PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Digital Vision、モーション補正、フォーマット変換ソフトウェアをリリース
News

Digital Vision、モーション補正、フォーマット変換ソフトウェアをリリース

#IBC

2008-09-12 掲載

Digital Vision社は、モーション補正、フォーマット変換ソフトウェア「Twister」の出荷を開始した。スェーデンに本社を持つDigital Vision社は独自のPHAMETMアルゴリズムを採用したマスタリングやグレーディングシステムを開発、販売している。 Twisterはフォーマット、フレームや解像度を問わず、別のフォーマットへ変換できるアプリケーション。50Hzから59.94、インターレースからプログレッシブへ、またはSDからHDなど画質クオリティも向上させて変換できる、という。また、スーパーシャープなスローモーションやインターレース映像を映画素材として取り入れることもできる。 すべてのプロセスにおいてモーション補正がされるので、アーティファクトの影響の心配がない。Twisterはマルチスレッド対応なので、同社のレンダリング・アクセラレータ「Turbine」が搭載されたワークステーションで使えば、施設にある使用可能なワークステーションのCPUパワーを使って、4kやマルチ2K、HD素材のレンダリングタスクをリアルタイム(もしくはリアルタイム以上で)実行することができる。 Digital Vision社は、アムステルダムで今週開催されているIBC2008にてブース出展をしている(ブース番号: 7.C29)。4K対応カラーグレーディングシステム「Film Master V3.6」、イメージプロセッサ「DVNR 2K」、HDTVスタンダードコンバーター「Cifer」、ノンリニア・マスタリングシステム「Phoenix」などを合わせて展示。Film Master の最新バージョン3.6では、AAFエクスポートとXMLインジェストを追加、Phoenixは、DVOのデ・インターレースの改善、DVO フリッカー調整のスピードが10倍速くなった新バージョンを展示する。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-09-12 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[IBC2020]伊藤忠ケーブルシステム、オンラインイベント「Virtual IBC 2020」を開催

伊藤忠ケーブルシステム株式会社は、2020年9月16日~18日・24日~25日の5日間にわたり、同社が販売代理店となるベンダー各社協賛のもとオンラインイベント「Virtual IB... 続きを読む

[IBC2020]IBC2020開催中止を発表

IBCは、新型コロナウイルス感染防止の観点からIBC2020の開催を中止すると発表した。 IBC2020は2020年9月11日〜15日の会期でオランダ・アムステルダムで開催を... 続きを読む

[IBC2020]パナソニック、IBC2020の出展を取りやめ

※写真はIBC2019の様子 英国パナソニックの発表によると、今年9月にオランダのアムステルダムで開催されるIBC 2020から撤退した。代わりに、オンラインを使った独自のテ... 続きを読む

[IBC2017]パナソニック、IBC 2017出展概要を発表。「スタジオソリューション」「プロダクション」「ライブプロダクション」の3つのエリアで提案

コンパクトシネマカメラ「AU-EVA1」 パナソニック株式会社は、2017年9月15日~19日にオランダ・アムステルダムのRAIセンターで開催中の「IBC 2017」に出展し... 続きを読む

シグマ、像制作用交換レンズ「SIGMA CINE LENS」のFULLY LUMINOUSバージョンの発売日と価格が決定

株式会社シグマは、映像制作用交換レンズ「SIGMA CINE LENS」のFULLY LUMINOUSバージョンを2017年9月20日に発売する。以前、2016年末より順次発売する... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Digital Vision、モーション補正、フォーマット変換ソフトウェアをリリース