化プラザ等の施設があるエリアで開催された「ZUSHI MEDIA ART FEST... 続きを読む

WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 石川幸宏 > [石川幸宏のコラムーチョ]Vol.08 大河ドラマの常識を塗り替える「龍馬伝」。本当の功績とは?