PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 日本SGI、フローティング・ライセンスの利用状況を管理するWebツールの販売を開始

News

日本SGI、フローティング・ライセンスの利用状況を管理するWebツールの販売を開始

2010-01-07 掲載

日本SGI株式会社(渋谷区恵比寿)は1月7日、Webブラウザでフローティング・ライセンスの利用状況をリアルタイムに可視化するWebツール「LicenseWatcher(ライセンス・ウォッチャー)」を開発し、1月7日より販売開始することを発表した。

LicenseWatcherは、主にデザインや設計、解析業務で利用されるソフトウェアのフローティング・ライセンスの利用状況をリアルタイムに表示するとともに、独自のメッセージ機能によって、ユーザ間の情報共有を促しソフトウェアの効果的な運用を実現するWebツール。

現在、企業のシステム運用・保守費用の多くは、ソフトウェア費(保守含)、人件費、ハードウェア費が占めているという調査結果がでているという。LicenseWatcherを使うことにより、ユーザは、Web上でリアルタイムにソフトウェアの利用状況を確認でき、また管理者は、利用実績データを蓄積・分析し、ソフトウェアの運用改善の施策や将来の適切なソフトウェア投資計画を検討することができるようになる。

日本SGIは、このLicenseWatcherを従来のCAE 、CAD(設計)、EDA(半導体設計)分野に加え、フローティング・ライセンスを採用するソフトウェアを活用しているデザインレビュー、エンターテイメント(3D映像製作)の分野にも積極的に販売していく。この製品のライセンス価格は58万円から(税別)。日本SGIでは、年間50本の売り上げを目指す。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-01-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

日本SGI、WOWOWフルハイビジョン送出基幹システムのコンテンツサーバーシステムを納入

日本SGI株式会社は14日、株式会社WOWOWのフルHD高画質ファイルベース送出基幹システムの中核となるコンテンツサーバーシステムを納入し、同システムが10月1日より本番稼働を開始... 続きを読む

日本SGI、次期スーパーコンピュータシステムの受注を発表

日本SGI株式会社(東京都渋谷区)は、国立大学法人東京大学物性研究所(千葉県柏市)から次期スーパーコンピュータシステムを受注したと発表した。同システムは7月1日より本格稼働する予定... 続きを読む

日本SGI、インテルXeon プロセッサ7500 番台を搭載したスパコン最高峰機種2モデルを発売

日本SGI株式会社(東京都渋谷区)は最新のインテルXeonプロセッサ7500 番台を搭載したスーパーコンピュータの新製品「SGI Altix UV」を発売した。 「Altix UV... 続きを読む

日本SGI、UPS鉛蓄電池の再利用を促進するバッテリー再生サービスを開始

日本SGI株式会社(東京都渋谷区)は2月8日に、協和テクノロジィズ株式会社と協業した、大規模サーバシステムやデータセンター等に利用されている鉛蓄電池の再利用を促進できる、バッテリー... 続きを読む

日本SGI、コンテンツ管理システム「JNICOL blueSKY Version3.0」を販売開始

日本SGI株式会社(東京都渋谷区)は、コンテンツ管理システム「JNICOL blueSKY(ジェイニコル・ブルースカイ)」の新バージョンを7月1日より販売開始する。 JNICOL ... 続きを読む

トップ > ニュース > 日本SGI、フローティング・ライセンスの利用状況を管理するWebツールの販売を開始