PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > IMAGICA、デジタルコンテンツEXPO2011出展概要を発表

News

IMAGICA、デジタルコンテンツEXPO2011出展概要を発表

2011-10-19 掲載

株式会社IMAGICAは、10月20日(木)~22日(土)に日本科学未来館で開催されるデジタルコンテンツEXPO2011へ、同社が展開する新サービス「ライブグラフィックスサービス(AR、VR)」、「IMAGICAプリビズシステム」及び「IMAGICA MINI(ストップモーション式3D撮影システム)」を出展する。

今年で4回目となるデジタルコンテンツEXPO2011では、ニコファーレなどのライブ映像で実績のあるAR(拡張現実)やVR(仮想現実)、モーションキャプチャの技術を駆使した同社独自の「ライブグラフィックスサービス(AR、VR)」を、AR Liveパフォーマンスやトークセッションによって分かりやすく紹介するという。

また、デジタルコンテンツEXPO2011内で開催されている”国際3DFair2011 in Tokyo”では、「国内3D撮影の現状と展望」を語るパネルディスカッションの他、同社が開発した「IMAGICA MINI(ストップモーション式3D撮影システム)」と「IMAGICAプリビズシステム」を展示する予定だ。詳細は以下より。

以下、同社リリースより引用

出展1 :「ライブグラフィックスサービス(AR、VR)」
内容  :Dance Project vol.2 ~VOCALOID3 × AR Live~
日時  :10月21日(金) 16時30分~19時
会場  :日本科学未来館 イノベーションホール
概要  : VOCALOID3を換装したMEGUPOID(メグッポイド)が、ダンスパフォーマーユニット「未夢フレンズ」と同じステージでAR技術を使って歌い踊る音楽ライブに、IMAGICAは独自のモーションキャプチャ技術を提供します。 ※参加については予約制となりますので、デジタルコンテンツEXPO公式HPをご確認ください。
URL  :http://www.dcexpo.jp/program/others/detail.php?lang=jp&code=OT201121&categor
※下記のインターネット放送で上記日時においてライブ中継を予定しています。
 (1) ニコニコ生放送 http://www.nicovideo.jp/vonama
 (2) DCEXPO公式Ustream http://www.dcexpo.jp/dcexpotv/


出展2 :「ライブグラフィックスサービス(AR、VR)」
内容  :トークセッション Making of VOCALOID3 × AR Live
日時  :10月22日(土) 13時~14時
会場  :日本科学未来館 1F センターステージ
概要  :21日に行われる「Dance Project vol.2 ~VOCALOID3 × AR Live~」の制作者によるトークセッションです。IMAGICAからはライブグラフィックスサービス部のプロデューサー新間敏雄が登壇し、ARやモーションキャプチャの最新技術や未来について語ります。
URL  :http://www.dcexpo.jp/program/others/detail.php?lang=jp&code=OT201120&categor


出展3 :「IMAGICA MINI(ストップモーション式3D撮影システム)」
内容  :撮影システムの展示及びデモンストレーション
日時  :10月20日(木)~22日(土)
会場  :日本科学未来館 デジタルコンテンツEXPO2011主催者プログラム「国際3DFair2011 in Tokyo」内
概要  :IMAGICAが独自開発した駒撮りアニメや静止物の3D撮影に最適な3D静止画撮影システムの展示。この度初めてお披露目する最新の3D撮影システム「IMAGICA MINI」を、映画やイベント映像など数多くの3D映像作品を手掛けてきたIMAGICAのスタッフがデモンストレーションを行いながら紹介します。
URL  :http://www.dcexpo.jp/program/3dfair/tenji_3dfair.php#3D201106


出展4 :「IMAGICAプリビズシステム」
内容  :プリビズシステムの展示及びデモンストレーション
日時  :10月20日(木)~22日(土)
会場  :日本科学未来館 デジタルコンテンツEXPO2011主催者プログラム「国際3DFair2011 in Tokyo」内
概要  :米国InterSense社が開発したVcamシステムを利用したIMAGICA独自のプリビズシステムの展示。最近の映像制作のトレンドでもあるステレオ3Dにも対応し、3Dシーンの効果的な演出方法や立体感の確認が可能です。会場ではIMAGICAのスタッフがデモンストレーションを行いつつ、実際にプリビズシステムの操作を体験していただくプログラムを予定しています。
URL  :http://www.dcexpo.jp/program/3dfair/tenji_3dfair.php#3D201106


出展5 :「3D関連サービス」
内容  :パネルディスカッション「国内3D撮影の現状と展望」
日時  :10月21日(金)13時30分~14時50分
会場  :日本科学未来館 みらいCANホール
概要  :3D撮影の現場最前線で活躍するエンジニアが一堂に会し、3D映像作品の撮影実績を紹介しながら、現状の課題分析とこれからの展望についてパネルディスカッションを行います。IMAGICAからは3Dスーパーバイザーの灰原光晴が登壇し、長年に亘り数多くの3D映像作品を手掛けてきた経験と実績をもとに3D撮影の現状と展望を語ります。
※参加については予約制となりますので、デジタルコンテンツEXPO公式HPをご確認ください。
URL  :http://www.dcexpo.jp/seminar/detail.php?lang=jp&code=3D201111&category=13


[ Category : ]
[ DATE : 2011-10-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

IMAGICA Lab.とGDCが業務提携契約を締結。劇場向け配信事業を随時開始へ

株式会社IMAGICA Lab.と、GDCデジタルシネマネットワーク合同会社(以下:GDC)は、劇場向け配信サービスにおいて業務提携契約を締結し、随時開始していくことを発表した。 ... 続きを読む

IMAGICA Lab.、クリエイティブに特化したデジタル映像会社「株式会社IMAGICA IRIS」を設立

株式会社IMAGICA Lab.は、株式会社IMAGICA GROUPのグループ内ベンチャー制度の第一号案件として選定された、WEB動画をはじめとした、デジタル映像の制作からマーケ... 続きを読む

IMAGICA Lab.、銀座7丁目に新たな編集スタジオ「SEVEN」をオープン。DaVinci Resolveでの完結ワークフローを実現した“欲張りな部屋”とは

編集室「SEVEN」 株式会社IMAGICA Lab.(呼称:イマジカラボ)は、銀座7丁目スタジオ6階に新たな編集室「SEVEN」をオープンした。Edit、ColorGrad... 続きを読む

IMAGICA、映像制作フロー支援プラットフォーム「HARBOR」を日本テレビサービスによる番組販売のワークフローに導入

株式会社IMAGICAは、株式会社日本テレビサービスと、日本テレビサービスが運用管理する国内放送局に向けた番組販売時のファイル転送システムに映像制作フロー支援プラットフォーム「HA... 続きを読む

ROBOTとイマジカ、共同で8K/HDRオリジナル短編作品「LUNA」を製作

メディアプロダクションの株式会社ROBOT(ロボット)と、大手ポストプロダクションの株式会社IMAGICA(イマジカ)は、8K/HDRで実写オリジナル作品「LUNA」を製作している... 続きを読む

トップ > ニュース > IMAGICA、デジタルコンテンツEXPO2011出展概要を発表