PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. エンビビオ、スリースクリーン対応H.264エンコーダーの次世代モデルを発表
News

エンビビオ、スリースクリーン対応H.264エンコーダーの次世代モデルを発表

#Envivio #4Caster C4

2011-02-16 掲載

米エンビビオ社は2月14日、今週スペインのバルセロナで開催されているモバイル・ワールド・コングレス2011にて、スリースクリーン用ライブエンコーダー/トランスコーダー「4Caster C4」の三代目モデル「4Caster C4 Gen III(Gen III)」を発表した。

4Caster C4モデルは、1Uのコンパクトな筺体に最大4系統入力(SD-SDIまたは1系統 HD-SDI)を有し、マルチフォーマットのH.264ベースエンコーディングが可能。配信帯域および受信環境に合わせて画質とビットレートをチューニングし、モバイル、PC、TVといったマルチスクリーンへ映像配信でき、シングルプラットフォームでライブとオンデマンド配信に対応できる。今回発表された新モデルGIIIは、インテル社製Xeon Westmereプロセッサとエンコード効率の最適化を図るエンビビオ独自のマルチコア圧縮エンジンを実装し、従来のモデルから処理能力を約2倍にあげ、1チャンネルにつき15出力まで対応できるという。

また同社は同時にGIIIおよびEnvivio 4Caster C4、C42といった既存の製品に対応すると新ファームウェア2.4も発表した。新ファームウェアは、Envivio Genesis出力フォーマットというメザニンフォーマット(中間的フォーマット)に対応できるようになった。エンコードされたメディアは、Envivio GenesisフォーマットとしてGIIIからNMP(ネットワーク・メディアプロセッサ)に配信され、配信事業者はターゲットとする機器やネットワークの数とタイプにかかわらず、ひとつのヘッドエンドを使ってすべての処理への対応が可能になるという。

そのほか、Microsoft Mediaroom 2.0、SilverlightやPlayReady IPTV環境でOTT出力に同時対応でき、Akamai、Level 3、Limelight NetworksなどのCDNとネイティブな配信インターフェースを持ちあわせている。GenIIIおよび新ファームウェアの正式出荷は2011年3月の予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-02-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

メキシコの光ファイバTVサービスTotalPlay、ライブIPTVとVODのサービス拡張にエンビビオシステムを導入

メキシコで光ファイバ網を使って電話、テレビ、インターネットのトリプルプレーサービスを展開しているTotalplay Telecomunications SA(TotalPlay)が... 続きを読む

市場初Google TV+IPTVサービスが韓国に登場。LG U+、エンビビオエンコード技術を採用

韓国の通信・携帯電話事業者LGユープラス(LG U+)が10月中旬より、Google TV+IPTVサービスを開始した。米国でも人気の韓国人アーティストPSYを起用したキャンペーン... 続きを読む

[InterBEE2012]エンビビオ社、放送事業者向けマルチスクリーンビデオ配信用エンコーダの新製品、MPEG-DASH / HEVCストリーミングを国内一般初公開へ

エンビビオ社は来る11月14日より3日間、千葉・幕張メッセで開催される「国際放送機器展(Inter BEE 2012)」において、パートナー社ブース(伊藤忠ケーブルシステム株式会社... 続きを読む

アブダビとノルウェーでの大規模OTTサービス、エンビビオのライブエンコード技術を起用

アブダビにあるニュース番組チャンネル、Sky News Arabia(スカイニュース・アラビア)と、ノルウェーにある放送事業者のViaplay(ビアプレイ)では、米エンビビオ社のオ... 続きを読む

エンビビオ、「マルチスクリーン向け映像配信ソリューション」セミナーを開催

エンビビオ日本支社は、伊藤忠ケーブルシステム株式会社と提携して「マルチスクリーン向けの映像配信ソリューションセミナー」を9月26日に開催する。場所は東京青山にある一般財団法人高度技... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. エンビビオ、スリースクリーン対応H.264エンコーダーの次世代モデルを発表