PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 内閣官房、地デジ完全移行に向け、アクションプランを発表

News

内閣官房、地デジ完全移行に向け、アクションプランを発表

2008-05-26 掲載

地上波完全デジタル化実施が3年後と迫っている。内閣官房では、地上波放送の完全デジタル移行に向けて関係省庁の施策を取りまとめた「地上デジタル放送への移行完了のためのアクションプラン2008」の骨子案(全10 ページ)を公開している。 骨子案では、関係省庁が取り組むべき施策と問題定義を8項目に分類している。 内容は次のとおり。 (1)公共施設のデジタル化、(2)公共施設などが原因の受信障害への対応、(3)アナログテレビなどの廃棄・リサイクル対策、(4)悪質商法などへの対策、(5)国民に対する周知広報の充実、(6)経済弱者などへの受信機普及、(7)放送基盤の整備、(8)地上デジタル放送の有効活用 公共施設の完全デジタル化改修を平成22年12月末までに完了することを目標として取り組むこととし、地方公共団体において総務省及び関係省庁は、毎年度末点での達成状況を確認し公表することを要請している。また、JEITAが取りまとめている、テレビの廃棄やリサイクルの時期と台数予測について毎年度見直しをするよう、要請している。 デジタル化対応に関して、国民側は自己負担が原則である。しかし、経済的理由で視聴が困難とする世帯に対しては、何かしらの(一定の基準に基づく)支援を検討する、としている。 停波の周知徹底に向けた活動を段階的に強化していくなかで、特定の地域においてアナログ放送を一時的に停止するなどのリハーサルの可否についても検討していく、としている。 内閣官房は昨年9月に、「デジタル放送への移行完了のための関係省庁連絡会議」を設置し、ここで問題定義と施策の検討を進めていた。今回発表された骨子案はこれらをまとめたもの。この同骨子へのパブリックコメントを6月23日まで募集し、6月末をめどにアクションプランを取りまとめる予定となっている。 関連リンク:電子政府「地上デジタル放送への移行完了のためのアクションプラン2008」骨子 http://www.cas.go.jp/jp/pubcom/kosi.pdf

[ Category : ]
[ DATE : 2008-05-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

リーダー電子、スマホで操作するデジタル放送シグナルレベルメーター「LF 10」を発売

リーダー電子株式会社は、日本国内における地上波、CATV、BS、110°CSデジタル放送に対応したチャンネル信号測定装置“シグナルレベルメーター”「LF 10」を2013年12月2... 続きを読む

総務省、福島原発事故規制地域の帰還世帯に地デジチューナーを無償給付の支援開始

総務省は11月20日、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い避難している世帯が避難前の自宅に帰還する際、簡易な地上デジタルテレビ放送対応チューナーを無償給付等の支援措置を行うことを... 続きを読む

ヨーズマー、南相馬市においてエリア放送サービス「南相馬チャンネル」を提供開始

株式会社ヨーズマーは、福島県南相馬市および南相馬市と友好関係にある富山県南砺市より依頼を受け、地上デジタル放送の応用技術を利用した南相馬市内向け放送サービス「南相馬チャンネル」を、... 続きを読む

総務省、「デジアナ変換」を実施するケーブルテレビ事業者を発表

総務省は11月1日に、国の補助金を活用して「デジアナ変換サービス」を実施する事業者99事業者(162施設)を発表した。来年7月24日までには、ケーブルテレビに加入している2450万... 続きを読む

リーダー電子、地上デジタル放送の測定機能を備えたシグナルレベルメーターを発表

リーダー電子株式会社は、地上デジタル放送のレベル、BER、C/N測定機能とBSデジタル放送のレベル測定機能を備えた、シグナルレベルメーターLF 5を発表した。 LF 5は、新規にデ... 続きを読む

トップ > ニュース > 内閣官房、地デジ完全移行に向け、アクションプランを発表