PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > リーンフェイズ、NAB2008にてFCP Manager 新バージョンを発表

News

リーンフェイズ、NAB2008にてFCP Manager 新バージョンを発表

2008-04-14 掲載

株式会社リーンフェイズは、Final Cut Pro 環境設定管理ソフトウェア「FCP Manager」の最新バージョン1.5を発表した。 NAB2008では、AJA Video Systemsブース内(Booth# SL1413)にて展示されている。新バージョンでは、安定性、操作性を強化、また起動やプリセットの登録、適用など、すべての動作が大幅に高速化された。 FCP Managerは、Apple Final Cut Proの環境 設定を効率よく管理する為に開発されたソフトウェア。安定した設定をプリセットとして登録しておけば、Final Cut Proが不安定になった場合、直ぐに安定した設定に戻す事ができる。 FCP Managerの国内価格は、8500円。今回のバージョンアップは既存ユーザには無償で提供される。ブース番号は、SU9620。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-04-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019]AJA、Desktop Software v15.2を公開

AJA Video Systems社は、Desktop Software v15.2を発表した。2019年5月に提供開始予定。 Desktop Software v1... 続きを読む

[NAB2019]AJA、FS-HDR v3.0ファームウェアを発表

AJA Video Systems社は、リアルタイムHDR/WCGコンバーター&フレームシンクロナイザーFS-HDR向けのv3.0ファームウェアを発表した。2019年6月より提供開... 続きを読む

[NAB2019]AJA、HDR Image Analyzer v1.1を発表

AJA Video Systemsは、HDR Image Analyzer向けの無料ファームウェアアップデートv1.1を発表した。近日中に提供予定。 Colorfront社と... 続きを読む

[NAB2019]AJA、AJA Control Room v15.2にProResを統合

AJA Video Systems社は、AJA Control Room v15.2ソフトウェアがProResコーデックに対応したことを発表した。またAJA Control Roo... 続きを読む

トップ > ニュース > リーンフェイズ、NAB2008にてFCP Manager 新バージョンを発表