PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 史上初の24時間365日フル3D局3netが語る3DTVの番組制作の挑戦~NAB2011基調講演

News

史上初の24時間365日フル3D局3netが語る3DTVの番組制作の挑戦~NAB2011基調講演

2011-04-07 掲載

米ラスベガスで開催されるNAB2011では、3DTVは誰もが注目するメインストリームである。開催初日には、3DTVのプロダクションを先導する人々が集結する基調講演が開催される(コンテンツシアターにて、2時より)。

「3net: Programming and Producing High-Quality 3DTV」と題した講演には、米国で24時間365日フル3Dの放送局「3net」の最高経営責任者トム・コスグローブ氏と制作・開発担当副社長のティム・パストア氏、そしてソニー3Dテクノロジーセンターでステレオグラファーを担当しているグラント・アンダーソン氏、ディスカバリーコミュニケーションの技術部長のジュシュ・ダービー氏、そしてエディター/プロデューサー部門でエミー賞を獲得した、デジタル・レボリューション・スタジオの代表クレイグ・タンナー氏がステージに立ち、パネルディスカッション形式でセッションが行われる。モデレーターは、The Hollywood Reporterの技術担当の編集者、キャロリン・ジャーディナ女史。

3netは、ディスカバリーコミュニケーションズ、ソニー、IMAXの三社が出資して設立、2011年2月に開局した。三社の得意とする分野を収斂し、コンテンツ、テクノロジー、テレビ配給そして運用の3Dエコシステムを確立し、最高のクオリティの3Dコンテンツを楽しめる場を一般家庭の視聴者に提供することに注力しているという。

セッションでは、3netの未公開の最新3Dフッテージを使いながら、コンテンツおよび配信における究極的なビジョンについて展開される。様々なジャンルのコンテンツを御茶の間に届けるためのクリエイティブな挑戦と最新技術についても各パネリストから語られる。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-04-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

国際3D協会日本部会、「3D University Japan 2013」開催

国際3D協会日本部会 (International 3D Society Japan Committee:I3DS-J) は、11月20日から2日間、 秋葉原UDXシアターにてアワ... 続きを読む

裸眼NEO3DOタブレットとGoPro 3Dのコラボレーション

米NEO3DO社から7月初旬に発売になった、8インチの裸眼3Dディスプレイ・タブレット「NEO3DO」はハイスペックのCPU/GPUを搭載しながらも価格が399ドルな上、ユーザビリ... 続きを読む

新しい裸眼3D対応タブレットNEO3DOが今春に290ドルで登場

CES2013では、Gadmei社ブースで新しいAndroid4.0搭載の裸眼3Dタブレットモデル「T863」(1280x768)や「E8-3D」(1280x800)がお目見えした... 続きを読む

ディズニー、ARRI/フラウンホーファー研究所と3D映画製作用トリフォーカルカメラシステムを開発中

トリフォーカルカメラシステムに実装されているIndiecam社のマイクロカメラ ウォルトディズニースタジオがArri Groupおよびフラウンホーファーハインリッヒ・ヘルツ研究所と... 続きを読む

Dimenco、アルティメイト・フルHD裸眼3DテクノロジーNablaを発表。2Dとハイブリッド

オランダDimencoはCES2013にて、独自のレンズ設計と画像処理および、鮮明な画像と広視角を実現する「Clear View」技術を組み合わせた、2Dと裸眼3DともフルHD解像... 続きを読む

トップ > ニュース > 史上初の24時間365日フル3D局3netが語る3DTVの番組制作の挑戦~NAB2011基調講演