PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 映画フリー製作プロジェクト「OpenCut フィルム」、コンペティションが開始

News

映画フリー製作プロジェクト「OpenCut フィルム」、コンペティションが開始

2008-06-03 掲載

映像編集ソリューションに携わっている米Silverado Systemsが、業界初のオープンソース・フィルムコンペティションを実施した。これはOpenCutプロジェクトと名付けられ、35ミリフィルムの素材と台本を提供し、参加者たちに自由に編集して1本の映画として完成してもらうもの。参加者達のレベルは問わず、国内外誰でも参加できる。 OpenCutプロジェクトの素材は、台本のもと、プロの製作クルーと役者が起用され、RED Digital Cinema社のRed Oneで撮られている。 製作スキルやレベル関係なく、参加エディター達に期限内に仕上げてもらう。試行錯誤で進める参加者たちのために、リソースやワークフローQ&Aといったものが、Redフォーラムやトレーニングオンラインで提供されている。 事実、以前からこのプロジェクトを立ち上げたかったが市場レベルの壁があった、とプロジェクトを立ち上げたSilverado Systems社の代表、Torrey Loomisは語っている。1年前と現在では映画編集環境のコストが全く違う。現在は35ミリフィルム素材をハードディスクでハンドキャリーでき、Red Oneカメラのようなコンパクトサイズで4K素材を撮影してデスクトップPCで編集できるようになった。 OpenCutプロジェクトの立ち上げは、業界初としてオープンソースから映画を完成させるだけではなく、Red Oneを起用した編集環境をプロダクションや映画産業に啓蒙したい意図がある。 OpenCutの最初のプロジェクトは”Susannah”。Salton Seaがロケ地として選ばれ、Evan Nicholas監督のもと、スタントマンのBen BrayやJohnny Bogrisが出演している。Bogrisは”NYPD Blue” や”End of Days”に過去出演したことがある俳優。この素材は160GBで納められている。 このコンペティションで受賞した応募者には、AJA Io HDや賞金が与えられるほか、応募者作品を4K解像度でDCP(Digital Cinema Package)として仕上げてくれ、国内外のフィルムフェスティバルへ自動的に応募対象となる。 “Susannah”の参加応募は既に終了しているが、今冬に向けてOpenCut プロジェクト1.1が進んでいる。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-06-03 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

ATOMOSとRED、ロイヤリティベースのライセンス契約を発表

ATOMOSとRED Digital Cinemaは1月23日、ロイヤリティベースのライセンス契約を発表した。ATOMOSによると、REDの知的所有権の一部の使用に関して合意に達し... 続きを読む

[CES2019]NVIDIAとRED、6K-8K REDCODE RAW映像編集をストレスフリーに

NVIDIAはCES2019で、パワーアップした「NVIDIA GeForce RTX」GPUシリーズを発表した。本グラフィックスカードを組み込んだラップトップPC「GeForce... 続きを読む

RED Digital Cinema、RED認定レンタルハウスカメラ向けのRANGERを発表

reduser.netのReconより引用 RED Digital CinemaのCEO Jarred Land氏は、RED認定レンタルハウスカメラ向けにカスタム... 続きを読む

トップ > ニュース > 映画フリー製作プロジェクト「OpenCut フィルム」、コンペティションが開始