PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Harris、放送通信機器部門を売却へ

News

Harris、放送通信機器部門を売却へ

2012-05-07 掲載

米Harris社は5月1日(現地時間)に発表した2012年第3四半期決算報告書の中で、放送通信機器を扱う部門を売却する計画を承認したことを明らかにした。

Harris社は創業117年の歴史を持つ企業だ。印刷機器から宇宙・軍事向けの通信システムへ市場視野を拡げ、民間および国家情報機関のIT・情報技術の総合カンパニーとして、1950年からはGates Radio社を買収して放送関連市場にも参入。その後も順調な送信関連企業のM&Aにより、放送関連事業の扱う製品群は多様に増えていった。2000年からはデジタルアセット管理を中心に、ファイルベースの放送ワークフローを担うシステム開発会社を吸収している。

第3四半期での放送通信機器部門の営業損失は4.06億ドル。対して昨年同時期の営業利益は2500万ドルであった。RF通信部門、政府通信システム、そして放送分野を含む総合ネットワークソリューションの営業損益の中で、放送通信機器部門のみが損失を出している。同社の総事業規模は約60億ドル。この放送機器部門を除く2012年会計年度の収益を現在54.5億ドルに設定している。

「当社は、市場革命となるソリューション技術を開発する自社事業への投資により支えられている。放送通信事業に関しては残念ながら、当社の中核となる事業と長期戦略にそぐわなくなってきてしまった」とHarris社の部門担当社長ハリス・モリス氏は外部関係者宛に送った報告で述べている。

同社は放送通信機器部門の売却を決めた今後も、引き取り先が決定するまで、中間的にも同社の一部門として引き続き顧客へのサービスを含めビジネスを続けていくとしている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2012-05-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ハリス、放送通信事業を2社に分立

Harris Corporation(ハリス)の放送通信部門が、新しく2社に分立して再出発することが明らかになった。同社は昨年の同時期に、このBCDを米投資会社ゴアズ・グループに売... 続きを読む

テキサステックが放送センターをリノベーション。ソニーMVSスイッチャ、マルチチャンネルAbekas Miraサーバでスポーツ中継

テキサステック・レッドレイダースで知られるテキサス工科大学は、構内のスポーツアリーナに属するビデオセンターを刷新している。新しい機材導入を含めシステムに3億円近く投入したという。施... 続きを読む

ハリス、放送通信部門の売却を完了。ブランド名を継承した”リボーン”ハリスの新たな出発

Harris Corporation(ハリス)は2月4日(米国時間)、同社の放送通信部門(BCD)の売却が完了したことを発表した。同社は昨年にBCDを、米国ロスアンジェルスに拠点を... 続きを読む

Harrisの放送事業部門の売却先が決定

Harris社(ハリス)は12月6日(現地時間)、同社の放送通信部門を米非公開投資会社のGores Group(ゴアズ・グループ)に2億2500万ドル(185.6億円)で売却するこ... 続きを読む

Harris、ウェブベースのTV広告エージェント技術を買収へ

米Harris Corporation(Harris)は現地時間2月14日、オンラインベース・メディアエクスチェンジ・プラットフォームを開発している米Spot Runner, In... 続きを読む

トップ > ニュース > Harris、放送通信機器部門を売却へ