PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米オートデスク、SIGGRAPHに合わせて「Maya」10周年記念バージョンを発表
News

米オートデスク、SIGGRAPHに合わせて「Maya」10周年記念バージョンを発表

#Autodesk #SIGGRAPH #MotionBuilder

2008-08-19 掲載

米国オートデスク社は先週、米カリフォルニア州で開催されたコンピューターアニメーションの祭典、「SIGGRAPH 2008」において、3D アニメーション ビジュアルエフェクト ソフトウェア、Autodesk Mayaの10周年記念バージョン、「Autodesk Maya 2009」を発表した。 Maya 2009には、さらなる生産性向上を図れる、3D立体作成機能、nParticlesシミュレーション、パワフルなアニメーション ツールの最新機能が搭載され、新たなデータ管理ツール「Maya Assets」や効率的なモデリング制御によりワークフローを最適化することができる。 主な新機能としては、Maya Nucleus統合シミュレーション フレームワークに対応する第2のモジュール、「Maya nParticle」ダイナミック シミュレーション モジュール、筋肉や肌の動きを包括的に生成できる「Mayaマッスル」のほか、UVレイアウトの強化、Autodesk® Toxik™ソフトウェアなどの合成パッケージとの統合を容易に最適化できるレンダーパスなどがあげられる。 Maya nParticleは、直感的で効率的なワークフローで、液体、雲、煙、噴霧、ほこりなど、さまざまな種類の複雑なエフェクトをシミュレートできる。パーティクル同士の衝突、パーティクルとnClothの双方向インタラクション(相互作用)、強力なコンストレイン、クラウドと「メタボール」のハードウェア ディスプレイ、プリセットレンダリング、ダイナミックな動作を搭載している。また、立体(3D)映画を活用できるインビューポート ステレオ ビュー機能で新型のステレオ カメラ・リギングを実現する。 オートデスク社は、リアルタイム シミュレーションとインタラクティブ機能を強化した、3Dキャラクターアニメーションソフトウェア、「MotionBuilder 2009」も同時に発表している。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-08-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ビジュアル・グラフィックス、AUTODESK FLAME 2019オンラインセミナーを開催

ビジュアル・グラフィックス株式会社は、2018年6月14日(木)にAUTODESK FLAME 2019のリリースイベントとしてオンラインセミナーを開催する。開催時間は14:00~... 続きを読む

オートデスク、トークイベント「Redshift Live」を開催

オートデスクは、2018年6月7日(土)に「Redshift 日本版」の企画によるトークイベント「Redshift Live」を東京・永田町グリッドで開催する。同イベントは抽選によ... 続きを読む

オートデスク、“創造の未来”をテーマにしたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を開催

オートデスク株式会社は、デザインや設計、エンジニアリングのストーリーを集めたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を2015年10月23日... 続きを読む

[NAB2015]オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月16日より提供開始

Autodesk 3ds Max。MAXクリエーショングラフ機能の画面 オートデスク株式会社は、「Autodesk Maya 2016」および「Autodesk 3ds Ma... 続きを読む

オートデスク、3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェア「Autodesk Maya LT」の新バージョンを3月27日より提供開始

オートデスク株式会社は、モバイルゲーム開発用3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェアの新バージョンとして「Autodesk Maya LT 2016」を3月27日より発売する... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米オートデスク、SIGGRAPHに合わせて「Maya」10周年記念バージョンを発表