PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. I-Movix社のHD超スローモーション対応システム「SprintCam Live V2」、北京オリンピック中継で採用
News

I-Movix社のHD超スローモーション対応システム「SprintCam Live V2」、北京オリンピック中継で採用

#北京オリンピック

2008-07-23 掲載

ベルギー出身のI-Movix社が開発した、史上初の”エキストリーム・スロー・モーション・システム”である「SprintCam Live V2」が、北京オリンピックの中継放送で採用される。 「SprintCam Live V2」は、最高8,000コマ/秒のフレームレートで撮影した映像を即座に再生でき、リアルタイムで映像をコントロールする技術を組み合わせたシステム。 HDにも対応し、ライブスポーツから映画撮影まで様々なイベント使用ができように組まれており、フォトロン社ハイスピードカメラとフジノン放送用レンズを使用している。ハイスピードカメラ、カメラコントロールユニット(CCU)、オペレーションコントロールパネル(OCP)とスローモーションリモートコントロールパネルから構成されている。 BOB(北京オリンピックのホスト放送局)が、主要競技場に設置される可搬型の「SprintCam Liveシステム」のオペレーションを行い、アーチェリー、射撃、ダイビング、陸上、自転車、水泳等の競技で使用される予定。 フォトロン社ハイスピードカメラ「FASTCAM SA1.1」は、フルフレーム1024×1024ピクセルで5,400コマ/秒、セグメント時で最高675,000コマ/秒という撮影速度を実現した高速度カメラ。操作面の向上にもこだわり、ユーザーの使用環境に合わせて、全ての機能をPCから制御または、リモートコントローラーによって操作する方法の2つの操作方法が選べる。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-07-23 ]
[ TAG : ]

関連する記事

米NBCオリンピック放送、アテネを抜く最高視聴率を取得

92年にロサンジェルスで開催された夏季オリンピックは、米国民にとって観なければならない必須の放送番組であった。その後、国民の関心はトーンダウンしてしまったかのようにテレビの視聴率は... 続きを読む

4億人の視聴者へ史上規模最大のオリンピック放送開始

8月8日より夏季オリンピックがついに始まった。今年のオリンピックの放送について、前代にないフルHDクオリティでの放送環境が実現したことは勿論、H.264フォーマットの採用をはじめ、... 続きを読む

米Sony、NBCへオリンピック放送用に200セット以上の最新XDCAMシリーズを提供

米国内の北京オリンピック放送主導権を持つNBCが、北京オリンピック放送をXDCAM HDフォーマットで統一し、カメラからデッキ、スイッチャまで250セット以上のソニー製のXDCAM... 続きを読む

米シスコのIPビデオ配信技術もNBCの北京オリンピック放送に

米シスコ・システムズ社(シスコ社)のIPビデオネットワーク・インフラがNBCの北京オリンピック放送で採用されることが明らかにされた。 IP(Internet Protocol)経由... 続きを読む

英TANDBERGのH.264エンコーダ、NBCの北京オリンピック放送で採用

英TANDBERG Television(TANDBERG社)の MPEG-4 AVC (H.264)エンコーダがオリンピック公式放送局の米NBCで採用されることが同社より発表され... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. I-Movix社のHD超スローモーション対応システム「SprintCam Live V2」、北京オリンピック中継で採用