PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 日立マクセル、「P2」シリーズに対応した半導体メモリカード「P2カード」3種類を発表
News

日立マクセル、「P2」シリーズに対応した半導体メモリカード「P2カード」3種類を発表

#Panasonic #P2HD #Maxell

2008-11-17 掲載

日立マクセル(大阪府茨木市)は、パナソニック株式会社の放送用半導体メモリー収録システム「P2」シリーズに対応した半導体メモリカード「P2カード」3種類を2009年3月より発売する。この製品は国際放送機器展InterBEE 2008(11月19日-11月21日、幕張メッセ)のマクセルブースにて展示される。 映像、音声のデジタル化、高品質のHD化に伴い、今後、ますます高速大容量のデータ記録が進むことが予想されており、従来の放送用磁気記録テープに代わる新世代フォーマットへの需要が高まっている。このような中、放送業務において、カメラ取材から、ノンリニア編集、データ送出に至るまで、映像、音声、メタデータなどのコンテンツをファイルベースで一貫して取り扱うことができる「P2カード」は、新世代フォーマットとして今後の成長が期待されている。 マクセルは、放送業務用「P2」シリーズに対応した「P2カード」3種類(記録容量16GB、32GB、64GB)を発売する。「P2」シリーズに対応する圧縮方式により、用途に応じて長時間(最大約256分/枚)の収録が可能となっている。また、半導体メモリカードである本製品は衝撃、振動、温度変化に強い特徴があり、過酷な撮影環境でも高い信頼性を発揮するほか、1枚のカードを繰り返し使用できるため、長期的なコストパフォーマンスにも優れているのが特徴だ。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-11-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

AJA、パナソニックが設立したKAIROS Allianceへの参入発表

AJA Video Systems社は、パナソニックが設立したKAIROSアライアンスパートナープログラムへの参入を発表した。同プログラムへの参加により、KAIROS IPライブ映... 続きを読む

パナソニック システムソリューションズ ジャパン、ロケーションフリーな制作環境を実現する番組制作システムを開発

パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、放送局向けにロケーションフリーなコンテンツ制作を実現する番組制作システムの開発を発表した。受注開始は2021年4月予定。希望小売... 続きを読む

パナソニック、自由なソフトウェア開発が可能なLUMIX制御用SDKを公開

パナソニック株式会社は、自由なソフトウェア開発が可能なLUMIXのSDK(Software Development Kit)を公開した。対象モデルはDC-BGH1/S1/S1R/S... 続きを読む

パナソニック、最大12台のLUMIX BGH1を制御可能なソフトウェア「LUMIX Tether for Multicam」を発表

パナソニック株式会社は、最大12台までのマルチカメラリモート操作が行えるカメラ制御ソフトウェア「LUMIX Tether for Multicam」を発表した。同ソフトウェアの対象... 続きを読む

パナソニック、C4K60p 10bit内部記録対応の新コンセプトボックススタイルデジタルカメラ「LUMIX DC-BGH1」発売

パナソニック株式会社は、LUMIXとして初めてボックススタイルを採用したミラーレス一眼「LUMIX DC-BGH1」(以下:BGH1)を2020年11月19日に発売する。希望小売価... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 日立マクセル、「P2」シリーズに対応した半導体メモリカード「P2カード」3種類を発表