PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 新センサー搭載RED ONEカメラで撮影の映画作品をフィルムレスに近いDI環境で制作

News

新センサー搭載RED ONEカメラで撮影の映画作品をフィルムレスに近いDI環境で制作

2010-10-15 掲載

Facebook創業秘話を描いた、デビッド・フィンチャー監督の最新作品「ソーシャル・ネットワーク」の制作では、RED Digital Cinema社製のCMOSセンサーMysterium-X搭載RED ONEカメラが撮影で使われ、ユニークなDI環境で制作された。

作品制作に携わった米カリフォルニア・ロスアンジェルスに拠点をおくLIGHTIRON Digitalプロダクションでは、Digital Intermediate(DI)からディストリビューションまでフルデジタルで展開できるよう4Kと2Kコンテンツを扱えるワークフローを独自に構築したという。

同作品は、RED ONEで撮影した4Kコンテンツのほかの外部2Kコンテンツを、テープレスで尚且つシームレスで扱わなければならない環境が必須となった。フィンチャー監督と担当したシネマトグラファーが撮影したRED ONEファイルは、まずRED RocketアクセラレーションでApple ProResにニア・リアルタイムで変換され、その後2K DPXへとコンフォームされ、LIGHTIRONのカラリストによりQuantel製4Kカラーグレーディング編集システム「Pablo」で最終的なカラーコレクションや編集が施された。

最終ポストワークは、ハリウッドにあるレッド・スタジオのサウンドステージに仮設置されたDIシアターで行われた。サウンドステージには、公共の映画館と同じ環境を作り出すためにLIGHTIRONから運ばれたソニー製のT420 4Kデジタルプロジェクターと約18メートル長さのスクリーンが置かれた。この特別にサウンドステージに設けたDIシアターにPabloやストレージデバイスが台車で積み込まれ、さまざまなバージョンの1000以上のビジュアルエフェクトのショットが編集された。

PabloはR3DファイルやAAFファイルをネイティブに対応できるため、中間にフォーマットを変換する手間が省ける上に、編集データを残したまま取り込むことができる。これらの特徴は、今回のDIワークフローに非常に便宜を与えたという。

なお、「ソーシャル・ネットワーク」は2010年10月1日より一般公開され、北米映画興行収入では2週連続首位を獲得している。日本での公開は2011年1月15日となっている。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-10-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

RED Digital Cinema、Jarred Land氏が新型カメラモジュール「KOMODO 6K」の図面を公開

reduser.netのReconより引用 RED Digital CinemaのCEO Jarred Land氏は、reduser.netでスーパー35mmセンサ搭載の... 続きを読む

RED Digital Cinema、Jarred Land氏が新型カメラモジュール「Komodo」の仕様に言及

reduser.netのReconより引用 RED Digital CinemaのCEO Jarred Land氏は、3Dホログラフィックスマートフォンの次期モデル「Hy... 続きを読む

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

ATOMOSとRED、ロイヤリティベースのライセンス契約を発表

ATOMOSとRED Digital Cinemaは1月23日、ロイヤリティベースのライセンス契約を発表した。ATOMOSによると、REDの知的所有権の一部の使用に関して合意に達し... 続きを読む

トップ > ニュース > 新センサー搭載RED ONEカメラで撮影の映画作品をフィルムレスに近いDI環境で制作