PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ハリウッド3DプロダクションStereoscope、クォンテルシステムによるDIワークフローのサービスを開始

News

ハリウッド3DプロダクションStereoscope、クォンテルシステムによるDIワークフローのサービスを開始

2008-05-19 掲載

3Dデジタル環境を持つポストプロダクションの米Stereoscopeスタジオ(Stereoscope)は、今度、加クォンテル製の4Kカラーグレーディング編集システム(カラーコレクション)Pabloの最新バージョンを導入し、3Dデジタルマスタリング・シアターおよびフルレンジフォーマットにワンパスで対応できるスタジオとして新たにオープンした。 Stereoscopeは、米カリフォルニアのバーバンクに拠点を置く。 加クォンテルのIQシリーズPabloは、カラーグレーディングだけではなく、アセンブル、編集、コンフォーミング、エフェクトやタイトリングまで行えるDIシステム。3Dデジタルマスタリング・シアターに設定した編集ルームに設置され、デジタルコンテンツをデリバリー段階まで施設内シームレスで行えるDI(Digital Intermediate)ワークフローを実現する、という。 Stereoscopeでのマスタリング環境では小規模ながらもHDおよび2Kまでのコンテンツのリアルタイム編集環境が整っている。プロダクション側では、Avid社のNitrisシステムとSony HDCAM SRデッキ、7.1ドルビー対応ミキシングルームには、Solid State Logic社製品が備わっている。また、30×40×15サイズのブルーバックスタジオも設備されている。 米国でも800箇所ほどのIMAXシアターで数多くのヒット作品を上映している。3Dカメラでの映画素材撮影は頻繁に行われているが、ポスプロ業界では(そのことが)広く浸透されていない、とStereoscopeの関係者は語っている。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-05-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7R IV」を発表

ソニーは、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載したα(Alpha)レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7R IV」を2... 続きを読む

ウォークマン40年の歩みを体験できる「#009 WALKMAN IN THE PARK」が開催

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2019年7月1日~9月1日までの期間中、ウォークマン40年の歩みを感じながら、触れて、聞くことのできる体験展示「#009 W... 続きを読む

ソニー、ネヴィオン社とIPベースの放送映像制作ソリューションに関する戦略的協業体制を構築

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(以下:ソニー)と、Nevion AS(以下:ネヴィオン社)は、放送業務用分野を中心としたIP(Internet Protoc... 続きを読む

ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

「IMX415」(左)、「IMX485」(右) ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュ... 続きを読む

フォトロン、関西放送機器展2019出展概要を発表。Avid、EVS、TrackMen、Vizrtなどの映像制作システムを出展

昨年の関西放送機器展フォトロンブースの様子 株式会社フォトロンは、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する... 続きを読む

トップ > ニュース > ハリウッド3DプロダクションStereoscope、クォンテルシステムによるDIワークフローのサービスを開始