PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ハリウッド3DプロダクションStereoscope、クォンテルシステムによるDIワークフローのサービスを開始

News

ハリウッド3DプロダクションStereoscope、クォンテルシステムによるDIワークフローのサービスを開始

2008-05-19 掲載

3Dデジタル環境を持つポストプロダクションの米Stereoscopeスタジオ(Stereoscope)は、今度、加クォンテル製の4Kカラーグレーディング編集システム(カラーコレクション)Pabloの最新バージョンを導入し、3Dデジタルマスタリング・シアターおよびフルレンジフォーマットにワンパスで対応できるスタジオとして新たにオープンした。 Stereoscopeは、米カリフォルニアのバーバンクに拠点を置く。 加クォンテルのIQシリーズPabloは、カラーグレーディングだけではなく、アセンブル、編集、コンフォーミング、エフェクトやタイトリングまで行えるDIシステム。3Dデジタルマスタリング・シアターに設定した編集ルームに設置され、デジタルコンテンツをデリバリー段階まで施設内シームレスで行えるDI(Digital Intermediate)ワークフローを実現する、という。 Stereoscopeでのマスタリング環境では小規模ながらもHDおよび2Kまでのコンテンツのリアルタイム編集環境が整っている。プロダクション側では、Avid社のNitrisシステムとSony HDCAM SRデッキ、7.1ドルビー対応ミキシングルームには、Solid State Logic社製品が備わっている。また、30×40×15サイズのブルーバックスタジオも設備されている。 米国でも800箇所ほどのIMAXシアターで数多くのヒット作品を上映している。3Dカメラでの映画素材撮影は頻繁に行われているが、ポスプロ業界では(そのことが)広く浸透されていない、とStereoscopeの関係者は語っている。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-05-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:Avid]大規模チーム向けにカスタマイズ可能な役割ベースのユーザーインターフェースなどを搭載したMedia Composer 2019を展示

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019]Avid、Media Composer 2019を発表

Avidは、同社のビデオ編集のフラッグシップ製品Media Composerを再設計および再検討したMedia Composer 2019を発表した。 Media Compo... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Sonyブース、Tokinaブース、ARRIブース、Leitzブース、SHARPブースからお届けします... 続きを読む

[NAB2019]Sonyブース(動画)

NAB2019のSonyブース動画です。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > ハリウッド3DプロダクションStereoscope、クォンテルシステムによるDIワークフローのサービスを開始