PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]ゼンハイザー、ステージイベントと最新製品で視聴エクスペリエンスを高める
News

[InterBEE2011]ゼンハイザー、ステージイベントと最新製品で視聴エクスペリエンスを高める

#SENNHEISER #マイク

2011-10-27 掲載

ゼンハイザージャパン株式会社は来る2011年11月16日から千葉・幕張メッセで開催されるInterBEE2011で、「展示・体験・試聴」を展開する(ブース番号:4408)。

「展示」ではマイクロホン新製品MK 4、ショットガンマイクの新製品MKH 8060、MKH 8070の他、evolution G3シリーズ、ワイヤレスマイクロホン5000シリーズ、デコレーションマイクを展示する。また、vdBやRycoteなどアクセサリやADN会議 用システムについても展示する予定。「試聴、体験」として、ミュージシャンをゲストに迎えたステージイベントも開催される予定。

MK4は、ゼンハイザー初の大型ダイヤフラムを搭載した、レコーディングスタジオでのプロユース向けのスタジオマイクロホン。どの周波数においても典型的なカーディオイド型の指向特性を備えている。ハイエンドボーカルマイクロホン e 965の音響特性を元に開発され、24金製1インチのトゥルーコンデンサーカプセルが搭載され、頑丈なメタルボディーで激しい現場利用にも耐えられるという。

MKH 8070 /MKH 8060.jpg

MKH 8070は、直径19mm、長さ432mm(ヘッド部のみ)、重さ300グラム(ヘッド部のみ)のスポーツ中継や自然音の録音に最適な狭指向性のロングガンマイク。

MKH 8060は、直径19mm、長さ45mm(ヘッド部のみ)、重さ80g(ヘッド部のみ)のショートガンマイク。超低固有自己ノイズ、歪みの無い耐高音圧レベル、そしてどんな気象条件下にも対応する独自のRF 原理にて動作する。音源に当たるマイクポジションだけでなく、軸外のポジションでも非常にナチュラルなサウンドを収録できるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-10-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

システムファイブ、「ガンマイク&ワイヤレスシステム シーン別マイキング解説セミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2018年5月22日(火)に「ゼンハイザー ガンマイク&ワイヤレスシステム シーン別マイキング解説セミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEA... 続きを読む

ティアック、DR-701DのファームウェアV2.00を発表。SENNHEISERとパートナーシップを締結し、VRコンテンツの音声収録に適したアンビソニックマイクに対応

ティアック株式会社は、独SENNHEISER社とパートナーシップを締結し、AMBEO VR MICなどのアンビソニックス音声収録に対応した「DR-701D」の新ファームウェアV2.... 続きを読む

ZOOM、ゼンハイザーのVRパートナーシップへの参加を表明

株式会社ズームは、ゼンハイザーと同社の「AMBEO for VR」パートナーシッププログラムに参加することで合意し、ゼンハイザーのAMBEO VRマイクに対応する、F8/F4用の最... 続きを読む

ゼンハイザー、ヘッドフォンアンプ「HDV 820」を発売

ゼンハイザージャパン株式会社は、ヘッドフォンアンプの新製品として「HDV 820」を2017年9月7日に発売する(予約開始は8月31日から)。希望小売価格はオープン、市場想定価格は... 続きを読む

ゼンハイザー、マイクロフォン「MK 4 digital」を発売

ゼンハイザージャパン株式会社はマイクロフォンの新製品として「MK 4 digital」を2017年7月20日に発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別49,000円。 ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]ゼンハイザー、ステージイベントと最新製品で視聴エクスペリエンスを高める