PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 松竹京都撮影所、施設改修、新たな施設で人材教育も

News

松竹京都撮影所、施設改修、新たな施設で人材教育も

2009-05-15 掲載

興行的に成功する邦画が近年増え、各映画会社はこぞって撮影所の設備増強を行っている。2008年に松竹の100%子会社になった松竹京都撮影所(京都市右京区)も、事業費20億円をかけてスタジオと事務棟を改修。この春、撮影から試写までを一貫作業できる新たな環境をオープンした。

松竹京都撮影所は、商業映画作品やテレビ時代劇の撮影に使う約150平方メートルのスタジオ2棟と、立命館大映像学部の学生の実習用施設のスタジオ2室を新設した。事務棟には立命大用の講義室や研修室も用意されている。

ポストプロダクション施設では、IMAGICAウェストが運用するオンライン編集室や、「貸しスタジオ」でのラッシュ試写に対応すべく35ミリフィルムとデジタル両方に対応した、スクリーニング(試写室)が設けてある。

IMAGICAウェストは、撮影所と密な連携がとれるよう、撮影所内にこのサテライトスタジオ「京都スタジオ」を設立。これは撮影所からの依頼でもあったという。大坂本社でも採用しているオートデスク社「Smoke」で、本編集・カラコレから合成まで、様々な映像制作に対応している。同じ地区では東映京都撮影所も来年までにスタジオなどを建設予定で、こちらも大学の映像関連の研究機関などが入居する施設がある。

東京では、東宝、角川や日活撮影所でも大規模な改修工事を実施、また近々予定をしているが、人材育成の機能はほとんど強化しておらず、この点では京都の2撮影所と対照的だ。松竹や東映は、自社製作のテレビ時代劇も主力とするため、専門スタッフのニーズがある。松竹京都撮影所では、松竹グループのインターンシップも行っており、新たな施設で人材育成を強化しつつ独立性を高めたい意向だ。


[ Category : ]
[ DATE : 2009-05-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

IMAGICA Lab.、UHD/HDRの標準画像「LUCORE 8K/4K」を発売

株式会社IMAGICA Lab.は、UHD/HDRの映像表示の評価に役立つ標準画像をリニューアルし「LUCORE 8K/4K(ルコア8K/4K)」として発売する。 LUC... 続きを読む

IMAGICA Lab.とSDI Media Group、株式会社IMAGICA SDI Studioを共同設立。2月17日より日本語音響制作専門のダビングスタジオをオープン

左から代表取締役社長の野津氏、チーフプロデューサーの浦郷氏、ミキシングエンジニアの丸橋氏、オペレーションマネージャーの遠山氏 株式会社IMAGICA Lab.は、株式会社IM... 続きを読む

IMAGICA Lab.、メディアローカライズ事業者SDI Media Groupと日本国内におけるダビングスタジオとして株式会社IMAGICA SDI Studioを設立

株式会社IMAGICA Lab.は、株式会社IMAGICA GROUP内のグループ企業であるSDI Media Group, Inc.(以下:SDI Media)と日本国内における... 続きを読む

IMAGICA Lab.、Dolby Cinemaに対応したカラーグレーディング、デジタルシネマパッケージマスタリング、映写サービスを開始

株式会社IMAGICA Lab.は、東京映像センター内の第ニ試写室における機材・設備をアップグレードし、「ドルビーシネマ」向けカラーグレーディング、DCPマスタリング、映写作業の対... 続きを読む

IMAGICA Lab.、8K編集室と22.2ch MA室を携えた新拠点「渋谷公園通りスタジオNEXT」をオープン

株式会社IMAGICA Lab.は、8K映像編集に特化した渋谷公園通りスタジオの機能に、同社初となる22.2ch対応のMA室を携えた新拠点として、2019年11月5日に「渋谷公園通... 続きを読む

トップ > ニュース > 松竹京都撮影所、施設改修、新たな施設で人材教育も