PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 石川幸宏 > [ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.09 来るべき4Kワールドに立ちはだかる諸問題

News

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.09 来るべき4Kワールドに立ちはだかる諸問題

2013-10-25 掲載

来月はInterBEE2013開催

映像機器業界は、11月開催のInterBEEへ向かって突進中というこの時期。筆者も周囲の方々から頻繁に「今回のInterBEEの目玉って何ですか?」とか「いま何に注目しておくべきでしょうか?」などの質問を受ける事が多くなる時期でもある。正直、毎年フタを開けてみるまではなんとも言えないのがこの手の技術製品展示会の醍醐味であり、だからこそ実際に行ってみてその目で確かめてみる必要があるのだと思う。現時点では何が目玉なのかは全く予想がつかず、また今のところは目に見えている大きな製品発表という情報もないこともあり、先述の質問の回答には「開会式のテープカットが一番の見せ場(笑)!」と答えているのが現状である。

冗談はさておき、9月に見事2020年の東京オリンピック開催招致を射止めた状況下において、特にテレビ業界にとっては4K、そして8Kという更なる高解像度化への進展は本格化を極めており、放送局や制作関係者はいよいよ他人事では無くなった。いまや4K/8Kというキーワードは、この日本ではすでに映画の世界の話ではなく、次世代テレビフォーマットのキーワードとして捉えられている趣きが強くなっている。実際にもキー局を始め、放送関係者の間でも真剣に4K/8K制作を見据えた、4K/8K技術への学習姿勢が随所で窺える。しかし現実問題として、CMや4Kカメラのライブ中継のみならともかく、ちゃんとした番組制作となると4Kで1時間もののドラマを制作することは、撮影できる状況はすでにあるものの、制作、上映、放送、配信までを行う、いわゆる4Kでコンテンツを成立させるといった部分では、まだまだ人的、技術的、設備的スペックにおいて、どれもほど遠いものというのが現状だ。

GK09_2.jpg NABの参考展示で登場したパナソニックの4Kハンドヘルドカメラ。InterBEEではいよいよ実機も出るのか?

先のCEATECでは、家電製品も軒並み4K対応製品を出展していたが、ブロードキャストにおいては、各家庭への橋渡しとなる肝心の中間技術はまだまだ途上にある。InterBEEを目前にして、4K/8K映像制作における技術として、今後何を見るべきなのか?またいま何に注目すべきかを、あくまで筆者の独断と偏見で気になるポイントを挙げてみたい。

HFR(ハイフレームレート)

解像度アップしてピクセル数を増量することだけが画質の決め手ではない。今年9月にオランダで開催されたIBC2013でも物議を醸し出したとされるOVER 4Kのフレームレート論争。筆者は今回会場に行けなかったのだが、IBCにおけるEBU(ヨーロッパ放送連合)のブースにおけるBBCなどの技術展示やカンファレンス等では、このHFRのデモンストレーションがかなり大きな話題になったらしい。そもそも単に解像度のみを上げるだけで4K放送が実現することはあり得ないわけで、個人的にも最近最も注目すべき技術ポイントとして、実はこの動的高解像度=HFRの問題に大いに注目していた。

すでに合意済とされているULTRA HDTVにおけるフレームレート=120pMAXではあるが、これがある意味このIBCで白紙撤回されるとなれば、日本の放送関係者にとっては寝耳に水であろう。実際にIBC2013会場のEBUブースでは、100p、150p、300pなどのフレームレートがデモンストレーションされ、具体的にはフレームレートとシャッター開角度や開口時間との組み合わせもあるようだが、これらのHFRであれば、これまで以上に撮像ボケや人間の網膜における残像効果などがかなり抑制されるという効果が見られたという。一度定義された120pというのが再定義されることになれば、そこは制作機メーカーにとっても受像機側のメーカーにとっても非常に大きな問題となってくるだろう。

そもそも4K解像度が本当にテレビに必要か?という点では筆者もいまだ疑問の念が強いのだが、実はこのフレームレートの問題の再定義は、高解像度化に向けた放送分野の今後の活路を脅かしかねない重要な問題なのである。現行でもすでにメーカー側は放送に関するフレームレートを120pどころか60pで設定したいという要望が強いようだが、100p、150p、そして300pで4K、もしくは8Kの本質的な高品質映像が実現できるとなれば、制作者も視聴者もHFR規制のある放送よりも規制の無いネット環境を選ぶことは必至のように思える。4Kを制するのはネットか放送か?ここも論議が別れる所だ。

この問題に直接関係ないかもしれないが、個人的に4Kの実質的ソリューションとして有益なのがパナソニックの4K対応タブレット端末「TOUGHPAD 4K」に代表される4Kモバイルデバイスである。こうした機材との親和性こそが、本当の意味での4K映像活用=フレキシブル4Kの世界を実現してくれるのではないかと期待している。

数値依存の解像度からの脱却

GK09_3.jpg 常に先端映像を手がけるアストロデザイン。NABでモックアップ展示された8K/60pカメラがどこまで進化もみせているのかも楽しみだ

Rec.709というHDTV用の色域が使われている現在において、3840×2160(4K)もしくは7680×4320(8K)のULTRA HD TVではRec.2020というさらに広域な色範囲が採用される。それはそれでいいのだが、しかし実際に1ピクセルに収められる色の情報量は、現行では4:2:2のカメラが捉える信号がほとんどだったりするので、元々色情報が全く足りていない状態のデータを、単に再生時の色域を拡げたところで、元から無いものは無いのである。RAW収録も含むRGB4:4:4収録カメラに関する開発とワイドダイナミックレンジの問題は、昨今のデジタルシネマカメラの登場によってようやく取り沙汰されてきたが、実際問題として、本来の意味での4K収録として使えるカメラの性能と、それを認識できるカメラマンなど人間側のスキルが、4K本来の色域表現に達していないのであれば、色範囲を広く設定したところで、果たして意味があるのだろうか?甚だ疑問である。

