PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. マックレイ天王洲スタジオ、グレーディングルーム「T5」にてDaVinci Resolveを本格稼働
News

マックレイ天王洲スタジオ、グレーディングルーム「T5」にてDaVinci Resolveを本格稼働

#DaVinci Resolve

2011-06-07 掲載

Blackmagic Design社発表によると、マックレイ株式会社のマックレイユニット/天王洲スタジオが、Blackmagic Design社製のカラーコレクション・システム「Davinci Resolve」をグレーディングルームに導入、本格的に稼働を始めたという。

マックレイの東京都内にあるスタジオ3拠点では、撮影、編集、CG、グレーディングといった映像制作サービスを提供している。今回導入したDaVinci Resolveは、同社天王洲スタジオのグレーディングルーム「T5」および同スタジオのマシンルームに設置されている。またLinuxシステムおよびDaVinci for Mac およびMac版ソフトウェアも既に導入済み。

これらを採用したことで、撮影でVEがベーシックな色調整を行い、グレーディングルーム「T5」にその素材を持ち込んで、色を作りこむ、といった、撮影からグレーディングまでの統合的な色作りができるワークフローが実現できるという。Resolveを使用した作品の第一号は、ライオン株式会社のテレビコマーシャル用コンテンツ「クリニカ アドバンテージ」。

同社で長年DaVinciシステムを使っている、制作技術部テクニカルチーム/カラリストの黒部尊仁氏は「グレーディングルームではLinuxとMac版のResolveが使えるため、ProRes素材のグレーディングにはMacを、その他の素材でよりマシンパワーを要する作業にはLinuxを使用するなどの使い分けができる。また、レンダリングなどの裏方的な作業はソフトウェア単体のResolve for Macに回して、T5に設置したシステムでよりクリエティブな作業を行うことで、作業の効率化が図れる。」と、LinuxおよびMacの両方を使い分ける利点について語っている。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-06-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

関連する記事

ブラックマジックデザイン、ウェビナー形式でDaVinci Resolve 16の有償トレーニングを開催

ブラックマジックデザインは、2020年9月16日~17日・23日~25日にウェビナー形式でDaVinci Resolve 16の有償トレーニングを開催する。 9月25日の「E... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.14」をウェビナー形式で開催

ブラックマジックデザインは、2020年8月25日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.14 Return of the Super FUSIO... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、ウェビナー形式でDaVinci Resolve 16の有償トレーニングを開催

ブラックマジックデザインは、2020年8月19日~20日・26日~27日にDaVinci Resolve 16の有償トレーニングを開催する。同トレーニングは、ウェビナー形式でのトレ... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 16.3ベータ2やBlackmagic RAW 2.0ベータ2のアップデートを公開

ブラックマジックデザインは、DaVinci Resolve 16.3ベータ2およびDaVinci Resolve Studio 16.3ベータ2、Blackmagic RAW 2.... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 16.2.5アップデートを公開。ATEM Mini Pro ISOからDaVinci Resolveへのプロジェクト読み込みをサポート

ブラックマジックデザインは、DaVinci Resolve 16.2.5を公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。 同アップデートにより、ATEM Mini Pro ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. マックレイ天王洲スタジオ、グレーディングルーム「T5」にてDaVinci Resolveを本格稼働