PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、35mmフルサイズCMOSセンサーの約40倍の大きさを実現した超高感度CMOSセンサーを応用し、10等級相当の流星の広視野動画撮像に成功
News

キヤノン、35mmフルサイズCMOSセンサーの約40倍の大きさを実現した超高感度CMOSセンサーを応用し、10等級相当の流星の広視野動画撮像に成功

#Canon

2011-09-16 掲載

木曽観測所

キヤノン株式会社は、同社が昨年開発したチップサイズが202×205mmと世界最大面積の超高感度CMOSセンサーを、東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所(左写真)のシュミット望遠鏡に搭載することによって、視野角3.3°×3.3°の広視野で10等級相当の流星の動画撮像に成功したと発表した。


CMOSセンサーサイズ比較

同社の発表によると、昨年この世界最大面積の超高感度CMOSセンサーは、直径約300mm(12インチ)ウエハーから製造できる最大級サイズのCMOSセンサー。チップサイズは202x205mmで、これは「EOS 5D Mark II」などに搭載されている35mmフルサイズCMOSセンサーと比較すると約40倍の大きさ(右の画像は35mmフルサイズCMOSセンサーとの比較)で、満月時の明るさ程度の0.3ルクスという暗い環境でも動画撮像が可能という。

従来の観測技術では、7等級より暗い流星の検出は困難なため10等級相当の流星の観測事例は年間わずか10個程度にとどまっていたが、今年1月、この世界最大面積の超高感度CMOSセンサーを口径105cmのシュミット望遠鏡の焦点面に搭載し、約60コマ/秒の動画を撮像。1分間の撮像記録の中から、従来の年間観測個数を超える数の10等級相当の流星を検出することができたという。

同社では、今後この動画データの統計的な解析が進めば、流星が地球と生命の進化に及ぼしてきた影響についての解明が期待できるほか、上空を高速に移動する物体を高い効率で探査し、流星だけでなく地球の衛星軌道上を周回している宇宙ゴミ(スペースデブリ)や太陽系内移動天体などを検出し、位置や速度の測定精度向上に役立てられるのではないかとしている。

なお、今回の観測結果については、2011年9月19日(月)から9月22日(木)に鹿児島大学で開催される、「日本天文学会2011年秋季年会」で発表される予定だ。



[ Category : ]
[ DATE : 2011-09-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や交換レンズなどの発売日が決定

キヤノンは、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や、交換レンズなどを2020年7月30日に発売することを発表した。以前、2020年7月下旬発売としていたもの。 EOS ... 続きを読む

キヤノン、「EOS R5」「EOS R6」の4K/8K動画撮影時の発熱低減対策を公開

キヤノンは、同社のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」の温度上昇にともなう撮影時間の制限についての案内を公開し、温度上昇を踏まえた記録可能時間と待機・回復時間... 続きを読む

キヤノン、約4500万画素・最高約20コマ/秒連写と8K動画撮影を実現したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を発売

キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素(総画素数約4710万画素)フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合... 続きを読む

キヤノン、最高約20コマ/秒連写のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R6」を発売

キヤノンは、同社のフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」を基にした有効画素数約2010万画素(総画素数約2140万画素)フルサイズCMOS センサーと新映像エン... 続きを読む

キヤノン、小型軽量の超望遠単焦点レンズ「RF600mm F11 IS STM」「RF800mm F11 IS STM」を発売

写真は「RF600mm F11 IS STM」 キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型軽量の超望遠単焦点レンズ「RF600mm F11 IS STM」... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、35mmフルサイズCMOSセンサーの約40倍の大きさを実現した超高感度CMOSセンサーを応用し、10等級相当の流星の広視野動画撮像に成功