昨年のInterBEEではあくまで個人的主観だが、明らかにコンテンツとモニターキャリブレートされていないような、あまりにも醜くくチープな4K映像を平気で流していたブースも実は多く見られた。単に解像度の数値だけを追うと、このような盲目的チープ4Kの追求ということになってしまうのではないか?ここで少し俯瞰的に4K/8Kの高解像度を落ち着いて見るべきだと考えるのだが…。

次世代インターフェースの進化

4K制作の現場で運用出来るシリアルインターフェースはこれからの制作者にとって一番のポイント。それを担う次世代インターフェースとして、これは今年9月のIFA2013での発表だが、最大で18Gbpsまでの伝送能力を持ち、4K/60pに対応するとされる「HDMI 2.0」が発表されている。またAJAの「4K2HD」などのアイディア製品、ブラックマジックデザインの6G-SDI対応ミニコンバーターなど、6G-SDI対応製品の進展なども、まだ時期早尚とは思えるが期待したい所だ。

2D→3D

GK09_4.jpg  4Kに関して人一倍熱心なソニー。今年は具体的な4Kコンテンツを披露するようで、その実力が試されそうだ

4K/8Kの影にすっかり身を潜めてしまった3D。筆者が2006年にデジタルプロジェクション時代のステレオスコピック3D(S3D)取材のために米LAの3D専門メーカーRealD社に訪れた際に、これからトレンドになるであろうステレオ3D映画の幾つかのサンプル上映を観させて頂いた。最新のS3D映画作品やアニメーションなど興味深いものばかりだったが、その中でももっとも心惹かれて気になったのは、ジーン・ケリー主演のあの名作「雨に唄えば」の3D映像だった。これはあくまで社内的な2D→3D変換の実験映像なので一般に公開される事はないものだったが、まさにそれは見たことがあるようで初めて見る映像。得も知れない体験であったことに違いない。そしてこれこそがある意味でこれからのデジタルプロジェクションにおける3Dの重要な意味を持つであろうと直感した。その後、やはりLAで「タイタニック3D」を観たのだが、そのことも今後のS3D映像を語る上でも大きな経験となっている。

あれから7年、世界ではいま、不朽の名作を2Dから3Dへと変換するムーブメントが、実は密かに沸き起ころうとしているようだ。IBCの会場ではこの2D→3D変換作品として「トップガン3D」が上映、会場も多いに沸いたという。JVCケンウッドの3Dイメージプロセッサー「IF-2D3D1」など、すでに2Dから3Dへの変換技術製品は色々と確立されているので、今後その技術を使った2D→3D変換の作品が出て来るのか?80年代、90年代の作品もさることながら、ヒッチコックやチャップリンなどの名作も3D化されることで、また新たな魅力が見いだされるのではないと個人的には期待している(日本では映画館視聴の文化自体が廃れ始めているので、難しいかもしれないが…)。 GK09_5.jpg 4Kに入る前に肝心要の解像感を決めるレンズ。今年のNABで最も秀逸と感じたキヤノンの4K対応レンズの光学実験の個別シアター展示。こういうのこそ日本で行って欲しい展示だ

とまあ、気になるテクノロジートレンドの話を色々と上げてみたのだが、インターフェース以外はあまりInterBEEの展示会場に直接並ぶような物でもなく、InterBEE2013のガイドには参考にならないのでその点はお間違え無く。個々でまたこうしたInterBEEへのテーマを整理してみてから、会場に出かけてみるのもまた一興だ。


WRITER PROFILE

石川幸宏 20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。


[ Writer : 石川幸宏 ]
[ DATE : 2013-10-25 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.23 シネマカメラ設計開発の未来を育む、ソニー社内の撮影現場体験セミナー

All images courtesy of 2016 Seki Kazuyatxt:石川幸宏 構成:編集部 スペックだけでは推し量れない機材とその使い方 高解像度化、大判... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.22 一般にも拡大する4K映像と高解像度視聴への進展〜CP+特別編

txt:石川幸宏 構成:編集部 多様化しながら進化している4Kに注目 CP+2016会場では多くの映像・動画関係の新機材、ソリューションの展示も行われていたが、今年大き... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.21 公開出来ない映像がもつ深い意味とは…~震災後の弱者の未来に光を当てるドキュメンタリー映像~

txt:石川幸宏 構成:編集部 そして今年も暮れていく2015 4K、8K、HDR、IPといった先端映像技術に終始しながら、今年もInterBEEが終わって1ヶ月が過ぎよう... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.20 シネマカメラの展望〜EOS C300 Mark II デモ映像「letters」撮影の現場から〜

txt:石川幸宏 構成:編集部 写真:© 2015 e-Motion Photographers 3年半の時を経て"EOS C300 Mark II"いよいよ登場 ... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.19 ソニー業務用4KマスターモニターにHDR機能が搭載

「価値ある真の高画質とは何か?」の解答がここにある?!次に目指すべき高画質映像の幕開け そもそも高画質とは何なのか?4K、8Kといった解像度が上がれば、それが高画質なのだろう... 続きを読む

WRITER PROFILE

石川幸宏 20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 石川幸宏 > [ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.09 来るべき4Kワールドに立ちはだかる諸問題