PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 東芝モバイルディスプレイ、クロストーク軽減の3D眼鏡用OCB液晶パネルの開発

News

東芝モバイルディスプレイ、クロストーク軽減の3D眼鏡用OCB液晶パネルの開発

2010-05-20 掲載

東芝モバイルディスプレイ株式会社(埼玉県深谷市)は5月18日、3D映像のテレビ、映画、ゲームなどの視聴に適した3D眼鏡用OCB(Optically Compensated Bend)液晶パネルを開発した。

左右の映像を分離する方法には、眼鏡を使用する方式と裸眼方式の2種類があり、3D映画、3Dテレビでは眼鏡方式が主に使われている。同社開発の液晶パネルは、3Dテレビで主流のフレームシーケンシャル方式(時間分割方式)に対応するもの。ディスプレイが右目用/左目用の映像を交互に表示するのに同期させ、3Dメガネの右目/左目のシャッターを高速で開閉する。この動作を高速で繰り返すことにより、右目用と左目用の2つの映像を人間の脳が合成して、立体感のある映像として認識される仕組み。

しかし、右目用の映像が左目に、又は逆に左目用の映像が右目に入ると、像が二重に見える3Dクロストークと呼ばれる現象が発生し、映像がぼやけて眼を疲労させる原因になってしまう。同社では、OCB技術を搭載することで、高速応答性と広視野角性能を両立して3Dクロストーク率を0.1%以下(視角30°)に抑えた3Dメガネ用の液晶パネルを開発した。

東芝モバイルディスプレイ社は、この開発品を5月25日から米国シアトルで開催されるSID 2010 International Symposium, Seminar and Exhibition の東芝ブースにて展示を行う予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-05-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

国際3D協会日本部会、「3D University Japan 2013」開催

国際3D協会日本部会 (International 3D Society Japan Committee:I3DS-J) は、11月20日から2日間、 秋葉原UDXシアターにてアワ... 続きを読む

裸眼NEO3DOタブレットとGoPro 3Dのコラボレーション

米NEO3DO社から7月初旬に発売になった、8インチの裸眼3Dディスプレイ・タブレット「NEO3DO」はハイスペックのCPU/GPUを搭載しながらも価格が399ドルな上、ユーザビリ... 続きを読む

新しい裸眼3D対応タブレットNEO3DOが今春に290ドルで登場

CES2013では、Gadmei社ブースで新しいAndroid4.0搭載の裸眼3Dタブレットモデル「T863」(1280x768)や「E8-3D」(1280x800)がお目見えした... 続きを読む

ディズニー、ARRI/フラウンホーファー研究所と3D映画製作用トリフォーカルカメラシステムを開発中

トリフォーカルカメラシステムに実装されているIndiecam社のマイクロカメラ ウォルトディズニースタジオがArri Groupおよびフラウンホーファーハインリッヒ・ヘルツ研究所と... 続きを読む

Dimenco、アルティメイト・フルHD裸眼3DテクノロジーNablaを発表。2Dとハイブリッド

オランダDimencoはCES2013にて、独自のレンズ設計と画像処理および、鮮明な画像と広視角を実現する「Clear View」技術を組み合わせた、2Dと裸眼3DともフルHD解像... 続きを読む

トップ > ニュース > 東芝モバイルディスプレイ、クロストーク軽減の3D眼鏡用OCB液晶パネルの開発