PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニーと米大手CATV6社、STB不要の対話型サービスのプラットフォームを共同開発

News

ソニーと米大手CATV6社、STB不要の対話型サービスのプラットフォームを共同開発

2008-05-29 掲載

ケーブル業者と家電業者が、プラグ・アンド・プレイ規格のTV普及の計画においてお互い一歩近づいた。 米国現地時間27日、ソニーエレクトロニクスと米大手ケーブルオペレーター6社が、セット・トップ・ボックス(STB)がなくても、対話型デジタルコンテンツやHDTVにアクセスできることを標準化し、そのプラットフォームを搭載するデバイスを共同開発することで合意した。これは、全米CATV協会(National Cable & Telecommunications Association:NCTA)が発表したもの。 参稼するのは、Comcast、Time Warner Cable、Cox、Charter、Cablevision、Bright House Networks。これら6社を合わせると、米国内1.05 億世帯(全体の82%以上)にCATVサービスを提供している、という。 ソニーと米大手CATV6社は、プラグ&プレイ規格として米CableLabsのOpenCable仕様Javaベースのtru2way技術を採用する。tru2wayは、次世代双方向TVアプリケーションの新しいブランド名で、双方の対話型のサービスであることが直感的に分かるようにと、従来のOCAP(OpenCable Application Platform)から名称を変更したもの。 CableLabsは、ケーブルテレビのビジネスの発展と規格統一や技術支援を目的に、米国ケーブルテレビ事業関係者によって設立された非営利研究開発機関である。NCTAとConsumer Electronics Association(CEA)では1か月以上前から、この対話型サービスのプラットフォームの統一化について議論していた。 今後ソニーだけでなく、さまざまな家電メーカーや情報技術メーカーが提供する対応製品を普及させていく計画。事実、ソニーが最初のメーカーではない。TimeWarner Cableに関与しているマーケットの40%が既にtru2wayに何かしら対応している。 今年のCESにおいて、パナソニックとComcastは、tru2way技術を搭載したポータブルDVR ‘AnyPlay’を発表しており、来年頭に正式的にリリースする予定。米国最大のケーブルオペレーターであるComcastでは、2008年末から本格的にサービスを開始するとしている。 プラグ&プレイ規格では、双方向CableCardがハードウェアインターフェースとなり、tru2wayをミドルウェアとしてサービスを展開していく。これらを搭載したテレビといったデバイスがあれば、HDDへの番組記録やVOD、番組ガイドといった双方型サービスがSTBを通さなくても可能となる。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-05-29 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7R IV」を発表

ソニーは、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載したα(Alpha)レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7R IV」を2... 続きを読む

ウォークマン40年の歩みを体験できる「#009 WALKMAN IN THE PARK」が開催

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2019年7月1日~9月1日までの期間中、ウォークマン40年の歩みを感じながら、触れて、聞くことのできる体験展示「#009 W... 続きを読む

パナソニック、デジタル一眼カメラLUMIX「Sシリーズ/Gシリーズ」8機種のファームウェアアップデートを発表

パナソニック株式会社は、同社のデジタル一眼カメラLUMIX Sシリーズ「DC-S1R/S1」と、Gシリーズ「DC-GH5/GH5S/G9/G99/GX7MK3、DMC-G8」8機種... 続きを読む

ソニー、ネヴィオン社とIPベースの放送映像制作ソリューションに関する戦略的協業体制を構築

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(以下:ソニー)と、Nevion AS(以下:ネヴィオン社)は、放送業務用分野を中心としたIP(Internet Protoc... 続きを読む

ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

「IMX415」(左)、「IMX485」(右) ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュ... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニーと米大手CATV6社、STB不要の対話型サービスのプラットフォームを共同開発