PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 「ダビング10」運用実施が極めて困難に、一時凍結の方向へ

News

「ダビング10」運用実施が極めて困難に、一時凍結の方向へ

2008-05-15 掲載

地上デジタル放送録画番組のコピー制限を緩和する「ダビング10」だが、この運用が凍結する方向となった。 ダビング10への運用切り替えは2週間後の6月2日と決まっていたが、この日に実施されることが極めて困難という結論が、2008年5月13日に開催された情報通信審議会の定期会議にて出てきた。 ダビング10は、昨年夏に総務省情報通信審議会にて「コピーワンス」から見直された、録画した1番組について9回までのコピー、10回目でムーブする、という新方式。 情報通信審議会内情報通信政策部会 デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会において、複数の委員が現段階での実施は非常に困難、という見解を示し、これが大筋で了承された。新たな開始日は決まっていないため、事実上凍結する形になった。 このダビング10をめぐっては、運用開始前にCS放送事業者の送出設備を改修する必要があり、また関連する端末メーカーも製品のフォーマット対応の負担と作業が完了する時期が1つの課題となっていた。 また著作権団体はコピーワンスからダビング10へ緩和する条件として、私的録音録画補償金制度の維持を要求しており、これにメーカー側は難色を示しており、打開策が見出されないままになっている。 

[ Category : ]
[ DATE : 2008-05-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

リーダー電子、スマホで操作するデジタル放送シグナルレベルメーター「LF 10」を発売

リーダー電子株式会社は、日本国内における地上波、CATV、BS、110°CSデジタル放送に対応したチャンネル信号測定装置“シグナルレベルメーター”「LF 10」を2013年12月2... 続きを読む

総務省、福島原発事故規制地域の帰還世帯に地デジチューナーを無償給付の支援開始

総務省は11月20日、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い避難している世帯が避難前の自宅に帰還する際、簡易な地上デジタルテレビ放送対応チューナーを無償給付等の支援措置を行うことを... 続きを読む

ヨーズマー、南相馬市においてエリア放送サービス「南相馬チャンネル」を提供開始

株式会社ヨーズマーは、福島県南相馬市および南相馬市と友好関係にある富山県南砺市より依頼を受け、地上デジタル放送の応用技術を利用した南相馬市内向け放送サービス「南相馬チャンネル」を、... 続きを読む

総務省、「デジアナ変換」を実施するケーブルテレビ事業者を発表

総務省は11月1日に、国の補助金を活用して「デジアナ変換サービス」を実施する事業者99事業者(162施設)を発表した。来年7月24日までには、ケーブルテレビに加入している2450万... 続きを読む

リーダー電子、地上デジタル放送の測定機能を備えたシグナルレベルメーターを発表

リーダー電子株式会社は、地上デジタル放送のレベル、BER、C/N測定機能とBSデジタル放送のレベル測定機能を備えた、シグナルレベルメーターLF 5を発表した。 LF 5は、新規にデ... 続きを読む

トップ > ニュース > 「ダビング10」運用実施が極めて困難に、一時凍結の方向へ