PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Avid社、新世代編集システムのパワー向上で費用対効果の高いHD編集環境をアピール

News

Avid社、新世代編集システムのパワー向上で費用対効果の高いHD編集環境をアピール

2008-04-23 掲載

米Avid Technologyは、同社のデジタルビデオ編集システムの新ラインアップにより、更なるリアルタイム・パフォーマンスを最大限に活用できるHD 編集環境を提案している。 新ラインアップされた編集システムは、ビデオやエフェクト処理を均一に分散させるコンピュータの処理能力をインテリジェントに利用することで、HD編集プロセスを強化し、高いフレキシビリティをもたらす新しいハードウェア構成になる。 これらは、Mojo DX、NitrisR DXや、次世代バージョンのAvidR Media ComposerR(v3.0)、NewsCutterR(v7.0)、Symphony(v3.0)ソフトウェアで、Avid DNxHDRコーデックがレンダリングに必要だった時間を解消し、またマルチコアCPU、GPU、PCI Expressなどのハードウェアと、ひとつの高パフォーマンスなパイプラインに結合されることでHD編集が加速された。 Symphony Nitris DX では、MacとWindowsの両システムに対応できるようになった。新システムのコーデックとファイルベース・フォーマット・サポートの強化としては、DVCPRO HDやXDCAM HDなどで「Thin Raster」フォーマットをネイティブサポートし、複数HDストリームをリアルタイム出力できる。そして、AVC-Intra(50 Mb/s、100 Mb/s)をネイティブに対応、JVC 23.976p および 25p HDVコーデックにも対応するようになった。 そのほか、フィルムスキャンやCGIシステムで出力されたDPXやTIFFの連番ファイルを、一本のAvid MediaFile(DNxHDまたはJIF)に変換(Windowsのみ)でき、MetaFuzeでは、DIワークフローのオフライン編集時に、DPXやTIFFのマスターからAvid DNxHD36を作ることが可能となった。これら新システム構成は、2008年第2四半期(4月?6月)の発売を予定。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-04-23 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2020]アビッド、Avid Connect 2020とNAB Show 2020への出展を取りやめ

※写真は昨年の様子 米国アビッドは、NAB2020の出展とAvid Connect 2020開催取りやめを発表した。NABを含む少なくとも60日間、カンファレンスや大規模な対... 続きを読む

Avid、Media Composerのv2019.12を公開。ACESサポートやAvid Titler+のアップデート、OpenEXRエクスポートなどを実現

アビッドは、Media Composerのv2019.12を公開した。ソフトウェアの最新アップデートは同社Webサイトからダウンロード可能。 Media Comp... 続きを読む

[InterBEE2019]Avidブース:映画「ゾンビランド:ダブルタップ」のエディター、ダーク・ウェスターヴェルト氏が映画制作の裏側、Avidの魅力を語る

すっきりとしたインターフェイスに生まれ変わったMedia Composer 2019を展示 ブースでは、最新のMedia Composer 2019とAvid Cloud... 続きを読む

[IBC2019]Avid、「Avid Post IBC 2019」を開催。IBCで発表した新製品・新機能を実機デモで一挙に紹介

アビッドテクノロジー株式会社は、IBC2019で発表した最新情報を紹介するイベント「Avid Post IBC 2019」を2019年10月3日(木)に開催する。会場はベルサール六... 続きを読む

フォトロン、関西放送機器展2019出展概要を発表。Avid、EVS、TrackMen、Vizrtなどの映像制作システムを出展

昨年の関西放送機器展フォトロンブースの様子 株式会社フォトロンは、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する... 続きを読む

トップ > ニュース > Avid社、新世代編集システムのパワー向上で費用対効果の高いHD編集環境をアピール