PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、「Photokina2010」で開発中のレンズ7本を展示

News

ソニー、「Photokina2010」で開発中のレンズ7本を展示

2010-09-22 掲載

ソニー株式会社(東京都港区)は、ドイツ・ケルンで現地時間2010年9月21日(火)から開催されている世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina2010(フォトキナ2010)」にて、デジタル一眼カメラ”α”、コンパクトデジタルスチルカメラ”サイバーショット”、デジタルハイビジョンビデオカメラ”ハンディカム”などの商品と写真や映像を楽しく鑑賞・共有することができるソフトウェアやサービスの展示している。

同展示会では、デジタル一眼カメラ”α”シリーズのα33などのAマウントシリーズやNEX-5などのEマウントシリーズ、デジタルハイビジョンビデオカメラ”ハンディカム”から今月発売となった「NEX-VG10」などの主力商品が出展される。この他に、現在開発中で「高性能標準ズームGレンズ」や「カールツァイス 広角単焦点レンズ」など2012年までに順次商品化予定のレンズ7本を展示しているという。

同社から出展されている主な製品は以下の通り。

出展製品

Aマウントシリーズ

a_lens_img.jpg
  • カメラボディ(中級機)
  • レンズ(中級機標準ズームレンズ、超望遠レンズ 500mm 4G)
  • アクセサリー(フラッシュ、中級機用縦位置グリップ)
  • Eマウントシリーズ

  • ボディ(「NEX-5」などのカラーバリエーション)
  • レンズ(カールツァイス 広角単焦点レンズ、高性能標準ズームGレンズなど)
  • アクセサリー(フラッシュ)
  • e_lens_img.jpg

[ Category : ]
[ DATE : 2010-09-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、有効540万画素のHDR撮影とLEDフリッカー抑制を同時に実現する車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX490」の商品化を発表

ソニーは、車載カメラ向けの1/1.55型有効540万画素CMOSイメージセンサー「IMX490」を商品化し、2019年3月からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は税別15,000... 続きを読む

ケルンメッセ、photokina 2019の中止を発表。次回は2020年5月に開催

ケルンメッセは、2019年5月に予定していたphotokina 2019の開催を1年延期し、2020年5月27日から5月30日に変更すること発表した。 photokinaは2... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニーブース:4K/8K、HDR、IPライブ伝送など様々な映像表現を提案

ソニーブース動画 ソニーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニー、InterBEE 2018の出展概要を発表。4K/8K、HDR、IPライブ伝送など最新の映像制作ソリューションを提案

ソニーは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催中の国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展している(ホール7/No.7207)。 同社... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニー、4K XAVCレコーダー「PZW-4000」を発表。4K画質を維持しながら、従来比約1/3に圧縮可能なビデオフォーマットに対応

ソニーは、4K映像の画質を維持しながら、従来比約1/3に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200に対応した、4K XAVCレコーダー「PZW-4000」を2... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、「Photokina2010」で開発中のレンズ7本を展示