PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 日本ビクター、スーパーハイビジョンに対応したD-ILAプロジェクターを新開発

News

日本ビクター、スーパーハイビジョンに対応したD-ILAプロジェクターを新開発

2009-05-13 掲載

日本ビクター(横浜市神奈川区)は、フルハイビジョンの約16倍に相当する”スーパーハイビジョン”に対応したD-ILAプロジェクターを新開発したと発表した。”スーパーハイビジョン”はNHKで研究開発中の高精細TV放送規格(7680×4320 60P)。

同社製従来機種「DLA-SH4K」スタック使用時と比較して、従来比1.5倍の10,000ルーメンの高輝度を実現。大型プロジェクターは輝度を優先するため、一般的なコントラストは1000~2000:1程度と低いが、本機では3500万画素のD-ILA表示素子を3個使用することにより、D-ILA方式のプロジェクターとしては最も明るい10,000ルーメンの輝度と5500:1のコントラストを実現した。400~600インチの大画面スクリーンを用いた場合でも十分な明るさが確保できるとしている。

本機は、12ビット(36bit:RGB 各色12bit)の色表現にも対応している。

主な仕様
  • 方式 D-ILA3 板式(RGB)
  • 解像度 8192 × 4320 画素(SHV:7680 × 4320)
  • 光源ランプ 3,000W キセノンランプ
  • 輝度 10,000 ANSI ルーメン(3.3lm/w)
  • コントラスト 5500:1
  • ANSI コントラスト 400:1
  • 入力フォーマット 60fps プログレッシブスキャン
  • 入力インターフェース HDMI(deep color)× 16 チャネルSMPTE-2036 準拠
  • 入力・表示階調 RGB 各12 ビット
  • 光学エンジン 1.7 インチワイヤーグリッド光学エンジン
  • 電源 AC 単相200V
  • 消費電力 3,500W
  • 本体寸法 (W)1,080 ×(D)1,250 ×(H)456 mm
  • 本体重量 168kg

なお、本機は、5月21日(木)~24日(日)にNHK放送技術研究所(東京・世田谷)で行われる一般公開に展示される。


[ Category : ]
[ DATE : 2009-05-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]JVCケンウッドブース:CONNECTED CAM STUDIOを核とした撮影から放送/配信までのIP映像制作ソリューションを展示

JVCケンウッドはスタジオ制作向けの新ラインアップとなるライブプロダクションシステムCONNECTED CAM STUDIOを核とした撮影から放送/配信までのIP映像制作ソリューシ... 続きを読む

[InterBEE2019]JVCケンウッド、InterBEE2019出展概要を発表。CONNECTED CAMシリーズのラインアップ拡張で、幅広いIP映像制作ソリューションを提案

※写真は昨年の様子 株式会社JVCケンウッドは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展... 続きを読む

JVCケンウッド、HDメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC900」がCCDSのサーティフィケーションマークを取得

株式会社JVCケンウッドは、一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会(以下:「CCDS(Connected Consumer Device Security Council... 続きを読む

[IBC2019]JVCケンウッド、“CONNECTED CAM”の進化と拡大をテーマに、最新のIP映像制作ソリューションを展示

ブースイメージ 株式会社JVCケンウッドは、2019年9月13日~17日の5日間、オランダのRAIアムステルダムコンベンションセンターにて開催される欧州放送機器展「IBC20... 続きを読む

JVCケンウッド・ビデオテック、⽶国TPNによるハリウッド推奨のセキュリティ監査を実施

株式会社JVCケンウッド・ビデオテックは、米国の非営利組織Trusted Partner Network(以下:TPN)によるハリウッド推奨のセキュリティ監査を実施したことを発表し... 続きを読む

トップ > ニュース > 日本ビクター、スーパーハイビジョンに対応したD-ILAプロジェクターを新開発