PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > IBCにてスーパーハイビジョンが提携デビュー

News

IBCにてスーパーハイビジョンが提携デビュー

2008-05-22 掲載

9月にオランダ・アムステルダムで開催されるヨーロッパ最大の放送機器展の「IBC2008」では、NHKと公共放送BBC(英)そしてRAI(伊)が共同して、スーパーハイビジョンのライブ中継を行うことが明らかになった。 NHKでは2年前からIBCにて出展を試みていたが、今回は欧米のパートナーと一緒に参考出展することになった。 参考デモンストレーションとして予定されているこのライブ中継には、Siemensと、BBCの技術パートナーのCable&Wirelessが、アムステルダムの会場とロンドンを結ぶスーパーハイビジョン伝送のための基盤を提供することになっている。また、Eutelsatは、アムステルダムからトリノまでの衛星のリンクで協力する。 この実験的デモンストレーションは会期中始終行われる。日本で撮影された素材は、ロンドンに置かれたカメラで収録する中継とSIS Outside Broadcastersによりミックスされる。このライブフィードはMPEG-2で圧縮され、Cable&Wirelessが用意する超高速光ファイバーで伝送される仕組み。そして素材はまた、Eutelsatが提供する衛星トランスポンダーでトリノにあるサーバーからもオンエアされる。 会場ではNHKのスーパーハイビジョンシアターで8Kx4Kのプロジェクターで映し出される。また、EBU Villageブース(10.D21)では、衛星からダウンリンクして、コンテンツを3840×2160 ピクセルLCDディスプレイを使って放映する。また、このスーパーハイビジョンは、Eutelsat ブース(1.D59)でもディスプレイされる予定。 IBC2008では、スーパーハイビジョンに関しては9月15日の2時からセッションも開催される予定。イベントは9月11日から6日間開催され、今年も5万人を超す来場者数を予測している。 今年2月には、NHKからスーパーハイビジョンを含む技術について欧州の公共放送研究機関と連携を開始したことを発表している。内容としては、NHKとBBCでは、スーパーハイビジョン映像の高圧縮符号化技術、RAIとは21GHz帯放送衛星によるスーパーハイビジョン伝送技術についての情報公開や共同で研究を進める、というもの。 スーパーハイビジョンはNHKが始めに開発した技術だが、今はBroadcast Technology Futures group (BTF:ヨーロッパ・ブロードキャストユニオンが母体)でもNHKと情報交換を行いながら進めている、という。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-05-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:NHK]8K放送システムやコンテンツの展示、裸眼による3D映像システムを展示

NHKブース動画 NHKブースレポート すでにNHKが提唱していた4K8Kは実用期にはいり、カメラを初めとした様々な機器がすでに内外各メーカーから発... 続きを読む

[NAB2019]NHKブース(動画)

NAB2019のNHKブース動画です。 ... 続きを読む

NHK、「第73回 技研公開」を開催。3DテレビやAR・VRを活用した24項目の研究成果を展示

NHKは、NHK放送技術研究所(技研)の最新の研究成果を一般に公開する展示会「技研公開2019」を2019年5月30日(木)~6月2日(日)に東京・世田谷のNHK放送技術研究所にて... 続きを読む

[NAB2019]NHK、NAB2019出展概要を発表。8K放送システムや8Kコンテンツを展示

※写真は昨年の様子 NHKは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(ノースホール/N236)。 同社ブースでは、... 続きを読む

NHK「第73回 技研公開」の日程が決定。テーマは「ワクからはみ出せ、未来のメディア」

※写真は2018年の様子 NHK放送技術研究所(技研)の研究成果を一般に公開する「第73回 技研公開」が、2019年5月30日(木)~ 6月2日(日)に開催される。会場は東京... 続きを読む

トップ > ニュース > IBCにてスーパーハイビジョンが提携デビュー