PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. YouTube、2D動画を3Dに変換して視聴可能に
News

YouTube、2D動画を3Dに変換して視聴可能に

#Stereoscopic 3D(3D映像) #YouTube

2012-04-11 掲載

YouTubeでは2DのHD動画を立体3D(S3D)として視聴できるようになった。現在は1080pビデオクリップのみ対応。アップロードしたユーザー側で「情報を編集」メニューにて3D機能を設定する必要がある。視聴者側はプレイヤーの再生時間の下にある「クオリティ設定」でS3D視聴を有効にし、S3Dメガネをかけてビデオを楽しむ。3D表示には、赤青緑のアナログメガネからインターリーブ方式、サイドバイサイド表示や「HTML5 ステレオ ビュー」の表示も可能となっている。

以前PRONEWSにてアップロードした2D動画にも3D変換可能なものが

YouTubeの公式ブログによれば、ステレオ表示システムが映像を3Dで表示できるよう、生成した奥行マップと元のモノスコピックフレームを合わせて左右眼ペアのS3Dを生成しているという。ビデオの特性と動作を組み合わせて各モノスコピックビデオシーケンスの各フレームの奥行マップを推定させたり、YouTubeにアップロードされた3D映像から映像デプスの特性を機械で自動学習させ、奥行計算に適応させたりと、昨年9月からユーザーにベータバージョンを公開し、様々な技術を採用して基礎技術を改善してきたという。

そして、クラウドコンピューターのパワーを使って、YouTubeプラットフォーム上でもビデオデータの3D変換を可能にした。ビデオデータをチャンキングすることにより並行して膨大なビデオデータ量でもクオリティを損なわずに3D変換できるという。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2012-04-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

YouTube、720pをHD定義から外す

YouTubeのHTML5ビデオプレイヤーにある720p設定からHDのタグが消えていることに気が付かれただろうか?YouTubeのプレイヤーでは、一般的に“FHD(フルHD)”とし... 続きを読む

ビデオ配信サービス、帯域幅の使用量削減作戦

動画配信サービスYouTubeは、新型コロナウイルス感染症対策の影響によるネットワークへの負担を軽減するため、標準解像度SDでの視聴をデフォルトにする展開をグローバルで開始した。Y... 続きを読む

ワンメディアとサイバーエージェント、企業YouTubeアカウントの開発&運用を行う広告ソリューション「ブランデッドチャンネル」を提供開始

ワンメディア株式会社は、株式会社サイバーエージェントと共同で、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発・運用を行うコンテンツマーケティングソリューション「ブランデッドチャンネ... 続きを読む

YouTube、一部の米国都市でテレビ放送をモバイル端末で視聴できる月額定額サービス「YouTube TV」をスタート

YouTubeは、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコベイエリア、シカゴ、フィラデルフィアなどのエリアを対象に、テレビ放送をモバイル端末で視聴できる月額定額サービス「You... 続きを読む

Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え

AppleのブラウザSafari上で、YouTubeの解像度オプションに2160pの4K解像度が表示されなくなっている問題が、昨年末あたりからApple公式のコミュニティサイトをは... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. YouTube、2D動画を3Dに変換して視聴可能に