PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 米CineForm、トムソン・グラスバレーInfinity対応のメディアインターメディエイト「I-J2Kスイート」を出荷開始

News

米CineForm、トムソン・グラスバレーInfinity対応のメディアインターメディエイト「I-J2Kスイート」を出荷開始

2008-08-01 掲載

米CineForm社は、今春のNABで発表した、メディアインターメディエイト・アプリケーション「I-J2Kスイート」の出荷を正式的に開始した。 I-J2Kスイートは、トムソン・グラスバレー社のデジタルメディア・カムコーダ「Infinity」に特化した、メディアインターメディエイト・コーディックで、Infinity側の独自フォーマットをプロダクション編集システムでシームレスに対応できるようにフォーマットを変換するシステム。 同社のAdobe Premiere Pro 専用の「Prospect HD」やMac版Final Cut Proや他のノンリニア編集システム専用の 「Neo HD」と一緒に連動し、I-J2Kを使って、Infinityで記録したJPEG2000 MXFファイル(10-bit 1920×1080 または1280×720 )のメディアをリアルタイムで10bitのCineFormインターメディエイトファイル(AVIまたはMOV)へ変換する。 このCineFormフォーマットはクロスプラットフォーム対応で、Adobe社CS3プロダクション・スイートを始め、Apple社FinalCut StudioやSony社Vegasといった、ノンリニア編集システム上でシームレスに編集することができる。また、InfinityのJPEG2000フォーマットファイルのMXFラッパーをAVIラッパーに変換し、WindowsMediaプレイヤーのようなDirectShow対応のビューワーでメディアをプレビューできるようにすることが可能だ。このI-J2Kスイートは当社のオンラインから99ドル(1ライセンス)で購入することができる。 今回出荷開始となったのはWindowsベースのもの。QuickTimeにも対応できるMacバージョンは今秋までに正式リリースの予定。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-08-01 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アップル、他社製ワークフロー機能拡張の導入や、新機能を追加したFinal Cut Pro Xの最新のアップデートを発表

比較ビューアを使えば、Final Cut Proのタイムラインでクリップのカラーグレーディングを行いながら基準画像を参照することができる アップルは、Final Cut ... 続きを読む

米アップル、ProRes RAWの搭載とクローズドキャプション機能を強化したFinal Cut Pro Xをアップデート

米アップルは現地時間の4月5日、Final Cut Pro Xの最新のアップデート「Final Cut Pro 10.4.1」を発表した。4月9日より既存ユーザーは無償でアップデー... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve12.5.3アップデートを発表。Final Cut Pro XやMedia Composerとの相互運用性を強化

Blackmagic Designは、同社のカラーグレーディングソフトウェア最新版DaVinci Resolve12.5.3アップデートを発表した。アップデート内容の詳細と無償ダウ... 続きを読む

Final Cut Pro 7ユーザー向けAdobe Premiere Pro CC一日講座開催

PST Training Stationは、Final Cut Pro 7ユーザー向けの「Adobe Premiere Pro CC一日講座」を2013年8月26日~28日に開催す... 続きを読む

アドビ、Creative Suite製品の新規開発終了。定額制Creative Cloudに移行

アドビ システムズ 株式会社は、大規模なアップデートを加えた新しいAdobe Creative Cloudの提供を2013年6月18日より開始すると発表した。これにともないCrea... 続きを読む

トップ > ニュース > 米CineForm、トムソン・グラスバレーInfinity対応のメディアインターメディエイト「I-J2Kスイート」を出荷開始